猫好き栄養士の気まぐれNEWS

猫バカな管理人が季節のイベント情報、食べ物のこと、家事のことを気まぐれに語ります。

*

自律神経の乱れが便秘や太りやすい原因に ストレスを解消して整える方法

   

リラックス

自律神経が乱れると

自律神経は生きていく上で絶対に必要な呼吸や脈・体温などを調整してくれている神経です。
普段は意識していないのですが、狂うと大変な事になってしまいます。

多くの人が悩む便秘にも自律神経が深く関連していると言われています。
自律神経は交感神経と副交感神経を交互に働かせて活動している時と休息の時とで調整をしてくれています。

自律神経が乱れてくると、この切り替えがうまくいかなくなってしまい、体の調子がおかしくなったり、便秘になったりする症状が出てきてしまいます。

自律神経を整える方法についてご紹介します。

スポンサーリンク


便秘と自律神経

自律神経は活動している時には交感神経を優位にして体が活動するのに適した状態にしてくれます。

活動している時にはいろんな事が起こりますので、物事についてすぐに反応しなくてはいけない事が多々あるからです。

現代はストレスの多い時代とも言われていて、ストレスが交感神経の働きをより強めてしまっている傾向があります。

そのためずっと体が緊張状態になっていて、リラックスすることができていない人がすごく多いんです。

睡眠中は体のメンテナンス

普通は寝ている時には副交感神経が優位になって体のメンテナンスを行うためのモードに切り替えられますが、この切り替えがうまくいかない状態になってしまっています。

通常、腸が働くのは副交感神経が優位になっている時で、寝ている間に便が作られます。
ですが、休んでいても副交感神経が優位になりにくい状態だと腸が動かずに便が作られない状態になってしまいます。

ブルーライトと自律神経

image_1

スマホやパソコンの画面を見ているとブルーライトを浴びている事になります。
ブルーライトは交感神経を優位にする性質がありますので、パソコンを使って仕事をする人やスマホが手放せない!といった人は副交感神経が働きにくくなっているかもしれません。

特に寝る前のスマホは最悪で、「そろそろ寝ようかな」と体が準備を始めているのに、目からブルーライトの光が入ってきて、眠気を飛ばしてしまいます。

ブルーライトと睡眠の質

こうなると睡眠の質も下がってしまいますので、寝る前のスマホ(パソコンも含む)はできるだけ避ける様にしましょう。

ブルーライトの影響はパソコンよりもスマホの方がひどいといわれていますので、寝る前のスマホチェックは要注意です。

スポンサーリンク


自律神経を整える方法

自律神経が乱れる原因は様々ですが、やっぱりストレスによる影響は大きいです。

できるだけストレスを解消して楽しく毎日を送りたい所ですが、忙しいビジネスマンには趣味に時間を割く時間もとれなかったりしますよね。



起きる時間を同じにする

休日はゆっくり朝寝坊をしたい所ですが、普段の日と起きる時間が大きく変わると自律神経の乱れの原因になります。

休み前に夜更かしをしたい気持ちはとってもわかりますが、できるだけ普段通りの時間に起きるようにしましょう。

どうしても休日の朝は遅く起きたいというときでも自律神経のリズムを壊さないように、二時間程度の朝寝坊にとどめておくようにしてください。

ぬるめのお風呂に浸かる

お風呂に入ってじっくり体を温めるとリラックスしたモードになるので、副交感神経が働きやすくなります。

体の芯まで温まったら本当似気持ちいいですよね。

質の良い睡眠を得るためには、お風呂で温まった深部体温が下がるのを待つとより効果的なので、睡眠の30分前位までにお風呂を済ませておくのがベストです。

赤ちゃんを見ているとわかりやすいですが、眠くなってくると手や足が温かくなってきますよね。大人でも同じような現象が起こっています。

深部の体温を逃がすために末端部分の体温が上昇してくるのです。

この状態で眠りにつくことができれば質の良い睡眠を得る事ができます。

朝起きたらカーテンを開ける

自律神経は起きたら活動する様に交感神経を優位にします。
朝になって、太陽の光を浴びる事によって目から「朝だよ」のサインが脳に送られます。

これで乱れていた自律神経にリズムを取り戻すことができます。

呼吸を意識してみる

自律神経が優位になっている時は戦闘状態です。
戦闘状態の時は呼吸が速く:浅くなります。

極限状態の時に深呼吸している人はあんまりいませんよね。

ですので、ストレスが多い現代では、呼吸が浅くなってしまっている人がとても多いんです。

腹式呼吸がおすすめ

意識して深い呼吸を心がける、そして腹式呼吸でおなかの部分を意識してみるなどの対策がおすすめです。

自律神経がコントロールしている物は、意識して動かしたり止めたりすることができませんが、唯一意識でコントロールできるのが呼吸なんです。

呼吸の仕方を変える事で自律神経を整える事につながるんです。

便秘と自律神経について書こうと思ったのですが、ほとんど自律神経のことになってしまいました。

普段の生活で自律神経は乱れやすい

生きていく上で必要な物をコントロールしてくれている自律神経ですが、ストレスや普段の生活で乱れが生じやすくなってしまっているので、自律神経を整える事をもっと意識して生活した方がいいなって思います。

自律神経が乱れると、様々なトラブルが起きてきてしまいます。

自分のからだをケアするためにも、リラックスする時間を大事にして行くとともに、自分なりのストレス解消法を持っておきたいものですね。

スポンサーリンク

  おすすめ記事

寝起き
寝起きの口臭の原因は口内細菌 対策のポイントの歯磨きと舌苔の取り方

寝起きの口臭 朝起きた時にふと自分の口臭が気になる事はありませんか。 寝ている間 …

トイレ
つらい便秘の症状を解消する食べ物・飲み物とレシピ ごぼうやさつまいもは有効?

半数の人が悩んでいる便秘 便秘に悩んでいる人は意外に多く女性の半数以上が悩んでい …

水
間違いがちなお米の吸水方法 おいしくないのは炊くときの手順の問題かも

お米を洗ったらしっかり吸水 お米をおいしく炊く秘訣は 洗ったあとにしっかりお米に …

マスク
花粉症に最強の効果を発揮するマスクの選び方と付け方

花粉症用のマスクの効果はどこでわかる 花粉をシャットアウトするためにマスクをしま …

蚊取り線香
蚊を落とす蚊取り線香の有効成分 効果の持続時間はどのくらい?

夏は蚊の季節。 外では虫よけスプレーなどで しっかり対策をしていても、 家の中で …

ストレス
歯ぎしりが原因で起こるトラブル 歯周病や知覚過敏になる仕組みと対策

自分で気づけない歯ぎしり 睡眠中に歯ぎしりをしてしまう事について悩んでいる人は多 …

薬
市販の睡眠導入剤と病院の睡眠薬の比較 強さや効果や持続時間はどう違う?

布団に入っても眠れない日々 疲れている時には布団に入ってすぐに眠りに付けるとベス …

no image
寝ている間の心配ごとの歯ぎしり・寝言の悩みを軽減して睡眠の質をアップ 特集

寝不足の人の多い日本人 世界的に見ても睡眠時間が少ないと言われる日本人。 睡眠の …

蚊
蚊に刺されやすい人の特徴 血液型や服装や体質などの原因

知らぬ間に蚊に刺される 蚊のシーズンになると外でも 家でも気づくとかゆくなってい …

服
着るだけの防虫対策 アウトドアで蚊をしっかりシャットアウトのスコーロン

蚊はどこにでも出没 夏になると出てくる蚊には 頭を悩ませますね。 ただでさえイラ …

 - ヘルスケア 便秘, 自律神経