猫好き栄養士の気まぐれNEWS

猫バカな管理人が季節のイベント情報、食べ物のこと、家事のことを気まぐれに語ります。

*

甘い焼き芋をレンジで作る 新聞紙とさつまいもを用意 新聞紙がない時は代用品で

      2015/03/26

焼き芋

なぜか無性に食べたくなる焼き芋

秋になるとさつまいもが店頭に並んで、つい焼き芋を想像してしまいます。
石焼き芋が一番いいのでしょうが、けっこうなお値段がしますよね。
それに移動販売なので、自分が焼き芋を食べたいタイミングで回ってきてくれるとも駆りません。

自宅で手軽に焼き芋を作れないか、調べてみたところ、
レンジで焼き芋を簡単に作れるという情報を見つけたので、試してみました。

レンジ焼き芋の作り方


焼き芋用のさつまいもを準備します。
これを水にさっとくぐらせて新聞紙で包んでレンジでチンするだけ。
さつまいもは水に濡れたままで新聞紙でくるんで問題ありません。
レンジで加熱をするとどうしても水分が飛んでパサパサしがちですので、
それを補う意味でも、水分は拭き取らずに新聞紙で巻いてください。

新聞紙がない場合代用品


新聞を取っていないので、新聞紙がないという場合はキッチンペーパーでも代用可能です。
キッチンペーパーもないという場合には、紙袋(ファーストフードとかで入れてくれるような紙袋)
でも代用可能なようです。

アルミホイルは電子レンジで使うことができませんので厳禁です。

要は、さつまいもが紙にくるまれた状態でレンジに入れればOKです。

さつまいもをレンジに入れたら、レンジ強で2分~3分程度チンします。
※さつまいもの太さや量によって変わりますので、様子を見ながら調整してください。

スポンサーリンク

甘い焼き芋を作る

これでさつまいもに火が通りましたが、このままだと甘味の少ない焼き芋になってしまいます。

今度はこの焼き芋をレンジ弱または解凍モードで20分焼きます。

さつまいもの甘さを引き出すためには、65~70℃の温度で10分加熱。
この工程を飛ばすと甘い焼き芋が食べられませんので、ご注意ください。

また、最初のレンジ強での加熱をせずにレンジ弱または
解凍モードでじっくり加熱をしていく方法もあります。
その場合は20分加熱で様子を見てください。
(解凍モードの場合はすぐに何度もチンしないといけないかもしれませんが。)

レンジ弱で焼き芋があまくなるワケ


さつまいもなどのいも類には、でんぷんがたくさん含まれていますが、
このでんぷんを酵素が分解していくと甘味が出てきます。
ごはんをしっかり噛むと甘く感じると思いますが、これもでんぷんが唾液の酵素で分解されて出て来たからなのです。

この、さつまいものでんぷんを分解する酵素にしっかり働いてもらうためには
65~70℃の辺りの温度が良く、それより温度が高くなるとこの酵素の働きが止まってしまう事から、
レンジ弱または解凍モードでじっくり温める必要があるのです。

お好みで焼き芋に焼き目を


後はレンジでチンしただけだと焼き芋特有の焼き目がありませんので、
焼き目がほしい方はフライパンでちょっとあぶるとか、
オーブンで少し加熱するとかすると皮がパリッとした焼き芋を作ることができます。

スポンサーリンク
style="display:inline-block;width:600px;height:400px"
data-ad-client="ca-pub-7332008026934789"
data-ad-slot="7309355681">



style="display:block"
data-ad-client="ca-pub-7332008026934789"
data-ad-slot="4667667282"
data-ad-format="autorelaxed">

  同じカテゴリの記事

じゃがいも
じゃがいもをレンジで加熱する時、皮つきのままの方がメリットが大きい理由

じゃがいもをレンジで加熱するとき 春は新じゃがの季節ですね。 レンジでじゃがいも …

おにぎり
忙しい人におすすめ おにぎりの具に卵焼きや卵焼きでくるんでオムライスおにぎり

おにぎり弁当のに人気のおかず おにぎりのお弁当と言えば、 おにぎり、卵焼き、ウィ …

バナナ
バナナは血糖値の上昇が緩やかなダイエット向きフルーツ おやつにおすすめ!

バナナのカロリーは高い? バナナと言えば、スーパーで安く売っていて 入手しやすい …

おにぎり
ラップとお椀でのおにぎりの作り方 塩を付けるタイミングとコツ

おにぎりのお弁当でレジャーへ レジャーに行くときには 外でも片手で手軽に食べられ …

じゃがいも
じゃがいもで食中毒 皮や芽のソラニンは加熱でも×正しい対処法は?

じゃがいもの芽には毒がある じゃがいもの芽には毒があると言われていますが、 どの …

小豆
小豆粥を小正月に食べる由来は無病息災を祈る サポニンの栄養でダイエットにも良い

小正月には小豆粥 小正月には小豆粥を作って食べて一年の無病息災と、 デトックスを …

たけのこ
たけのこの水煮の冷蔵庫での保存はどのくらい? 長持ちさせるポイントは?

生のたけのこをゆでたら風味が違う たけのこはやっぱり自分でゆでたものの方が、 あ …

たけのこ
たけのこのあく抜き 米ぬかがなくてもおいしくゆでる方法3つ

たけのこは掘って時間が経つとどんどんあくが増えていく たけのこは掘り出してから時 …

梅
梅味噌を梅酒の梅で作る簡単でおいしいレシピ

梅酒を漬けた後の実の利用法 梅酒を漬けた後の梅の実の再利用法第二段です。 前回は …

肝臓に良い食べ物
肝臓に良い食べ物と悪い食べ物 飲酒の時のおつまみにも気を付けて

肝臓の働きとは? 肝臓は体内の毒素を解毒したりお酒を分解してくれる臓器です。 薬 …

 - 食べ物 さつまいも, 節約