節分の落花生とピーナッツは何が違う?美容にいい栄養と食べ過ぎについて

落花生節分
この記事は約4分で読めます。
落花生

落花生で節分の豆まき

節分では大豆で豆まきをするのが
一般的だとずっと思ってきましたが、
北海道や東北では落花生で豆まきをするんですよね。

落花生なら後片付け楽々

落花生で豆まきをしたら、
大豆と違って殻付きなので、
後片付けが楽です。

年の数だけ食べるとなると大変そうですね。
(殻に入った状態で「1」と数えるそうなので、
小さい頃はいいですが、年を重ねると・・・
ちょっと食べきるのが大変そうです。)

以前の記事で大豆の栄養について
調べてみたので、今度は節分で使う
落花生の栄養についてまとめてみる事にしました。

落花生の栄養についてご紹介します。

スポンサーリンク


落花生=ピーナッツ

落花生はピーナッツと同じものですから、
油が多く含まれていて高カロリーです。

食べ過ぎると鼻血が出るとか、
ニキビができるというイメージがあり、
ちょっと敬遠されてしまっていますね。

でも、実は落花生(ピーナッツ)は
美容やダイエットにいい成分も
たくさん含まれているのです。

太りそう・・・というイメージだけで
落花生を敬遠していてはもったいないですよ。

落花生の油

落花生は油が多い=太るという事で
敬遠されている方も多いと思いますが、
油のすべてがダメな訳ではありません。

不飽和脂肪酸は太りにくい油

植物性の油は太らない物も多く、
ピーナッツの油もそれに該当します。

不飽和脂肪酸が多いので、魚の脂と似た性質で、
体にたまりにくい性質を持っています。

そのため、油を食べると太る
というイメージとはかけ離れた
性質を持っています。

ただ、食べ過ぎるとやっぱり
残った物は体にたまりますので、
食べすぎたら太ります(笑)

美容にいいビタミンたっぷり

ピーナツは油が多いので
食べすぎると肌がオイリーになり、
ベタベタするイメージがありますが
反対に美肌に役立つビタミンが
沢山含まれています。

食べすぎはNGですが、
ほどほどに食べる分には問題ありません。

むしろ、肌のために少量を食べるように
してもいいくらいです。

ビタミンBが不足するとオイリー肌に

ビタミンB群が不足すると肌がオイリーになったり、
ニキビや傷が治りにくかったりしてしまいます。

また、鉄分が足りていても葉酸が不足していると
ヘモグロビンをうまく作れず貧血
になってしまったりします。

スポンサーリンク


貧血になると

貧血になると息切れしやすくなったり、
疲れやすくなったりします。

女性には生理がありますので、
鉄分が不足してしまいがちですから、
鉄分を有効に利用できるように
葉酸もしっかり摂っていきましょう。

鉄のフライパンで鉄分補給

私も鉄分が不足しがちなので、
鉄製のフライパンを使っています。

お手入れは面倒なのですが、
使い慣れてくると油がなじんできて
とっても使いやすくなりますし、
テフロンのフライパンのように
定期的に買い換える必要がありません。

自分専用の調理器具を持った感じがして
料理上手になったような気分になれますよ(笑)

鉄のフライパンのお手入れについては
下記の記事に記載しています。

よろしければ参考にしてみてくださいね。


ビタミンEが含まれる食品

油の多く含まれている食品には、その油を酸化から
守るためのビタミンEが含まれていることが多いです。

落花生にももちろんビタミンEが含まれています。

血管の若さを保つ

ビタミンEは血管を若々しく保つ効果が
期待できますので、ビタミンEを含む食品を
きちんと食べる様にしていきたいですね。

ただし、サプリメントなどでビタミンEを
摂る時には、取り過ぎに注意してみてくださいね。

落花生とピーナッツは同じもので、
美容についていい物という事がおわかりいただけたかと思います。

油が多いから、カロリーが高いから、と
敬遠してしまう食品かもしれませんが、
美容にいい成分も含まれていますので、
食べ過ぎには注意して上手に利用して行きたいですね。

スポンサーリンク





タイトルとURLをコピーしました