焼き魚をフライパンで ジューシーでくっつかずグリルより後片付け簡単♪

焼き魚グッズ
この記事は約4分で読めます。
焼き魚

焼き魚は後片付けが大変

普段お魚は食べていますか?

体にいいとわかっているのに、
焼いたり煮たりするのが面倒で
「また今度」なんて敬遠してしまいがち・・・。

魚を調理した後は後片付けが
面倒なのも敬遠する理由の一つですね。

特に焼き魚だと調理の後の
グリルの後片付けがとっても面倒です。

そんな焼き魚の面倒をすぱっと
解決してくれるアイテムはフライパンです。

フライパンでおいしく手軽に
焼き魚を作るコツをご紹介します。

スポンサーリンク


フライパンで焼き魚のメリット

フライパンで焼き魚をするメリットは
なんと言っても後片付けが楽なこと。

最近は焼き網のないグリルも出てきては
いますが、グリル内の焼き網などの
部品の掃除などがすごく面倒ですね。

私はどちらかというと、せっかちなタイプなので
片付けに時間をかけたくないので、
最近はあんまりグリルを使わなくなって
しまいました。

フライパンごとグリルで調理

使うとしても、鉄製のフライパンを
丸ごと入れて焼き物をして、フライパンを
洗うだけでOKという感じでとにかく
簡単に済ませるようにしています。

焼き魚をフライパンですると、
調理後の魚焼きグリルの掃除から
解放されるので後片付けが時短になります。

焼き網にくっつく

それと、やっかいなのが魚焼きグリルの網です。

魚をキレイに焼こうと思っても
くっついてしまってキレイに
仕上がらないこともあるので、
げんなりしてしまうことも。

フライパンで焼く時はちょっとした
コツを身につけるだけでおいしく
焼くことができますよ。

スポンサーリンク


フライパンで焼き魚を焼くコツ

干物の場合は下準備は不要ですが
それ以外の場合は塩を振って
少し時間をおいておきます。

しばらくしたら、魚から出てきた
水分をキッチンペーパーなどでぬぐっておきます。

こうすることで余分な水分が抜けて
身が締まるのと、臭みが抜けて
おいしい焼き魚になります。

くっつかないための工夫

次にフライパンでおいしく焼き魚を
焼くためのコツはまずくっつかないようにすること。

皮がくっついてしまってボロボロな状態だと、
見た目がちょっとよくないです。

魚のジューシーさを保つためにも、
くっつかないように対策をしてから
焼き魚を作りましょう。

油をなじませる

魚にも油はありますが、くっつかないように
するためには油を使ったほうがいいです。

焼いている間に魚からも油が出てきますので、
気になる場合はキッチンペーパーなどで
拭き取る様にするといいです。

クッキングペーパーを使っても

ダイエット中などで油を極力控えたい方は
クッキングシートなどを利用して
フライパンに魚がくっつくのを阻止しましょう。

フライパンに焼き魚をのせる時は
余熱をして油が回った状態で
焼くようにします。

まずは皮の部分から焼く様に入れて行きます。

火が強いと生焼けになってしまうので、
最初は強火でも皮の部分を焼けたら
火を弱めて焼く様にします。

ひっくり返すタイミング

目安として、皮面を60%位焼いたら
ひっくり返して残り40%を焼く位の
タイミングでひっくり返す様にします。

焼き魚をひっくり返すタイミングは
ちょっと遅めにするように心がけてください。

魚の身が崩れやすいので、ある程度
火が通ってからひっくり返さないと
ボロボロになってしまいます。

お酒を入れて蒸し焼きに

ふっくら焼きたい場合は少し
お酒を足してフタをして蒸し焼きの
状態にして焼きましょう。

魚はグリルで焼く物!と思い込んでいた時期は
焼き魚をするたびに後片付けが大変でした。

でも、フライパンで簡単に焼き魚ができると
知ってから、気軽にメニューに加えることが
できる様になり、レパートリーが増えた気分でした。

焼き魚としておいしいサバやサンマなどの
青魚にはDHAという成分が含まれていて、
頭の働きをよくするといわれています。

お子さんがいるご家庭では
是非たくさん食べさせてあげてくださいね。

スポンサーリンク


フライパンは誰でも手軽に使えて
便利な調理アイテムですよね。

手間はかけたくないけど
おいしい物を食べたいって時は
フライパン一つでできる料理がおすすめ。

フライパン一つで
いろんなことができてしまうので、
簡単なのに手の込んだような
料理だって作れちゃいます。

フライパンを使った簡単レシピや
お手入れ方法についてまとめページを
作りました。

こちらも合わせて見てくださいね。

タイトルとURLをコピーしました