猫好き栄養士の気まぐれNEWS

猫バカな管理人が季節のイベント情報、食べ物のこと、家事のことを気まぐれに語ります。

*

シャツのアイロンのかけ方 肩ヨークもしっかりしわを伸ばして

      2015/03/26

アイロン

アイロンのかけ方

きちんとアイロンがかけられているシャツを着ると自分も気持ちいいですし、
何よりきちんとした印象になりますね。
シャツにアイロンをかけるコツをマスターしてしまいましょう。

最初に確認しておきたいのは、シャツのアイロンの適温です。
シャツの裏に洗濯表示マークがありますので、
ここで温度を確認しておきましょう。
綿の場合は高温、混合素材の場合は中温がちょうどいいのではないかと思います。

アイロンが温まるまで時間がかかりますので、まずはアイロンを温めましょう。
アイロン台や霧吹きの準備も平行して進めていきます。

霧吹きは最初にシャツ全体に行っておく


シャツをピシっとさせるためには、シャツ全体を霧吹きで湿らせておきます。
アイロンをかけながら霧吹きをする事も出来ますが、
全体的に湿らせた方がアイロンをかけ始めた後にアイロンだけに集中できますので、
作業がはかどると思います。

アイロンをかける順番は小さい部分から


アイロンをかける順番は、小さい部分から順番にかけて行きます。
襟→肩ヨーク→カフス→袖→身ごろの順番になります。

襟の部分は、シャツが立体的に作られていますので、
一方向からアイロンをかけると途中でシワができてしまいます。
左右の端から真ん中に向けて少し手で引っ張りながらアイロンがけをしていきます。

裏面から襟のアイロンがけをして、次に表綿の襟のアイロンがけをします。
アイロンを片面だけで終えてしまうとシワがきれいに伸びませんので、
必ず両面にアイロンがけをするようにしてください。

肩ヨークとは?


次に肩ヨークの部分のアイロンがけをしていきます。
肩ヨークは、シャツの後ろ身ごろを見たときに肩のあたりで
切り替えがある部分があると思います。
この部分の事を肩ヨークと言います。

ここの部分はアイロン台にシャツをひっかけるようにしてアイロンがけしていきます。
アイロン台にシャツをひっかけるようにしてアイロンをかけるとやりやすいですね。
アイロン台にシャツが覆いかぶさるような形で作業していきます。

端っこの部分まできちんと伸ばす様にアイロンがけをしてくださいね。

アイロン台に覆いかぶさる形でできない場合は、
アイロンをシャツの中に入れるような形でアイロンがけをしていく方法もあります。
この時はシャツがあおむけの状態でアイロンがけする形となります。

カフスは裏側からアイロンをかけて行きます。
左右の端から真ん中に向かってアイロンをかけて行きましょう。

袖のアイロンがけはまず袖の形を整えるところからです。
袖の下側に縫い目があると思いますので、ここを基準に袖を伸ばしていきます。
袖がきちんと折れたら、アイロンで袖の折り目をしっかりつけつつ、
シワを伸ばしていきます。

スポンサーリンク


みごろのアイロンは一番最後


最後に身ごろのアイロンがけをします。
こちらも縫い目を基準にシャツの布を重ねたうえでアイロンがけをしていきます。
この時の基準は右側の縫い目の部分になります。縫い目のところから
しっかりとアイロンをかけ初めて行きます。

以外とやりにくいのがボタン周り。
細かい部分になりますのでアイロンの先を使ってアイロンがけをしていきましょう。

シャツをたたむ場合は冷めてから


アイロンがけが終わったら、できればハンガーにかけておけると言いですね。
たたんでしまう場合には、アイロンの余熱が冷めてから
シワにならないようにきれいにたたんでしまうようにしましょう。

スポンサーリンク

  おすすめ記事

フライパン
鉄のフライパンの焦げ付きの原因と落とし方 復活させる方法は?

鉄のフライパンの焦げ付き対策 鉄のフライパンは焦げ付いて 使いにくいイメージがあ …

革のブーツの手入れのおすすめクリーム 長く履くためにしておくべきこと

革のブーツは手入れ次第で寿命が変わる 冬はやっぱり革ブーツがおしゃれで温かいです …

黒豆
黒豆を煮てしわが寄る・固いの原因と対処 リメイクで別料理にする方法も

黒豆を煮るのは難しい 黒豆を煮るのは難易度が高いとされていて、けっこうコツがいる …

シャツとネクタイ
シャツとネクタイの組み合わせの基本 ポイントを押さえておしゃれに着こなそう

シャツとネクタイ色は3色以内に スーツを着るようになると、シャツとネクタイの組み …

ネクタイ
ネクタイの結び方のコツ 簡単におしゃれなディンプルを作る方法

ネクタイを上手に結ぶコツ ネクタイの結び方はコツを得ていると見違えるほど上手に結 …

a0790_001075-300x1981
防寒対策で一番力を入れたいのは窓 ビニールカーテンを使ってスキマ風対策

防寒対策で最重要なのは窓のカーテン 防寒対策として一番力を入れたいのはカーテンで …

シャツ
シャツのたたみ方の簡単なやり方 段ボールでグッズを作る方法も

シャツを簡単にたためたらいいのに シャツをたたむのはけっこう手間ですよね。 うま …

セーター
毛玉ができやすいセーターの素材と洗濯の仕方 できてしまった毛玉をキレイに取る方法

お気に入りのニットほどすぐ毛玉が・・・ 冬の寒い時期にはセーターが大活躍ですね。 …

布団
布団を干すのにいい時間は? ダニ対策をするならどうしたらいい?

布団の正しい干し方 布団を干すとふかふかになってすごく気持ちいいですよね。 布団 …

たたむ
シャツのたたみ方のコツ 長袖編 収納する時の事を考えてたたみ方を考えよう

長袖シャツのたたみ方に裏ワザはない 長袖のシャツは半袖の物よりちょっとたたみづら …

 - ファッション, 家事 シャツ