腐ったキャベツの見分け方 見た目やニオイで賞味期限の判断を

サラダキャベツ
この記事は約4分で読めます。
サラダ

無駄にしがちなキャベツ

残ったキャベツって、今度使おうと思って、
いつまでも野菜室の中でそのままに
なっていたりしませんか?

私は、大きなキャベツを買ってきて、
全部使う前にしまっている事すら
忘れてしまう事がたまにあります。

こうなってくると気になるのが賞味期限。

野菜は自分の目でチェック

野菜の場合、加工食品のように
賞味期限の印がないので、
自分で確かめるしかありません。

腐ったキャベツの見分け方と
賞味期限についてご紹介します。

スポンサーリンク


キャベツの変色

キャベツは切った後にしばらく
置いておくと切り口が変色してきますね。

だんだん茶色くなって行くので、
腐ってしまったのではないかと
心配になるかもしれません。

切り口の変色は問題なし

ですが、キャベツの切り口が
変色しているのは、腐った訳ではなく
キャベツの切り口の成分が空気に
触れる事により茶色くなっているだけ
なので、特に心配する事はありません。

りんごの場合

りんごの皮をむいてしばらく
そのままにしておくと、切り口の
部分が茶色く変色してくるかと思います。

キャベツの場合もこれによく似た
現象ですから、さほど気にしなくてOKです。

変色部分は切り落として

ただ、色が変わった部分は
見た目がよくないですし、
味も落ちてしまいますので、
その部分は切り落として使うのが無難です。

スポンサーリンク


キャベツが溶ける

キャベツを野菜室に保管する時、
乾燥しないようにビニールに入れて
保存しますよね。

こうする事によって、キャベツの水分が
ビニールにたまり、接している部分から
キャベツがどんどん傷んでしまう事があります。

水分コントロールで長持ち

キャベツの保存法の記事でも
書きましたが、野菜の上手な保存には
水分のコントロールがとっても大事です。

水分のコントロールをするため
の方法は下記の記事へどうぞ。


溶けたキャベツは使わない

キャベツが溶けてしまった部分については、
ぬめりも発生していてとても食べられる
状態ではないと思います。

ここまできてしまったら、溶けた部分は
切り落として食べるか別のキャベツを
かってくる様にした方が無難です。

どうしても使う場合

キャベツが黒く溶けてぬめりが
発生しているという事は、カビなどの
菌が繁殖してしまっている可能性が高いです。

該当の部分を切り落としたとしても
周りにもカビが付着している可能性は
否定できません。

もしこのキャベツを使うので
あれば十分過ぎるほど水洗いを
励行してください。

そして火を通して使う料理に
入れてくださいね。

そして、次にキャベツを保存
する時には、同じ失敗がないように
きちんと対処をしてからしまって
おくようにしましょう。

キャベツが臭い

キャベツを切っておいておくと、
独特のニオイを発する事があります。

これはキャベツの成分と空気が
反応して、ニオイ成分に変わったためです。

このような場合は特に気に
なさらずに料理に使って大丈夫です。
(それでも、切った後はできるだけ
早く使いきるようにしましょう。)

酸っぱいニオイのキャベツはNG

腐ったキャベツの見分け方ですが、
酸っぱいようなニオイを発している事が多いです。


ですので、ちょっと見た目が
怪しいキャベツを見つけてしまったら、
ニオイをチェックしてください。

いつもとは違う酸っぱいニオイが
したら、潔くあきらめるのが吉です。

スポンサーリンク


春キャベツは新鮮でみずみずしいので
生で食べても煮て食べてもおいしいですね。

しゃきしゃきとした歯ごたえが
最高です。

大きなキャベツが入手できたら
ロールキャベツで食べるのもいいですね。

比較的安価で購入できて、
大きい野菜なので、余らせて
しまいがちなのが残念なところ。

しっかり使い切って
節約に活かしていきましょう。


タイトルとURLをコピーしました