視力が悪くても大丈夫!海水浴でネガネやコンタクトで快適にする方法

メガネ海水浴
この記事は約4分で読めます。
メガネ

海やプールの時のメガネやコンタクト

普段、メガネやコンタクトを
されている方は海やプールの時に
どうしたらいいか悩むこともありますね。

日常生活に支障ない程度なら裸眼で
海・プールを楽しめばいいですが、
日常生活に支障があるくらいに
目が悪い人は、外してしまうのも心配です。

特に水辺は足元が滑りやすかったりも
しますので、周囲ぼやけていると
危険が伴います。

メガネやコンタクトを使っている人が
海・プールで快適に過ごすための
方法をご紹介します。

スポンサーリンク

コンタクトの場合

目に海水が入ることを考慮して

海の場合は、コンタクトをしたまま入ると
波にぶつかったときなどに目に
海水が入ってしまいます。

塩分の影響で変形してしまうことが
あるようなので、使い捨てタイプを
用意しておくことをお勧めします。

コンタクトレンズにも塩分がある

コンタクトレンズにも
塩分があるのですが
人体と同じ塩分濃度で
海水よりは濃度が低いです。

そこに海水がつくことにより、
変形してしまう可能性がある、
ということです。

ですから、変形してもいいように、
使い捨てタイプを使った方が無難です。

落としてしまうリスクも考える

海で落としてしまうことも想定されますから、
そのような意味も含めて使い捨ての
ものを使うようにしましょう。

海に入っていると、
意外と顔に海水がかかりますので、
たぶん目にも入っているのではないかと思います。

海やプールなどのレジャーの場合には、
アイメイクを控えめにしたり、
防水タイプにしたりしますよね。

ゴーグルをしてコンタクトの落下を防止

コンタクトをした上からゴーグルを
しているという方もいるので、
普段のコンタクトがどうしてもいい
という方は試してみる価値があるかもしれません。

スポンサーリンク


メガネの場合

メガネの場合は変形する心配はありませんが、
水しぶきがついたり、水中に落としてしまう
危険が考えられます。

固定バンドで落下を防止

水中に落としてしまうのを
防止するためには、バンドなどで
しっかり固定してから水に入るように
すれば安心ですね。

水しぶきの対策

水しぶき対策としては撥水コートを
塗っておくと水がはじかれやすくなるので、
便利です。

→メガネの撥水コートの商品を見てみる

おかしな日焼けにならないように注意

メガネの形状によっては日焼けをしたときに
おかしなことになる可能性がありますので、
日焼け止めはコンタクトを利用する人より
念入りにされることをお勧めします。

ゴーグルの場合もそうですが、
メガネなどでさえぎられる部分だけ日
焼けをせずに真っ白になってしまう
心配があります。

スキーやスノボの時に
たまにやってしまうことがありますよね。

メガネ・コンタクト以外のアイテム

度入りのゴーグルもあるので、
メガネの代わりに使ってみるのもいいと思います。

ただ、これだと海から上がった後で
メガネを置いている場所まで
ゴーグルを外せない!!
なんてこともありそうですが・・・。

コンタクトとかメガネは普段はとっても便利ですが、
大事な目のことですので、目に負担をかけないように
工夫をして水のレジャーを楽しめるようになるといいですね。

スポンサーリンク


夏を存分に楽しむために
海水浴は欠かせない!という方も
多いのではないでしょうか。

実際、私もその一人です。

普段あんまり日焼けをしないので
日焼けがひりひりして大変ですが、
それでもやっぱり海はいいですよね。

といっても、泳げないので、
ごく浅いところで浮き輪に浮いているだけ
ですけれども。。。

海水浴を楽しむための情報を
いろいろと集めて見ましたので、
参考にしてみてくださいね。

タイトルとURLをコピーしました