たけのこをおいしく食べる特集 ゆで方・あく抜き・保存など

たけのこイベント
この記事は約4分で読めます。
春と言えばたけのこが美味しい季節ですね。たけのこ

スポンサーリンク

たけのこはあく抜きが大変で
敬遠してしまいがちですが、
生の物は風味が違いますから
自分でたけのこをゆでて春を楽しんでみたいですね。

たけのこは掘ってから時間が経てば経つほど
えぐみが増してしまいますので、
入手後すぐに加熱をしてえぐみが増すのを
ストップさせる必要があります。

たけのこのあく抜き

たけのこのあく抜きには米ぬかを使うのが
一般的です。

スーパーでたけのこを売っている近くには
米ぬかが必ず一緒に置いてありますが、
買ってくるのを忘れたり、いただいた物だったりすると
米ぬかの準備がなかったりしますね。

そんな時は米のとぎ汁であく抜きをすることが
出来ます。


たけのこのあく抜きは皮つきのままでゆでると
とにかく時間がかかります。

もちろん下処理として皮に切れ込みは入れますが、
あれだけしっかりした皮に包まれているのであれば
仕方ない事だと思います。

たけのこを皮つきのまま茹でると
皮の風味がたけのこに移っておいしくなると
言われていますが、皮をむいて茹でたら
驚くほど短時間でたけのこが茹で上がります。

ゆで時間が短くなりますので、
ガス代の節約にもなりますね。


スポンサーリンク


たけのこのあく抜きを重曹でする手もあります。
重曹でする場合はお湯をアルカリ性にして
アクの成分をゆで汁に流出させる仕組みです。

掘ってから時間が経ってしまったたけのこや
スーパーの特売で販売されていたたけのこは
重曹でゆでるとあくが抜けやすいです。

圧力鍋は固い物をゆでる時に
時間が短縮できますが
たけのこを茹でる時にも
もちろん使えます。

圧力鍋の構造上、米ぬかを使って茹でるのは
好ましくないケースもあるようです。

圧力鍋でたけのこを茹でる場合のコツはこちら。


米ぬかを使わずにたけのこのあく抜きをする方法をまとめました。


たけのこのあく抜きは時間がかかる物なので、
使う道具やゆで方によってどのくらい時間が変わるのかを
まとめてみました。

たけのこを茹でるのは時間がかかると思いがちですが、
そんなに時間がかからずにできる方法もありますよ。


たけのこの保存方法

たけのこはあんまり長期保存に向きません。
冷蔵庫で保存する場合のポイントや期間について
まとめました。

ちょっとした工夫で通常よりも長持ちさせる方法も。

冷蔵庫で保存しても食べきれないほどに
沢山のたけのこがある場合、冷凍しておくのが
おすすめです。

冷凍するとき、解凍するときのコツをまとめました。

これで解凍後にスカスカのたけのこになるのを
防げますね。

たけのこを上手に冷凍保存する方法 コツとポイントを押さえて長持ちさせよう

たけのこのカロリー・栄養

たけのこは食物繊維が豊富でカロリーが低いので、
ダイエット中の方にもおすすめです。

ビタミン類もたくさん含まれていますので、
旬のたけのこを食べて若返りを目指してみては?


スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました