猫好き栄養士の気まぐれNEWS

猫バカな管理人が季節のイベント情報、食べ物のこと、家事のことを気まぐれに語ります。

*

シーズニングは鉄のフライパンの使い始めのお手入れ 失敗なしの簡単な方法

      2016/07/28

フライパン

鉄のフライパンは扱いにくい?

鉄でできたフライパンは手入れをきちんとしたら
ずっと使える物なので、テフロン加工されている
フライパンのように買い替える必要がありません。

しかも女性に不足しがちな鉄分が
摂れるということでも注目を集めているそうです。

スポンサーリンク

今までテフロンのフライパンを使ってきた方には
最初は鉄のフライパンの手入れはちょっと
面倒かもしれませんが、慣れればそんなに手間ではありません。

そして何よりテフロンのフライパンより
料理がおいしく出来上がるので、
腕前が上がったような気さえしてきます。
(自己満足しているだけかもしれませんが・・・)

鉄のフライパンの最初の手入れはシーズニング


鉄のフライパンの最初の手入れはシーズニングです。

シーズニングはフライパンが錆びないように
表面に加工してある物を落とす事を言います。

まずは表面を洗剤をつけてしっかり洗います。
次にフライパンを強火にかけて乾かしていきます。

フライパンが乾いた後もそのまま加熱を続けていくと
煙が上がってきてフライパンの鉄の色が変わってきます。
ちょっと青っぽくなったら次の工程に移ります。

煙が出てきますので、換気扇を回すのをお忘れなく。

油をしっかりなじませる


ここまでできたら次にフライパンの表面に
油をたっぷりと塗って、くず野菜を
フライパンに入れて再度火にかけます。

これを何度か繰り返してフライパンに
油をなじませていきます。

鉄のフライパンはシーズニングが終わって
初めて使うことができますので、入手して
すぐに使えないのが難点ですが頑張ってやって行きましょう。


スポンサーリンク


鉄のフライパンの最初の料理は揚げ物がおすすめ


フライパンのシーズニングが終わったら、
何か料理を作ってみましょう。

シーズニングをしているとは言え、
最初は食材がフライパンにくっつきやすいので、
揚げ物とかをしてみるといいと思います。

油がしっかりと鉄のフライパンになじみますし、
揚げ物だとくっつく心配がないのでおすすめです。

鉄のフライパンを洗う時は・・・


フライパンを使った後のお手入れですが、
絶対に洗剤を使わないでください。

洗剤を使ってしまうとシーズニングで
フライパンに油をなじませて作った
被膜が洗い流されてしまいます。

たわしやササラを使って汚れを
取り除くだけにして、汚れを落とした後はしっかり
乾燥させてください。

たわしであれば100均でも売っていますので、
費用があまりかからずに済むかと思います。

もし食材がこびりついてしまったときは
テフロンのフライパンと違いゴシゴシこすってもOKです。

それでも取れない物は空焼きをした後に
こすると簡単に落とせますので、たわしで落としきれないほど
こびりついた時は空焼きをしてみてください。

鉄のフライパンは手入れがちょっと面倒ですが、
多少高くても納得のいくフライパンを
入手するようにしてみてくださいね。

スポンサーリンク

style="display:block"
data-ad-client="ca-pub-7332008026934789"
data-ad-slot="4667667282"
data-ad-format="autorelaxed">

 - グッズ, 家事 調理器具