お盆を過ぎたら海でクラゲが出る時期 刺された時の対処にお酢は正しい?

くらげ海水浴
この記事は約5分で読めます。
くらげ

夏の後半の海水浴

夏はやっぱり海水浴!ですね。

前半は寒くて水温も低いので、
夏の後半に海水浴へ行きたい方も
多いかもしれませんね。

だけど、夏の後半には
海にクラゲが発生して危険です。

お盆過ぎには要注意

よくお盆過ぎにはクラゲが
出て海に入れないとか言われますね。

海でクラゲに刺された時の
対処についてご紹介します。

スポンサーリンク


クラゲが多く出る時期

お盆を過ぎた頃からクラゲが多く
出てきますので、八月後半の海水浴は
クラゲに注意しながら楽しまなくてはいけません。

夏休みって長いし、海でいつまでも
楽しめる様な気がしてしまいますが、
海水浴の賞味期限は意外と短いんですよ。

実はクラゲはずっと海にいるのですが、
人を刺したりするクラゲが出てくるのは
8月後半からが多いです。

どうしてこの時期なのかは
クラゲの成長のサイクルの影響です。

詳しくは下記の記事に記載
していますので、見てみてくださいね。


クラゲがいるかチェック

海に入る前にクラゲが多く
いそうかどうかチェックして
から海に入りましょう。

実はクラゲは海の生き物ですが、
泳ぐのがそんなに上手くないらしいです。

確かに、あの姿を見れば頭が大きく
足が小さいので、海の流れに逆らって
泳ぐのは得意ではなさそうです・・。。

ですので、波に打ち上げられて
いるクラゲを見かける事ができます。

クラゲが打ち上げられているか見る

浜辺を歩いてみて、クラゲが打ち上げられて
いる様であれば、海中にもクラゲが
大量にいると思って間違いなさそうです。

クラゲに刺されないように
注意しながら、泳ぐ様にしましょう。

注意しながら泳ぐといってもなかなか難しいのですよね。
そんなときにお役立ちなのがクラゲよけのクリーム。

スポンサーリンク


クラゲよけクリーム

クラゲがクラゲに刺された、とか
魚がクラゲに刺された、とかは
起こらないそうなのですが、
その原理を利用して作られた
クリームだそうです。

塗ってから10分くらいは効果を
発揮しないと言うことなので、
早めに塗って、着替えて休憩してから
海に入るといいですね。

クラゲよけクリームを楽天でチェック

クラゲに刺されてしまったら

クラゲに刺されてしまったら、
海から上がって対策をしましょう。

刺されたクラゲの種類によって
危険度が変わりますので、
ご注意くださいね。

クラゲの種類によっては危険な
物も多いですが、基本的に対処法は
おんなじです。

正しい対処

まず海から上がります。

クラゲの触手をピンセットなど
で丁寧に取り除きます。

※触手が残っていると、クラゲの毒が
そこから出てきてしまうので、
必ず抜き取ること。

そして、素手で触らずに
ピンセットなどの道具を使う事。

ピンセットがない場合は
ティッシュやタオルでとっても
いいですが、ちょっと取りにくいかもしれません。

触手を抜いたら、
海水で丁寧に患部を洗います。
海水には雑菌がいそうで、洗っていいのかどうか
不安になると思いますが真水で洗ってはいけません。
真水で洗うと浸透圧の関係でクラゲの毒が
体内に入ってきてしまいます。

お酢があればお酢をかけるのも
有効ですが、クラゲの種類に
よっては逆効果になります。

どのクラゲに刺されたのか
わからない場合はやめておいた方がいいですね。

ちなみにお酢をかけると
ダメなクラゲはカツオノエボシです。

電気くらげとも呼ばれていますが、
分類上はクラゲではありません。

青くてちょっとユニークな形をしている
生物なのですが、浜に打ち上げられた
物を触っても被害にあいます。

image_1

小さいお子さんが浜辺で砂遊びをしている
のを見かけますが、間違って触ってしまわない様に
大人の人が注意してあげましょう。

症状がひどい場合は病院へ

カツオノエボシは刺された時の傷みが
ひどいということもありますが、
ショック死した人もいるということですので、
傷みがひどい時は病院にかかるようにしてくださいね。

海にはいろんな生き物がいて、
クラゲもその一種です。

安全にクラゲを見るなら水族館へ

水族館などで見るクラゲは幻想的な
雰囲気を醸し出していて、
すごくすてきです。

小さいクラゲがほしい!と
思った位かわいかったです。

海水浴で遭遇するのはゴメンですが、
水族館で見るなら、安心して
かわいい姿を堪能できますよ。

スポンサーリンク


夏を存分に楽しむために
海水浴は欠かせない!という方も
多いのではないでしょうか。

実際、私もその一人です。

普段あんまり日焼けをしないので
日焼けがひりひりして大変ですが、
それでもやっぱり海はいいですよね。

といっても、泳げないので、
ごく浅いところで浮き輪に浮いているだけ
ですけれども。。。

海水浴を楽しむための情報を
いろいろと集めて見ましたので、
参考にしてみてくださいね。

タイトルとURLをコピーしました