猫好き栄養士の気まぐれNEWS

猫バカな管理人が季節のイベント情報、食べ物のこと、家事のことを気まぐれに語ります。

*

古くてパサパサとした食感のお米をおいしく甘く炊く方法

      2015/09/22

米

古いお米でもおいしく炊くために

おいしいお米を食べたいけど、
どうしてもうまく炊けない
という場合がありますね。

お米が古くなってくると
水分が飛んで乾燥してしまいがち。

そんなお米でも新米のように
おいしく炊く方法がありました。

もちろん古いお米限定ではないので
新米で試していただいたら
さらにおいしいご飯に炊きあがりますよ。

古いお米でもおいしく炊く方法について
ご紹介していきます。

スポンサーリンク

お米をおいしく炊くためのポイント


1.水質

お米を炊く時にはどんな水を使っていますか?

水道水をそのまま使っている方も
多いのではないかと思います。

おいしく炊くためには
浄水器を通したお水か、
ミネラルウォーターを使うように
してくださいね。

水道水には塩素などの成分が
含まれているため
お米のおいしさを減少させて
しまうことが考えられます。

お米を炊く時だけミネラルウォーターを
使うという方もいるかもしれませんが
最初にお米が水に触れる時、
お米に水分が吸収されます。

そのままご飯を炊きあげることになりますので、
洗米の時から浄水器のお水を
使うようにしてくださいね。

2.温度


水の温度が高いとお米が発酵してしまって
ニオイがついてしまうので、
おいしく炊くことができません。

夏場などの気温が高い時は、
お米を水に浸しておくときに
冷蔵庫に入れるなど、お米が
発酵してしまわないように気を付けましょう。

夏場はお米を水につけておく時間が
少なくて大丈夫ですから、
常温においておく場合は
30分を目安にするといいでしょう。

お米の吸水時間

時間を長く置き過ぎてお米が
ふやけるということはないので
長くつけておくのは大丈夫です。

夏場の場合は常温に置いておくと
お米が発酵してしまいますので、
冷蔵庫などで冷やしながら水に
つけておくようにしてくださいね。

スポンサーリンク


お米が十分に水を吸ったサイン

お米を見たときに全体的に白っぽくなっていれば
十分に水を吸っているサインなので
お米を炊いていくようにしましょう。

お米に十分に水を吸わせて炊いたら、
もっちりとした甘味のある
ご飯に仕上がります。

固めの物が好きな方は水加減を少し控えるか
水につけておく時間を少し短めに
切り上げるといいかと思います。

塩を一つまみ、で甘さを引き出す

お米を炊く際に塩を一つまみ入れて炊くと、
甘味が引き出されておいしいご飯に炊きあがりますので、
試してみてくださいね。

これはスイカを食べる時に
塩をふりかけて食べたりしますが、
これと同じ原理で、少し塩分があると
甘味を感じやすくなるためです。

隠し味のような物ですので、
ほんのちょっとでOKです。

お米を甘く炊く方法

お米を炊くときに水からお湯に変わるペースが
ゆっくりであればあるほど甘くておいしいご飯が
炊けるとされています。

だから、冷たい水でごはんを炊くといいのです。

氷を使って水温を下げるのも○

ご飯を炊く時の水を冷たくするために
水の量を少し控えめにしておいて
氷を入れるとさらにおいしくご飯が炊けます。

お米の炊き方で、
はじめちょろちょろ、の部分を
氷を使うことで実現させてしまう
ということです。

この方法であればそんなに
手間が変わらないので、お手軽でいいですね。

お米が古くなったからといって
捨ててしまってはもったいないですし
お米を作ってくれた農家の人にも
悪いですよね。

きちんとおいしく食べきって
新しいものを買うようにしたいですね。

そうはいってもおいしくないお米を
食べ続けるのはストレスになりますから
炊き方を工夫しておいしいご飯に
炊きあげて食べるようにしたいものです。

いつものご飯がよりおいしくなったら
食事も楽しくなりますね。

スポンサーリンク
style="display:inline-block;width:600px;height:400px"
data-ad-client="ca-pub-7332008026934789"
data-ad-slot="7309355681">



style="display:block"
data-ad-client="ca-pub-7332008026934789"
data-ad-slot="4667667282"
data-ad-format="autorelaxed">

  同じカテゴリの記事

白滝
カロリーを大幅ダウンする お米にこんにゃくを混ぜて炊く手順とメリット

糖質の制限から始めるダイエット ダイエットには炭水化物などの 糖質制限から始める …

おにぎり
子供が食べやすいおにぎり弁当の人気の具は?のりや形を工夫してキャラ弁を作っても◎

おにぎり弁当は子供にも人気 子供はおにぎりのお弁当が大好きです。 人気のある具と …

炊飯器
炊飯器で保温し続けるとご飯が腐る? 炊いた後のお米をおいしく保存する方法

お米をおいしく炊いたあとは お米をおいしく炊いていたとしても、 時間が経つとどん …

おにぎり
おにぎりの海苔の巻き方 しっとり派の噛み切れない悩みをスッキリ解消させる裏ワザ

おにぎりの海苔に関東と関西の違いが? おにぎりの海苔にも関東と 関西とで違いがあ …

潮干狩り
潮干狩り特集 あさりをたくさん獲るコツ・砂抜き・保存

温かくなってくると 潮干狩りなどの海辺のレジャーに出かけたくなりますね。 スポン …

甘酒
麹とお米で作った甘酒の驚くべき健康&美容効果 毎日飲みたい理由とは?

甘酒を飲むタイミング 甘酒というと、ひな祭りの日や お正月に飲むイメージですね。 …

たけのこ
たけのこのあく抜きに圧力鍋 時短出来るから光熱費の節約にも

圧力鍋でたけのこのあく抜き 圧力鍋をお持ちでしたら、たけのこのあく抜きを 短時間 …

梅
梅味噌を梅酒の梅で作る簡単でおいしいレシピ

梅酒を漬けた後の実の利用法 梅酒を漬けた後の梅の実の再利用法第二段です。 前回は …

おにぎり
おにぎりのハムとチーズは焦げ目がポイント 生ハムで巻くとビックリするくらい旨い!

洋風おにぎりが人気 おにぎりは昔ながらの具も人気ですが、 最近では新しいタイプの …

じゃがいも
栄養たっぷりのじゃがいものカロリーは高い?お米と比べてどちらが低い?

じゃがいもは意外に低カロリー じゃがいもはカロリーが高いイメージがありますが、 …

 - , 食べ物