猫好き栄養士の気まぐれNEWS

猫バカな管理人が季節のイベント情報、食べ物のこと、家事のことを気まぐれに語ります。

*

ひな祭りにはまぐりのお吸い物を食べる意味とは? 砂抜き方法やおいしく作るコツ

      2015/05/25

はまぐり

ひな祭りにはまぐりのお吸い物をいただく意味

ひな祭りには、はまぐりのお吸い物をいただくのが習わしですよね。
どうしてひな祭りにはまぐりのお吸い物をいただくのか、
はまぐりのお吸い物のおいしい作り方レシピ、
はまぐりの栄養などについて調べてみました。

スポンサーリンク


理想のパートナーに巡り合えますように

ひな祭りにはまぐりのお吸い物をいただくのは、
はまぐりの貝殻は他の貝とぴったり合うことがないため、
一生をいっしょに歩いていけるパートナーに巡り合えますように、
と言う願いが込められています。
また、女性の貞節を表しているとも言われています。

はまぐりの旬は春


春は、はまぐりが産卵期を迎える直前でおいしい時期だったこともあり、
ひな祭りに蛤のお吸い物をいただく風習ができたのでしょうね。
4月ごろにはおいしい時期を過ぎてしまうようです。
また、近年の水質汚染の影響で採れるはまぐりの量が減ってきているとか。

はまぐりの名前の由来


はまぐりの名前の由来を知っていますか?
浜の栗で”はまぐり”なんだそうです。
形が栗に似ているところからきているようです。

また、かなり昔から食べられているようで、
縄文時代の遺跡からもはまぐりの貝が出土されているようです。
縄文時代の人もお吸い物を作っていたのでしょうか・・・?

はまぐりは生食できない


はまぐりには「アノイリナーゼ」と言う酵素が入っていて、
ビタミンB1を分解してしまう働きがあるので、
ビタミンB1不足になる危険があるそうです。

だから、はまぐりは生では食べないのですね。
「アノイリナーゼ」は加熱をしたらその働きが失われますので、
加熱をして食べるようにしないといけないですね。

海鮮ものは鮮度がよければ生で食べる物も多いですが、
ここにもちゃんと意味があるのですね。

はまぐりのうまみ成分


“はまぐり”のおいしさのひみつは、
はまぐりが持っているうまみ成分のコハク酸です。
コハク酸以外にもグルタミン酸・グリシンなどのうまみ成分も
含んでいます。

グルタミン酸は鰹節にも含まれるうまみ成分ですので、
はまぐりのお吸い物は本当にシンプルな味付けでいただくのがいいですね。

このコハク酸ははまぐりの実の中に蓄えられている物なので、
この水分をこぼさずに調理するのが美味しくいただくコツです。
お吸い物の場合はそのコハク酸を含んだうまみたっぷりの汁を
そのままいただけるので、はまぐりを美味しくいただくために
ぴったりの調理法と言えますね。

スポンサーリンク


はまぐりの砂抜き


では、はまぐりのお吸い物を美味しく作るコツですが、
まずははまぐりの砂抜きをしてしっかりと砂を吐かせましょう。
砂抜きには、塩分濃度3%くらいがいいとされていますので、
約100mlの水に対して3gの塩を入れるといいですね。
水の量ははまぐりの頭がちょっと出ているくらいがベストです。
(要ははまぐりが海にいた時と同じように水につけてあげるのがいいです。)

この状態で2~3時間くらい放置しておくとはまぐりが砂を出してくれます。
はまぐりにしっかり砂を出してもらうためには
水温が15~20℃くらいだといいようです。

冷蔵庫に入れたくなりますが、低温すぎてはまぐりが休眠状態になってしまって
砂を出してくれないので、上記温度になる暗い場所に放置してみてください。

はまぐりがせっかく出してくれた砂をまた吸い込まないように
はまぐりの下にざるなどを敷いておくといいらしいですね。
もし可能なら、そのようにしてみてくださいね。

はまぐりのうまみを引き出すためには水から加熱する


はまぐりの砂抜きが終わったら、
水をお鍋に入れてはまぐりを入れて煮て行きます。
はまぐりを水から煮ていくことでうまみ成分を引き出せますので、
水から入れて煮ていくようにしてくださいね。

はまぐりはあんまり長時間似てしまうと実が固くなってしまい
おいしくないので、火が通ったら味付けをして完成です。

この時、はまぐり自信が塩分を含んでいますので、
塩は控えめでいいと思います。

味見をして様子を見ながら塩加減するのがいいですね。

もしはまぐりを使い切れない場合は
砂抜き後の物を冷凍保存することも可能です。

使い切れないはまぐりは冷凍保存を


冷凍保存することで、貝の実の組織が壊れてくるので
うまみ成分が引きだしやすくなるそうです。
余ったはまぐりをいつまでも冷蔵庫に入れておくよりは
冷凍してしまった方が美味しさを保てるので、試してみてくださいね。

スポンサーリンク

  おすすめ記事

柏餅
柏餅のカロリーと栄養 ビタミン・ミネラルたっぷりでこどもの日に若返りを目指そう

柏餅は中身が二種類 柏餅と言えば、こどもの日に食べるお餅ですが 小豆が入っている …

美容院で成人式の着物の着付けとメイクをする時イメージ通りに仕上げるための事前準備

成人式当日のメイクはどうする? 成人式に着物で参加する場合、 メイクをどうするか …

恵方巻き
恵方巻きの食べ方 お醤油を付けるのは最初だけ 願い事が終わったら好きに食べてOK

恵方巻きは関西の一部の風習? 恵方巻きは関西の方の風習で、節分の日(2月3日)に …

母の日
母の日特集 プレゼントやメッセージカードの選び方

母の日は一年に一度お母さんに感謝する日。 出来るだけ最善の一日が過ごせるように …

飲み会 お店
飲み会の店選びのポイント これだけは最低限抑えておこう

飲み会の時のお店選びのポイント 飲み会のお店の予約をする時、どのように選んだらい …

ひなあられ
ひなあられの由来 関東と関西では異なる味 関西ではチョコあられが大人気

ひなあられとは ひなあられはひな祭りの時に欠かせない食べ物の一つです。 雛人形は …

母の日
夫から妻へ母の日のプレゼント 何もしてくれないと不満を抱く人は意外と多い

母の日のプレゼントを夫から 母の日はお母さんに普段の感謝を伝える日ですが、 夫か …

小豆粥を小正月に食べる由来は無病息災を祈る サポニンの栄養でダイエットにも良い

小正月には小豆粥 小正月には小豆粥を作って食べて一年の無病息災と、 デトックスを …

バレンタイン
バレンタインのラッピング特集 生チョコやトリュフのかわいい包み方

バレンタインは一大イベントの一つです。 プレゼントする相手のことを考えて チョコ …

星空
夏至・冬至のキャンドルナイトはどんなイベント?

夏至とは 夏至は6月20日か21日で、 一年のうちで一番昼の長い日です。 暑さが …

 - イベント, ひなまつり ひまなつり