猫好き栄養士の気まぐれNEWS

猫バカな管理人が季節のイベント情報、食べ物のこと、家事のことを気まぐれに語ります。

*

テントVSタープ 海水浴でおすすめなのは?メリットとデメリットを徹底比較してみた

   

海水浴

海水浴の日差し対策

海水浴を楽しむのはいいですが、
日差しを遮ってくれるものが
あると便利です。

テントやタープが一つ
あるだけでずいぶんと違いますね。

日焼けを少しでも防ぐ

お天気がいいのはうれしいですが、
あんまりにも晴れすぎていると、
日焼けしすぎてヒリヒリしてしまったり、
暑すぎて具合悪くなったりしてしまいます。

日蔭で適度に休息を取っていきたいものです。

テントとタープでおすすめなのは?

テントとタープ、どちらがおすすめか?
ということになってきますが、一長一短です。

自分にとってメリットがあるものを
選択するといいと思います。

テントとタープのメリット、
デメリットを比較していきます。

スポンサーリンク

テント

デメリット

四方を囲まれていますので、
風通しがあまりよくないです。

そのため湿気や熱を逃がすのが
うまくいかなくて蒸し暑い状態
になってしまいます。

側面がメッシュ状のものをチョイス

海水浴にテントをもっていくなら、
風通しをよくするためにメッシュの
部分があるなどの工夫がされれて
いるものでないと逆に暑いです。

また、海辺は風が強いですから、
強風で飛ばされそうになったり
なんてことも想定されます。

しっかりテントを
張っておくことが重要となります。

砂がテントにたまりやすい

砂がたまりやすいので、
後片付けが若干面倒という問題もあります。

メリット

太陽の移動の影響を受けにくい

メリットとして、太陽が移動したとしても、
四方を囲まれているので、影響が少ないですね。

テントの日蔭がなくなるということがないので、
いちいち直さなくてもいいのでおすすめです。

タープ

デメリット

タープだと、太陽の位置が変わっていったとき、
日蔭が移動してしまいますので、
時間が経ったら涼しくしたい場所が
太陽に照らされていたり・・・なんてことも。

下に置いているものを動かすか、
タープの位置を直すか、どちらかの策を
取らないとタープを張った意味そのものが
なくなってしまうので、若干面倒かもしれません。

メリット

後片付けが楽

後片付けのことを考えるとタープは
布をポールに張ったようなつくり
のものが多いです。

砂が入り込んで片づけが大変
ということがないので、テントよりは
片づけが楽かと思います。

風の影響を受けにくい

張り方にもよりますが、
テントよりもタープの方が
風の影響を受けにくいです。

全面で風を受けることがないためです。

ただ、サイドフラップがついている
タイプだと、設置向きによっては
風の影響を受けてしまいますので、
風が強いときには特に注意が必要です。

テントにもタープにも
それぞれにメリット、デメリットが
ありますので、どちらの面を重視
したいかで選択してみてくださいね。

スポンサーリンク


砂場でしっかり固定する方法

テント、タープのどちらでも
いえることですが、砂場では
通常使っているペグだときちんと
固定することができません。

砂場用のペグを使うか、
別の方法で固定するように
するか考えなくてはいけません。

砂&ビニールで固定

管理人のおすすめの方法としては、
砂を使って固定する方法です。

海水浴場なら砂はいっぱいあるので、
砂を入れる道具さえ見つかれば
簡単に利用することができます。

大きめのビニール袋に砂を詰めて
ペグの代わりにロープにつけて、
砂に埋めて固定してしまう方法。

空のペットボトルを利用して固定

または空のペットボトルがあれば、
空のペットボトルに砂を詰めて
ロープにつけたうえで砂に
埋めてしまえば固定できます。

テントなら重いものを入れておく

テントであれば、重たいものを
テントの中に入れておくと強い風が
吹いたとしてもテントが飛ぶことはありません。

きちんと張ったつもりでいても
風の影響で緩んで来たりすることも
あるかもしれませんので、
時々チェックをして、緩んで
いるようであればしめなおす
などの対策も必要です。

砂地なので、ちょっとコツが
必要ですが、慣れれば上手に
張れるようになります。

きちんと固定できるポイントを
見つけてみてくださいね。

スポンサーリンク

  おすすめ記事

水
真夏の海やプールは熱中症の危険大 効率よく水分補給する方法

暑い日の水遊びの注意点 海やプールへ行くと 水に入るので気持ちいいですよね。 暑 …

海水浴
なかなか落ちない海水浴後の水着の砂をキレイに落とす洗濯法

海水浴後のお洗濯 海へ行くと水着や服に 砂がついてしまいますね。 しかも、布地の …

シュモクザメ
日本の海水浴場でシュモクザメに遭遇! 慌てないために知って起きたい事

海水浴は海の生物と会うことも 海水浴は海に入るので、 当然海の生物と遭遇すること …

メガネ
視力が悪くても大丈夫!海水浴でネガネやコンタクトで快適にする方法

海やプールの時のメガネやコンタクト 普段、メガネやコンタクトを されている方は海 …

海
クラゲ以外にもいる刺す生物 かゆいブツブツができる海水浴皮膚炎の防ぎ方

見えないけど海によくいるチンクイ 夏はやっぱり海水浴ですね。 今年はもう行きまし …

海
しみるけどアトピーに海水浴は効果的?日焼けで悪化する事もあるので要注意

海水浴でアトピーがよくなる人と悪くなる人 海水浴へ行くとアトピーが よくなる人も …

浮き輪
海水浴の必須アイテムの浮き輪を激安ゲット!使用後に早く空気を抜くテク

海水浴の必須アイテム 海水浴に欠かせないアイテム として浮き輪がありますね。 浮 …

クラゲ
海にいつまで入れるかはクラゲ次第 大量発生する時期とサイクル

月まで 海水浴はいつまで平気? 海水浴を予定している場合、 いつまでなら海に入れ …

くらげ
お盆を過ぎたら海でクラゲが出る時期 刺された時の対処にお酢は正しい?

夏の後半の海水浴 夏はやっぱり海水浴!ですね。 前半は寒くて水温も低いので、 夏 …

海水浴
海水浴の持ち物チェックリスト 必要最低限のものだけで手軽に出かけて楽しもう

必要最低限の準備で海水浴 夏といえば、海水浴! 海はとっても広いので、 開放的な …

 - 海水浴 海水浴