会社の上司へお中元を贈る? 社内の暗黙の了解のルールを調べてみて

上司お中元・お歳暮
この記事は約3分で読めます。
上司

上司へのお中元は贈るべき?

いつもお世話になっている上司など、
社の人に対してお中元やお歳暮を
贈るべきかどうか悩む場合がありますね。

お中元やお歳暮は普段お世話に
なっている人への感謝の気持ちですから、

スポンサーリンク

会社の人にお中元を贈るときの注意

ただ、いくつか注意すべき点が
ありますので、その点だけチェックしておきましょう。

上司へお中元を贈るべきかどうかですが、
これはどちらでもいいです。

贈りたい人は贈ればいいし、
贈りたくない人は贈らなくてもいいと思います。

管理人はいくつかの会社に在籍してきましたが、
会社の人へお中元を贈ったりすることは
一度もありませんでした。

たぶん他の人もそのようなことは
していないと思います。

正直なところ、会社の人に
お中元やお歳暮を贈ろうと
考えたことは一度もありませんでした。

あくまで会社のルールに従う

ただ、会社によっては慣例で
上司へお中元やお歳暮を贈る
といったルールが暗黙の了解であったり、
逆に贈り物は禁止!というルールが
あったりする会社もあります。

お中元やお歳暮のことで贈るべきか
どうか悩んだら、まずは会社のルールを
しっかりと確認しておいたほうがいいですね。

仕事の先輩に聞いてみる

できればその会社に長く務めている
信頼おける人に今まではどうして
来たかを直接確認できたらいいですね。

会社のルールがわかってから
お中元やお歳暮をどうするか
悩んでも遅くないです。

一度始めたら毎年贈る覚悟で

お中元やお歳暮を上司へ贈ろうと
思った場合にもう一つ考慮しておきたいのは
これから毎年続けていけるか?ということです。

お中元やお歳暮を贈る相手には、
毎年欠かさず贈り物をします。

一度はじめてしまったら、
来年も再来年も贈るようになってしまうということです。


知り合いとかであれば、今年からやめようかなと
考えることができるかもしれませんが、
会社の上司ともなると、途中でやめると
何となくバツが悪い感じになってしまいますね。

特に直属の上司とかの場合、
毎日顔を合わせる仕事仲間ですから、
お互いに気になってしまいますね。

スポンサーリンク


一度きりならお礼でお中元を贈る

これから先ずっと贈り続けるという
覚悟があるのであればふつうに
お中元やお歳暮として贈るのもアリですが、
そうではない場合お礼として
贈るようにしたらいいのではないでしょうか。

お中元やお歳暮として贈ると
上司も気を使いますから、
お返しを贈ってくれる可能性が出てきますね。

そうすると、上司からお返しでもらった
お中元のほうが高いものだったりすることもあるそうです。

もし自分が上司だったら、部下からお中元を
もらってお返しに相手より安いものは
贈れない気がするので、同額かちょっと上くらいの
値段で選んでしまいそうです。

本当に感謝の気持ちを伝えたくて
お中元やお歳暮を贈るのであれば、
上司に気を使わせないような形を
とったほうが気持ちよく品物を受け取ってもらえそうですね。

スポンサーリンク


お中元は毎年何となく贈ったり贈られたり
していますが、正式なルールを意外と
知らなかったりしますよね。

暗黙のルールとなっている部分も含めて
知っていたほうがいいことをまとめました。

お中元の特集ページも参考にしてみてくださいね。

タイトルとURLをコピーしました