猫好き栄養士の気まぐれNEWS

猫バカな管理人が季節のイベント情報、食べ物のこと、家事のことを気まぐれに語ります。

*

発生件数No.1のカンピロバクターの予防・特徴とギランバレー症候群

      2015/07/22

鶏肉

カンピロバクターは発生件数No.1

最近、カンピロバクターの食中毒が
増加傾向にあるそうで、
食中毒の原因菌として
第一位にランクインしている細菌です。

ごく少量のカンピロバクター菌が
付着しているだけでも食中毒を起こすことがあるので、
しっかり加熱をしたつもりでも
残っていたりして食中毒を発症してしまうのかもしれません。

ただ、熱に弱い細菌なので、
十分な加熱をすることで防げるものです。

どのような食品が危険でどのくらい
加熱をしたらいいのかなど、ご紹介していきますね。
スポンサーリンク


・カンピロバクター

食材

生の鶏肉や牛のレバー、牛肉、ホルモンなど

特徴

少量の菌が付着している食品を食べて発症
熱に弱いので、75℃1分間の加熱で死滅
女性より男性の方がこの細菌による食中毒にかかる人が多い
ギランバレー症候群の原因になっているのではないかという説も
菌が増殖しやすい温度は30~45℃
30℃以下では増殖できない
乾燥には弱い
潜伏期間が2~7日と長め
死者が出た例は過去15年で1件だけ

感染経路はおもに鶏肉

カンピロバクターの食中毒で
気を付けたいのは鶏肉の生焼けですが、
焼肉でカンピロバクターの
食中毒になったという例もあるので、
牛肉も要注意です。

保存中に菌を増殖させないように注意

鶏肉を生で食べることはあまりありませんが、
焼肉とかだとちょっとレアで食べたりする人も
いるので、肉を食べるまでの間の
保存状態に気を付けるとともに
きちんと加熱したものを食べるようにした方が安全です。

生肉用はお箸(トング)を分ける

焼肉の場合、生の肉に使うお箸と、
食べるときに使うお箸を分けないと
そこから感染する危険があります。
(トングを使う場合もおんなじです。)

カンピロバクターは少しの細菌で発症しますので、
生の肉にカンピロバクターが存在していた場合に
きちんと焼いた肉を生の肉に使ったお箸で
つかむことでわざわざ加熱殺菌した肉に
細菌を付けてしまっているのと同じことになるためです。

これは焼肉に限らず、お鍋などでも
同じことですので、お鍋や焼肉を
するときにお肉を入れるときは気を付けてくださいね。

スポンサーリンク


ギランバレー症候群について

男性に多く発症する病気で
カンピロバクターの食中毒にかかった後に
発症することが多いので、関連性が
あるのではないかと言われています。

症状

症状としては、食中毒の症状が出た後に
手足に力が入らなくなり、顔面麻痺になったり、
呂律が回らなくなったりしてしまうようです。
(食中毒の後1~2週間程度で発症することが多いです。)

ひどいときには呼吸困難になる
こともある病気で、割合は少ないですが、
亡くなってしまう方もいます。

快方に向かうまでの期間

大体の人は1か月~数が月で快方に
向かうそうですが、
たまに後遺症が残る人もいるようです。

快方に向かうまでに
一か月もかかるなんて言うのも
かなり長い道のりですね。

ギランバレー症候群になる理由

カンピロバクターとの関連としては、
食中毒菌を排除しようとして免疫が働きますが、
それが間違って自分の運動神経を攻撃するため、
手足が動かなくなったりすると考えられています。

食中毒は衛生管理をきちんとしたうえで
きちんと加熱されたものを
食べるようにしたら、かなりの確率で防ぐことができます。

ただ、夏場などの細菌が増えるのに
適した気候の時には、ちょっとした
気のゆるみから細菌に汚染された
食品が口に入ってしまうことがあります。

ちょっとでも怪しいと思ったら、
口にするのはやめておきましょう。

そして、食品を加熱したときには
きちんと中まで火が通っているかどうかを
確認してから食べるようにしましょう。

食中毒はなってしまってからでは遅いので、
しっかり加熱をして対策をしておきましょう。

スポンサーリンク
style="display:inline-block;width:600px;height:400px"
data-ad-client="ca-pub-7332008026934789"
data-ad-slot="7309355681">



style="display:block"
data-ad-client="ca-pub-7332008026934789"
data-ad-slot="4667667282"
data-ad-format="autorelaxed">

  同じカテゴリの記事

薬
食中毒になったら早く治すための正しい対処法 

食中毒の正しい対処 食中毒は気を付けていても ある日突然襲ってくることもあります …

手洗い
手の細菌が原因の食中毒を防ぐための手洗いのポイント

手から食中毒? 食中毒は食材に細菌が繁殖して 起こると思いがちですが、人の手が …

魚
暖かい海水で増殖する腸炎ビブリオを予防する方法と特徴

腸炎ビブリオとは 腸炎ビブリオは暖かい海水に 生息する細菌で、 海水が暖かくなる …

食中毒
O157の食中毒で後遺症も 予防のカギは消毒と加熱

O157とカイワレ大根 O157は大阪の堺市の給食で 集団食中毒が発生して有名に …

ヨーグルト
食中毒予防のカギは腸内環境 乳酸菌などの善玉菌を増やす簡単な方法

食中毒になる人ならない人 食中毒の多くは、胃や腸で 原因の細菌が増えることにより …

はちみつ
ボツリヌス菌の食中毒の感染源 ○○は乳児に食べさせないで!!

ボツリヌス菌とは ボツリヌス菌の食中毒ってご存知ですか? 知らない方も多いかもし …

しめサバ
アニサキスは魚の寄生虫の食中毒 予防のための冷凍・加熱の方法

アニサキスとは 海で泳いでいる魚には アニサキスという寄生虫が 寄生している場合 …

ジャーサラダ
おしゃれなジャーサラダには食中毒の危険がいっぱい! 安全な作り方は?

ジャーサラダとは ジャーサラダはキレイに洗った瓶に 野菜を詰めたもので、保存期間 …

梅雨
湿気と気温の高い梅雨は食中毒に注意!夏のまとめ買いの節約保存術

梅雨は食中毒に気を付けて 梅雨は気温が高く、雨が多いため じめじめとした天気が続 …

カレー
二日目のカレーのウェルシュ菌対策 食中毒を防ぐ上手な加熱法

ウェルシュ菌とは ウェルシュ菌はテレビでも よく話題になる食中毒菌ですね。 一晩 …

 - 食中毒 食中毒