猫好き栄養士の気まぐれNEWS

猫バカな管理人が季節のイベント情報、食べ物のこと、家事のことを気まぐれに語ります。

*

鼻呼吸のメリットと口呼吸のデメリット 美容のためにも健康のためにも鼻で呼吸しよう

      2015/03/26

口

口呼吸の人が急増中

最近は口呼吸をしている方が増えていますね。
普段何もない時に口がポカンと開いている人は鼻呼吸ができていない可能性大です。

スポンサーリンク

鼻呼吸をするメリット

鼻呼吸ができている人は、鼻で水分を加えた空気を肺に送ることができるので、
冬などでも冷たい空気が肺にいきなり入ることがないのですが、
口呼吸の人は、冷たい空気がいきなり肺に入るため肺が冷えてしまうということと、
口呼吸で直接空気を取り込んでしまうと空気中の病原菌までそのまま取り込んでしまうことが考えられます。

鼻呼吸をしている人は、鼻毛で病原菌を取ることができるので、
口呼吸の人のように100%そのまま取り込まれるということはありません。

口呼吸はのどを痛めやすい


口呼吸をするデメリットはこれだけではありません。
のどに直接空気が入ってきますので、乾燥からのどを痛めやすくなります。
朝起きたときにのどが乾燥した感じになる事もありますが、
これも寝ているときに口呼吸をしているからかもしれません。

また、口呼吸をすると口の中も乾燥してきますので、唾液の量が減ってしまいます。
ですので、殺菌効果が十分に発揮できず、口臭の原因になったり歯周病にかかりやすくなったりします。

特に冬は空気が乾燥していますので、口呼吸をしているとすぐに口の中が乾いてしまいます。

スポンサーリンク


鼻呼吸できない原因を取り除く


では、鼻呼吸をするためにはどうしたらいいでしょうか。
鼻炎とかの理由で口呼吸ができない場合にはまずはその原因を治しましょう。
一時的な物であれば治るまでガマンでもいいと思いますが、
アレルギーなどで慢性的に鼻づまりを起こしているなどの場合は、
耳鼻科を受診してまずは鼻炎を治していきましょう。

口呼吸の原因が取り除かれたところで、鼻呼吸をするように意識をしていきます。
口が開いているとどうしても口呼吸になってしまいやすいので、
まずは何もない時には口を閉じておくように意識してみてください。

といってもずっと口呼吸をしてきた方は最初はつらいかもしれません。
口の開閉で使う筋肉を鍛えて口を閉じる習慣を実現しましょう。

口輪筋を鍛えて鼻呼吸に


口を閉じておくときの筋肉は口輪筋という筋肉を使っています。
口の周りをぐるっと一周輪っかのように存在している筋肉です。

口輪筋を鍛えると表情筋を鍛える事につながりますので、
表情豊かな顔つきになれるおまけつきです。

実際に口輪筋を鍛える方法ですが、
あいうえおの口の形を作りながら口輪筋を鍛える方法が道具もいらず簡単です。

口を大きく開けるように「あ」
口を横に引っ張るように「い」
口を真ん中にすぼめる形で「う」
舌を出すイメージで「え」
顔をリラックスさせるように「お」

上記をできるだけゆっくり、可能ならば声を出しながら行うといいですね。
口輪筋がついて来てもっとできるようになったら2セット、3セットと増やしていくといいですね。

口輪筋を鍛えたら、口を閉じるのが苦ではなくなりますので、
鼻呼吸へ行こうしやすくなってくると思います。

スポンサーリンク
style="display:inline-block;width:600px;height:400px"
data-ad-client="ca-pub-7332008026934789"
data-ad-slot="7309355681">



style="display:block"
data-ad-client="ca-pub-7332008026934789"
data-ad-slot="4667667282"
data-ad-format="autorelaxed">

  同じカテゴリの記事

熟睡
短時間で熟睡する 寝る前の習慣と寝室の環境を見直して質の良い睡眠を得る方法

睡眠不足でお疲れモード 日本人は世界の中で比較して睡眠時間が短いといわれています …

むくみ 足
むくみを解消するのにおすすめの食べ物 ポイントはカリウムの含有量

むくみの原因 むくみは放っておくとそのまま定着してしまうので、早急に解消したいで …

爪
病気を教える爪のサイン ネイルが原因になることも

爪は健康のバロメーターとも言われています。 爪が教えてくれる病気のサインを見逃さ …

蚊
蚊の二酸化炭素の関知能力を逆手に対策! 簡単トラップの作り方

気づかぬうちに忍び寄る蚊 気温が高くなってくると出てくる蚊。 刺されるととにかく …

睡眠
短時間睡眠のコツ 質を上げて朝すっきり起きるためにやりたい事と避けたい事

寝不足の現代人 忙しくてつい寝不足になってしまう、という方は多いと思います。 し …

睡眠
太るだけではない睡眠不足の影響 寝不足でイライラしたり食欲が増す理由

睡眠不足が続くと 忙しくしていると、睡眠不足な日が続くこともありますね。 疲れて …

背中
背中のダイエットを短期間で成功させる方法 僧帽筋を鍛えて代謝UPを目指す

背中の贅肉がはみ出していませんか? 背中は自分では見ることができないですが、 下 …

頭痛
危険な朝の寝起きの頭痛の見分け方と原因 痛む場所やタイミングで見分けるコツ

一日は朝の気分次第 朝気分よく起きられた日は何事もスムーズに事が運ぶ気がしますね …

目
レーシックの後遺症の確率は5割超? ドライアイや視力低下が発症することも

レーシックで本当に視力が上がる? レーシックは安全であるイメージですが 意外にも …

鼻水
花粉症の朝のくしゃみ連発を阻止!くしゃみの賢い止め方

花粉症のつらい鼻水 花粉症の方で多くの方が 大変な思いをする鼻水、くしゃみ。 少 …

 - ヘルスケア 呼吸