甘酒に最大のダイエット効果を期待するならどの時間に飲むのといい?

ダイエットお正月
この記事は約3分で読めます。
ダイエット

甘酒でダイエット

甘酒は、体にいい成分がたっぷりで、
ダイエットにも効果があるとされています。

ブドウ糖がたくさん入っているので、
ダイエット目的で飲むなら、
飲む時間帯に気をつける必要があります。

ブドウ糖は脳の栄養

ブドウ糖は脳の大事な栄養源として
貴重な物ですが、余った分については、
脂肪として体に蓄えられてしまうので、
飲む時間帯によっては逆効果、
なんてことになりかねません。

ダイエットの目的で甘酒を飲むなら、
どのタイミングがいいのかについて
考えてみたいと思います。

スポンサーリンク


ダイエットするなら朝に甘酒

甘酒でダイエット効果を期待するなら、
一番おすすめな時間帯は朝です。

朝、温かい甘酒を飲んで、
おなかの中から温める事で
代謝アップする事ができます。

白湯を朝一番に

それと体の中から温めるので
あれば朝に飲む白湯もおすすめです。

私は朝起きて最初に飲むのは
白湯にしています。

白湯で体の中から温める

冷たい水を飲んで体を起こしましょうと
言われますが、白湯を飲んだ方が
体がほっこりと温かくなって徐々に
体が起きてくる感じなので、気に入っています。

特に冬の寒い朝は、白湯を飲むことで
体の芯から温まって行くのを実感できるので、
欠かせない物となっています。

夏も体は冷えている

夏だとちょっと暑いですが、
それでも、白湯を飲んでいます。

夏は夏で、クーラーなどで体が冷えた
状態になっている事が多いので、
それを解消するために夏でも温かい物を
飲んだ方が調子がいいんです。

脳がブドウ糖を消費してくれる

さらに朝はこれから活動するにあたり、
脳がたくさんのブドウ糖を必要としているので、
甘酒を飲んで脳に必要な成分を
届ける事ができます。

脳がたくさんのブドウ糖を
消費してくれれば余る事がなくなるので
脂肪として体に蓄積される
リスクが軽減できますね。

朝食を甘酒に

甘酒でダイエットをする時は、
朝食に甘酒だけを飲みましょう。

一気に飲んでしまうのはなく、
かむ様にゆっくりと飲む様にすると
満腹間を得る事ができます。

朝は外に出す時間

朝ご飯はしっぱり食べましょう、
といわれますが、時間帯でいうと、
朝は体の外に不要な物を出す時間です。

しっかり食べてしまうと、体の外に出すよりも
食べたものを消化する方にパワーを
使ってしまいます。

そのため、体の外煮出す働きが
弱くなってしまうので、本当は
朝は軽めがいいんです。

スポンサーリンク


徐々にならしてみて

いきなり甘酒だけにしてしまうと
おなかがすいて大変かもしれませんので、
徐々にならしていくようにする事を
おすすめします。

休日にテストしてみる

それと、できれば用事のない
休日の朝に試してみると
どんな感じかつかめますよ。

いきなり仕事や学校の日に
試すのは避けましょう。

休日なら最悪の場合、おなかがすきすぎて
大変だったら何か軽く食べるなんて
こともできますよね。

空腹しのぎに黒砂糖

あんまりにもおなかがすきすぎる時は、
黒砂糖などを食べる様にすると
空腹感が落ち着きます。

私の朝はにんじん+リンゴのジュースと
ヨーグルトだけなのですが、なれるまでは
おなかがすいたら黒糖を食べてしのいでいました。

甘酒を朝ご飯にする方法が自分に合っているのか
どうかは何日か続けてみないとわからないので、
よっぽど調子が悪いなどでなければ
数日は続けてみてくださいね。

スポンサーリンク


甘酒はおいしい上にダイエットや
健康にもいいので、積極的に
取り入れて行きたい物ですね。

甘酒の効能や作り方、保存方法など
特集を作りました。

こちらも参考にしてみてくださいね。
タイトルとURLをコピーしました