猫好き栄養士の気まぐれNEWS

猫バカな管理人が季節のイベント情報、食べ物のこと、家事のことを気まぐれに語ります。

*

黒豆をシワなくふっくら煮るポイント 釘や重曹を入れる理由とは?

      2016/03/05

a0002_004844

黒豆はダイエットに良い食品

黒豆お正月のイメージですが、
様々な栄養が含まれていますので、
普段から積極的に食べて行きたい食品の一つです。

黒豆はお正月にありがちな食べ過ぎに
助け船をだしてくれるダイエット向き
食品農地の一つです。

スポンサーリンク

代謝UP&老廃物を出す

サポニンが脂肪の代謝をアップさせて
アントシアニンが脂肪を体の外へ
追い出す働きがあります。

ダイエットを成功させるためには
体脂肪を減らすことがまず第一ですから
黒豆を味方につけて
ダイエットを成功させたいですね。

また、女性にうれしい美肌の栄養も含まれていますから
ダイエットと美肌の両方をゲットできそうですね。

日持ちしますので、多めに作って
お弁当のおかずに入れるのもいいですね。

黒豆の煮方は下記へどうぞ。


スポンサーリンク


鉄釘を入れて黒豆を煮る理由

鉄釘や重曹を入れたくない、と言う方は
入れなくても黒豆を煮る事はできます。

ただ、さびた鉄釘を入れるのは
タンニンと鉄分がくっついて
黒豆の色が抜けるのを防ぐためですので、
鉄釘を入れない場合は黒く煮ることができません。

錆びた鉄釘がない場合は鉄たまごなどで
代用しても構いませんので、釘を入れて煮た方が
キレイな色に仕上げることができます。

手元にない場合でも
鉄分補給に役立つアイテムですから
入手しておいてもいいかもしれませんね。

 及源鋳造 南部鉄器 鉄 たまご 【鉄タマゴ 鉄玉子 鉄卵】

重曹を入れる訳


黒豆を煮る時に
重曹を入れる理由は
入れた方が黒豆が柔らかく煮れるからです。

重曹が水と反応して
気泡が出てきます。

この気泡が黒豆を柔らかくふっくらと
煮るのに力を発揮します。

重曹と聞くと、お掃除用のイメージですが、
ベーキングパウダーと成分はほとんど同じです。

ベーキングパウダーならお料理に使う事も多いので、
そんなに抵抗なく加えることが
できるのではないでしょうか。

黒豆を柔らかく煮るポイント

黒豆を柔らかく煮るための
ポイントは豆の戻し方がまず一番目のポイントとなります。

黒豆以外の材料をすべて鍋に入れて
ひと煮立ちさせてそこに固いままの黒豆を入れます。

そのまま一晩放置して水をしっかり吸わせます。

ここでしっかり吸水させておかないと
芯のある固い黒豆に仕上がってしまいますので、
吸水の時間はたっぷりと取るようにしてくださいね。

一晩水につけて黒豆が
しっかり水を吸ったら、火にかけて黒豆を煮ていきます。

アクを丁寧に取り除く

調味液が煮立つと、アクが出てきますので、
すくっていきます。

ただ、重曹を加えていますので、
アクに見えている物は重曹だったりもしますので、
そんなに神経質にアクをすくう必要はありません。

アクができった感じになったら、
落し蓋をして時間をかけて煮ていきます。

黒豆をシワなく煮るには

煮ているときに黒豆が空気に触れると
皮にシワが寄ってしまい、
つやつやに仕上がらないので、
落とし蓋をして空気に触れないように
気を付けながら煮ていきます。

もし途中で煮汁が少なくなったら
黒豆にひたひたになるように
熱湯を加えて煮るようにしてください。
(※水を加えるのではなく、必ず熱湯を加えて水分の調整をしてください。)

黒豆を煮る時間の目安としては3~5時間程度。

煮汁が半分くらいになって
黒豆が柔らかくなっていればOKです。
途中で黒豆を取り出して、
指でつぶして固さをチェックしてみてください。

出来上がった後も冷めるまで煮汁に浸したままにしておき、
黒豆が空気に触れないように気を付けてください。

冷める前に黒豆を煮汁からあげてしまうと
しわが寄った物ができてしまいます。

必ず黒豆が冷めるまで
煮汁に使っている状態を保ってください。

黒豆の保存方法

もし食べきれないほどたくさん煮てしまった場合には小分けにして
冷凍しておくのがおすすめです。
1か月くらいは問題なく保存できます。

お弁当とかに入れてもいいですしね。
スポンサーリンク

  おすすめ記事

梅酒
梅酒の梅をリメイクして調味料に! 梅醤油や練り梅などに再利用

梅酒に漬けていた梅の実の再利用方法について、 まだ活用法がありましたので、書いて …

甘酒
手作り甘酒を上手に保存して節約! 冷蔵・冷凍の保存期間とおすすめの容器

余った甘酒の保存法 甘酒を手作りした時、 ぴったり飲む分だけ作れれば 一番いいで …

味噌汁
おにぎりと具だくさんの野菜入りの味噌汁で栄養たっぷり 朝ごはんやお弁当にもGOOD

おにぎりと味噌汁の組み合わせは最高 おにぎりに合うのはやっぱり ダシの効いたお味 …

かぼちゃ
かぼちゃの種にすごい栄養! 簡単なおつまみの作り方と食べ方

かぼちゃの種は捨てないで かぼちゃは煮物にしたり、フライにしたり、 いろんな料理 …

むくみ 足
むくみを解消するのにおすすめの食べ物 ポイントはカリウムの含有量

むくみの原因 むくみは放っておくとそのまま定着してしまうので、早急に解消したいで …

焼き芋
甘い焼き芋をレンジで作る 新聞紙とさつまいもを用意 新聞紙がない時は代用品で

なぜか無性に食べたくなる焼き芋 秋になるとさつまいもが店頭に並んで、つい焼き芋を …

米
お米のおいしい炊き方 炊飯器の目盛を使って水をしっかり測るのがポイント

炊飯器でおいしく炊くコツ お米を炊飯器で炊くときにちょっとした 注意をするだけで …

vegetables
無農薬の産直の野菜を宅配で!嫌いでもおいしく食べられて栄養たっぷり

野菜、一日あたりの摂取量は350g。 あなたはきちんと野菜を採れていますか? ど …

ヨーグルト
ヨーグルトで花粉症を軽減できる?効果を実感するためにはいつから食べる?

花粉の季節到来 花粉症の方にとってつらい 季節がやってきますね。 地域によっても …

おにぎり
夏のおにぎりの食中毒を予防 安全な保存法と傷みにくい具

おにぎりの保存性 外出するときには、 おにぎりは簡単に食べられて 便利ですよね。 …

 - お正月, レシピ, 料理, 食べ物 黒豆