高校の推薦入試の大まかなスケジュールと概要 学校推薦をもらえる基準は?

受験受験
この記事は約4分で読めます。
受験

都立が第一志望

中学三年生の受験生のお子さんが
いらっしゃるおうちでは、
都立高校への入学を希望している
ご家庭も多いと思います。

実際、うちの子も都立高校への
入学を希望しており、無事に推薦入試で
合格を勝ち取る事ができました。

中学では三者面談が何回か行われて、
先生より説明がありますが、
受験のシステムなどがすごく変わるので、
わかりにくいですよね。

受験システムはコロコロ変わる

うちは一人っ子なのですが、
上の子がいる場合でも上の子と
下の子で受験のシステムが変わって
いる事もあると聞きます。

あくまでうちの子の時の対策ですが、
都立高校の推薦入試についてご紹介します。

スポンサーリンク


都立高校の推薦入試の日程

都立高校の推薦入試は
スケジュールが結構タイトです。

出願・・・1月中旬
入試・・・1月下旬
発表・・・2月上旬
推薦受験を検討しているのであれば、
新年明けたらすぐに出願の時がやってきます。

そのときに慌てない様に、
しっかり事前対策をしておきましょう。

合格して勉強をサボるとあとで大変

また、推薦受験で合格した子は
一般入試の子より一月近く早く進路が
決定することになります。

進路が決まってしまって、全く勉強を
しなくなってしまったので、
高校に入ってから大変だったようです。

入試が終わって完全にだらけてしまったので、
勉強を忘れてしまっていたり、
ペースがつかめなかったりしていたみたいです。

推薦の入試が終わった後、
気持ちが緩むのは仕方ないですが、
この辺についても事前にお子さんと
話しておくことをおすすめします。

推薦入試の基準

欠席・遅刻が多かったり、問題を起こした
生徒であれば推薦をもらえない事もある様ですが、
そうでない場合には推薦をもらえるような感じでした。

うちの子は部活を途中でやめてしまって
いたので、推薦をもらえないかも、と
心配していましたが、先生に相談したら、
部活をやめた事は推薦には影響しません、
といってもらえました。

まずは先生に相談を

ただ、地域や学校によっては決まりが
あるかもしれませんので推薦入試を
希望しているなら、三者面談の時にでも
相談してみるといいと思います。

今の推薦入試は推薦する人数に
制限がありませんので、基本的には
推薦をもらえるような印象でした。

スポンサーリンク


推薦入試の倍率

推薦入試は全体の30%程度の
人数を取る入試です。

合格できる人数はびっくり
するほど少ないです。

うちの子の行きたい学校は大規模校では
なかったので、70人くらいしか
取らなかったと記憶しています。

倍率は3倍以上が多い

倍率は3倍以上の高校が多く、
高いところでは5倍を超えるところもあります。

学校ごとの傾向がありますので、
東京都の過去の入試情報などでチェックして、
志望校がどのくらいの倍率なのか見ておきましょう。

それと、もう一つチェックして
おいていただきたい事があります。

文化・スポーツ推薦枠

学校によっては文化・スポーツ推薦の
枠を設けている学校もあります。

募集内容は学校によって異なっていると
思いますが、その高校で力を入れている物
について、経験のある生徒を募集している
推薦入試になります。

推薦入試には二種類あって、
どちらも併用して受験する事ができます。

お子さんの得意とするもので
特別推薦枠を用意しているのであれば、
二回チャンスがありますね。

うちの子は残念ながら特に何も
なかったので、一般推薦だけで
受験する事になりましたが・・・。

都立の推薦受験についての
大枠はこんな感じでした。

次回よりもっと掘り下げて感じたこと、
起きたことを書いてみたいと思います。

スポンサーリンク


高校の推薦入試の流れを
ざっとまとめました。

一般試験の勉強と両立しつつ
推薦の対策もしなければいけないので、
時間的に結構きつい物があります。

うちの子がやった対策などを
思いだしつつ書いてみたので、
参考になればうれしいです。

タイトルとURLをコピーしました