猫好き栄養士の気まぐれNEWS

猫バカな管理人が季節のイベント情報、食べ物のこと、家事のことを気まぐれに語ります。

*

お月見に秋の七草の花で和風のフラワーアレンジメント

      2016/03/06

花

お月見と秋の花

お月見の時にはススキを
飾るのは一般的なので
イメージしやすいかと思います。

春の七草と同じように
秋の七草もあります。

秋の七草は食べられませんが、
お月見の時に飾ったりします。

ススキも秋の七草のうちの
一つですから、七草を揃えるには
残りを揃えたらいいですね。

そんな秋の七草について
ご紹介して行きます。

スポンサーリンク

秋の七草

ススキ

ススキ
お月見の時にお供えする秋の七草の代表選手はやっぱりススキ。
葉っぱが鋭く刃物のようになっているので、手を怪我した経験がある方もいるのではないでしょうか。

管理人も子供の頃遊んでいてススキで手を切ったりなんてことは日常茶飯事でした。
立派なススキで手を切ってしまうと紙で手を切った時みたいにスパッと切れるので、お風呂に入る時に石鹸がしみて気づいたり・・・なんてことも。(気づくの遅い・・・?)



お月見の時期には花屋さんでもススキを売っていますが、わざわざ買わなくてもどこかの隅っこに生えていたりしますので、よく探してみましょう。

萩
萩もススキと同じく
お月見によく登場する花です。

萩にも魔除けの力があると
されています。

神様が食べ物を取る時の
お箸の役割を果たすとも
言われています。

こちらもススキ同様忘れずに
準備したい秋の七草の一つです。

桔梗

桔梗
紫色のきれいな花を咲かせていますね。

こちらも秋になると
よく見かける花のうちの一つです。

以外なことに桔梗の花や根は
食用として食べることもできるので、
天ぷらにして食べたりしてもいいそうです。

そして、昔は野草で割りとよく
生えていたそうですが、
最近では絶滅危惧種として
登録されるくらい数が減って来ています。

もし近所に生えていたとしても
むやみに採取しないようにしてくださいね。

葛

葛は風邪薬の
葛根湯の原料にもなる野草です。

くずきりや葛もちの原料に
もなるので、こちらも
食べられる秋の七草です。

ただ、そこら辺に生えている
葛から食べられる部分を
取り出すのはかなり大変な手間が
かかるということなので、
諦めたほうが無難かも知れません。

葛はつるで伸びていき、
あっという間に広範囲に
広がって行きます。

夏にぐんぐん伸びて行く
スピードは目をみはるものがあります。

ススキ同様、どこかに生えて
いる
植物ですから、飾るために
少しもらってくるといいでしょう。

スポンサーリンク


なでしこ

なでしこ

ピンク色のかわいい花をつけます。

カーネーションにも似ていますが、
イソギンチャクをイメージさせる
和風の可愛らしい花です。

大和撫子の言葉通り、
着物とか昔の日本をイメージ
させるような花です。

自分で育てて楽しむことも
できますので、種から育てて
みるのも面白いですね。

女郎花(オミナエシ)

オミナエシ

黄色く小さい花を沢山つけます。

形状が粟に似ていることから
粟花とも呼ばれています。

オミナエシも最近は
生息している場所が減って
来ているということです。

いろんなところで昔からいる
植物が減って来てしまっているのですね。

オミナエシは遠くから見たら
、菜の花にちょっと
似ているかも知れません。

それを目印に探して見てください。

藤袴(フジバカマ)

藤袴

白い綿毛のような花を咲かせます。

かすみ草を連想させるような
控えめな印象を受ける花です。

多年草なので、一度見つけた
場所へ行けば来年も花を見ることが
できる可能性があります。

野生のものは激減して来ていて、
絶滅危惧種となっているそうなので、
あんまりお目にかかれないかもしれません。

葉っぱも桜餅のいい匂いを
発するということで、芳香剤として
使われていたこともあったそうです。

野生のものは激減して来て
しまっていますが、比較的育てやすい植物なので、
こちらも自分で育てて見ても面白いかもしれませんね。

お月見の時には、ススキや萩だけではなく
上記の秋の七草を取り入れて
フラワーアレンジメントを
作ってみるのもいいと思います。

秋の七草はすべて和風な感じのする
草花なので、お月見の邪魔をせず
華を添えてくれると思いますよ。

スポンサーリンク


お月見はお月様に
今までの豊作へのお礼を
する行事です。

秋は空が高く、空気が澄んで来るので
月や星を見るのに絶好の季節です。

冬も空気は澄んでキレイですが
夜なんて寒くてあんまりじっくり見ていられません。

普段忙しくしている人ほど
どこかでホッと息を抜ける時間が
必要なものです。

ちょっとだけでもお月見を楽しんで見ませんか。


style="display:inline-block;width:600px;height:400px"
data-ad-client="ca-pub-7332008026934789"
data-ad-slot="7309355681">



style="display:block"
data-ad-client="ca-pub-7332008026934789"
data-ad-slot="4667667282"
data-ad-format="autorelaxed">

  同じカテゴリの記事

中秋の名月
お月見の中秋の名月と仲秋の名月はどちらが正しい?芋名月って何のこと?

秋は月がキレイ 秋になると夏よりも 空気が澄んできて、星や月が とってもきれいに …

お団子
お月見のお団子の数と飾り方 並べ方に関する以外な意味とは

月より団子? 秋はやっぱりお月見ですね。 夏より空気中の水蒸気が 少ないため、空 …

栗
仲秋の名月の次に美しい栗名月 縁起が悪い片名月とは?

中秋の名月の次の名月 中秋の名月は秋のお月見として 代表的なものですが、そのあと …

お月見
関東と関西とでこんなに違う!お月見団子の作り方

秋はお月見に最適の季節 秋は空気が澄んでいて、 月がとってもきれいに 見える季節 …

お月見
仲秋の名月のお月見を思う存分楽しむ方法 準備の仕方のポイント【特集】

秋の夜長は夜空を楽しんで 秋になると空がとってもきれいですよね。 空が高くなって …

ススキ
ススキをお月見で飾る意味 お供えをする正しい方法は?

お月見に欠かせないススキ お月見といえば、満月のお月さまに お供えをして月を楽し …

うさぎ
うさぎが月の中に見える理由 外国ではどんな風に見えている?

月のなかにはうさぎ お月様の中にはうさぎが いてお餅をついている、 という物語が …

京都
古都京都で仲秋の名月のお月見を 夜のお寺の雰囲気も一緒に楽しめる

古都京都の町並み 京都はお寺や寺院が立ち並び、 街全体が和の雰囲気を 醸し出して …

 - お月見 お月見, フラワーアレンジメント,