みかんの皮風呂の効果 農薬の影響や肌へのピリピリ感の軽減の方法

風呂果物
この記事は約4分で読めます。
風呂

みかんの皮の有効利用

みかんを食べた後に残る皮。

そのまま捨ててしまう事が
多いですが、そのまま捨てて
しまってはもったいないです。

栄養もたっぷりあるので、
加工して食べる方法もあります。

ただ、みかんを大量に食べた場合、
加工して食べるのが間に合わない時も
あるかと思います。

そんな時に別のみかんの皮の
利用法をご紹介します。

スポンサーリンク

みかんの皮で保存食

ちなみに別のものに加工して
食べる方法は下記の記事で
紹介しています。


今回はみかんの皮をお風呂に
入れる時の使い方についてご紹介します。

みかんの皮でお風呂

みかんの皮をお風呂に入れると
みかんの香りに包まれてリラックス
して入浴する事ができます。

このみかんの香りはリモネン
という成分で、肌の保湿をしたり、
美白してくれたりします。

血行をよくしてくれますので、
冷え性の方にもおすすめです。

肌が弱い方は最初は少なめで

肌が弱い方はピリピリとして
しまうかもしれませんので、
少し少なめの量からスタートしてみましょう。

みかんの皮の準備

食べた後のみかんの皮を干して
おくだけでいいので、お手軽ですし、
乾燥しておくので保存も湿気ないように
気をつけるだけでいいので簡単です。

スポンサーリンク


みかんの皮風呂の効果

みかんの皮をお風呂に入れると
リラックス効果があると言うことは
先ほど記載しましたが、
ほかにどんな効果があるのか、
気になりますよね。

一つずつ見て行きたいと思います。

塩素を無毒化する

みかんの皮に含まれるビタミンCが
お風呂のお湯の塩素を無毒化してくれます。

塩素は水道水の殺菌などのために
添加されているものです。

カルキ抜き

カルキとも呼ばれています。

プールに行くと特有のツンとした
ニオイがしますが、あれがカルキの正体です。

プールほど多くはありませんが、
水道水にも含まれているんですよ。

夏場は塩素が多い

水道水に添加する塩素の量は
下限は決まっていますが、
上限が決まっていないため、
夏場は特に塩素の量が多いです。

夏場だとカルキ臭を
感じる方もいるのでは
ないでしょうか。

肌荒れの原因にもなる塩素

塩素は敏感肌の人にとっては
肌荒れの原因となる物質ですが、
お風呂ものまで浄水する
訳には行かないですね。

手湿疹の方にもおすすめ

私も手の湿疹がひどかった時、
洗い物で水に触るだけでも
手がかゆくなって赤みが出たものでした。

そんな方にも是非みかん風呂を
試してみていただきたいです

抗アレルギー物質も含まれるみかんの皮

みかんの皮の成分にはアレルギーを
防いでくれるものも含まれていますので、
原因不明の手荒れでアレルギー
かもしれない、というものにも
効果を発揮してくれる場合があります。

私の場合はみかん風呂で
かゆくなるのは抑えられたので、
効果が実感できました。

みかんの皮の農薬

みかんの皮をお風呂に入れると
なると気になるのが農薬や
ワックスの影響です。

お湯に浮かべますので、
そのような有害成分が残っていた場合、
それらもお湯に溶け出してしまいそうですね。

みかんを育てる時に、農薬がないと
虫が食ったりしてキレイにできませんので、
農薬を使うケースも多いです。

自然分解されるので、農薬の心配は不要

日光などで自然に分解されますので、
収穫する時にはほとんど残っていない
と言われています。

ですから、農薬のことはあんまり
気にせずにお風呂に入れて大丈夫です。

みかんの皮のお風呂の作り方

みかんの皮のお風呂は
簡単に作る事ができます。

みかんを食べた後のものを
よく洗って干します。

陳皮を作る

一週間くらい干したら
陳皮という漢方薬ができあがります。

これを布などに入れて
お風呂に浮かべるだけです。

陳皮の保存は湿気が含まないように
缶などの密閉できる容器に
入れておけば大丈夫です。

一回あたりの適量は

適量はみかん4~5個分くらいです。
※肌が弱い人は少なめから
スタートしてください。

お好みで入れる量は
調節してくださいね。

後片付けを考えて

布を使う時ですがガーゼ
などがおすすめです。

みかんの皮をそのまま入れてしまうと、
後で片付けをする時に大変なので、
ガーゼなどにくるんで入れておきましょう。

ガーゼなら100均で安価に
売っていますので、使い捨てでもO
Kなので、お手軽です。

私もガーゼを愛用しています。

みかん風呂は冬のお風呂で
リラックスしてしっかり温まれるので、
上手に利用してみましょう。

入浴剤を買うのもありですが、
みかんの皮なら捨てるはずだったものを
利用するだけなので、より低コストで
済むので、節約にもなりますね。

スポンサーリンク

タイトルとURLをコピーしました