甘いものが苦手な彼に手作りクッキーのバレンタインラッピングの方法

クッキーイベント
この記事は約3分で読めます。
クッキー

甘い物が苦手ならクッキーのプレゼントはいかが

甘い物が苦手な方へのお菓子のプレゼントとして、クッキーはいいですよね。
手作りなら、油分や砂糖の量の調整ができるので、
プレゼントする人の好みな味を作れるのもメリットの一つです。


スポンサーリンク


クッキーのラッピング方法

クッキーをプレゼントするときには、一枚ずつラッピングするか、
箱にキレイに並べてラッピングするか、二択になりますね。

友チョコや義理チョコなどの数がたくさんある物は
一人分ずつ袋に入れてラッピングして、袋の口を
ワイヤーの入っているリボンなどで止めるのが一番簡単ですね。

2~3枚くらい袋に入っていて、大き目なリボンがついていたら
ボリューム感もたっぷりですね。

+αでおしゃれ感を演出して

透明な袋に入れるのであればマスキングテープやレースペーパー、
トレーシングペーパーなどのアイテムをうまく使って
おしゃれなラッピングを演出してみてくださいね。

箱にクッキーを並べてラッピングする場合には、ラッピング用品のコーナーで
売っている箱にキレイにレイアウトしていくか、パウンドケーキの焼き型に並べて
ラッピングしていくなどの方法が簡単です。

この時、緩衝材があるとスキマ部分がうまく埋まりますので、
持ち運びの時にも安定しますし、見た目的にもボリュームが出ていいですね。


スポンサーリンク


食べた後も使える物をラッピングに使う

また、少し費用をかけてもいいのであれば一枚ずつクッキーを
透明な袋へ入れたうえで、100円ショップなどで売っている
籠や木の箱などに並べていくのもいいですね。

籠や箱のサイズはクッキーの大きさに合わせて購入するのが一番ですが、
どうせなら食べた後に小物入れとして使えるサイズの物で
ラッピングするとリサイクルできてエコですね。

食べた後に使える物としてはマグカップもいいですね。
かわいいマグカップに袋に入れたクッキーを入れて
それを透明な袋でもう一回ラッピングして渡しましょう。

マグカップならクッキーを食べた後も活用できますので、
ラッピングに使ったアイテムがムダにならずに済みますね。

マフィンカップを使ってのラッピング

クッキーのラッピングですが、マフィンカップを使う手もあります。

2~3枚くらいのクッキーがひとり分なのであれば
マフィンカップにクッキーをそのまま入れて、透
明なビニールでラッピングするとかわいいですね。

マフィンカップはかわいい柄の物もたくさん売っていますので、
プレゼントをする人によって柄を変える、なんていうのも楽しいかもしれません。

透明なケースに積み上げるようにラッピング

透明なケースにクッキーを積み上げるようにして
ラッピングしていく予定であれば透明ケースに入る大きさになるように
クッキーを焼く必要がありますので、出来上がり寸法より
小さ目にクッキーの型抜きをして焼いていきましょう。

サイズがぴったりであればこれはこれですごくおしゃれなラッピングになりますが、
クッキーのサイズが合わないとラッピングできないといった悲劇が生まれますので、
その点だけ注意が必要ですね。

スポンサーリンク


バレンタインのラッピングのまとめページを作りました。
こちらも参考にしてみてくださいね。

タイトルとURLをコピーしました