大雨や強風の台風対策 窓・屋根・雨樋などのチェックポイント

台風災害
この記事は約4分で読めます。
台風

台風の風による被害

台風が来ると、強い風が吹きますね。

中心部分が近くなると、
木が折れたり、
看板が外れたり、と
自然の力が怖くなる位の風がふきます。

風が強くなると、心配に
なってくるのが家の外側ですね。

一戸建てなら屋根や窓、雨樋などでしょうか。
マンションでも窓が心配です。

暴風雨になってからでは対策
することができませんので、
台風が来そうだと思ったら、
事前に対策をしておきましょう。

台風の窓などの対策についてご紹介します。

スポンサーリンク


まずはすべての住居で
心配な窓から。

窓はある程度強くできて
いますので、強い風が吹いたと
してもそれだけが原因出割れる事はまずありません。

実際、我が家でも台風で窓ガラスが
割れた事はありません。
(運がよかっただけかもしれませんが・・)

物がぶつかって窓が割れる

台風で窓が割れるとしたら、
ものがぶつかって割れるという
ケースがほとんどです。

屋外には様々なものを置いている
ケースも多々ありますので、
台風が来るとわかったらどこかに
片付けるか、飛ばない様に固定しておく
などの対処が必要になってきます。

外に置いてあるものとしては、
植木鉢や自転車、ベビーカーなどが
ありそうですね。

他にもあるかもしれませんが、風を受けて
倒れそうなものや飛んでしまいそうな
ものはすべて片付けておきましょう。

そうしないと風で飛んできて
窓ガラスを割ってしまうかもしれません。

植木鉢はいいとして、それ以外のものは
雨が吹き込んで来て濡れてしまうと
使うのにも支障が出てしまいますので、
一時的にでも家の中などにしまっておきましょう。

飛散防止フィルム

窓が割れてしまった時には、
飛散防止フィルムが貼ってあれば
飛び散りを防止する事ができます。

上手に貼るのにはコツがいりますので、
ちょっと難しいですが、断熱効果もあるので、
暖房や冷房の効率を高める事ができます。

防犯にもなりますし、一石二鳥です。

ただ、飛散防止フィルムはいいところ
ばかりではなく、太陽の光で熱せられると
ガラスが暑さに耐えられなくなって
割れてしまう事もあります。

窓の向きが直射日光が差し込む位置に
向いているなら、熱で割れるかも
しれない点を念頭においてフィルムを
選んでみてくださいね。

飛散防止フィルムを楽天でチェック

スポンサーリンク


屋根

台風の強風によって瓦が飛んでしまったり、
屋根がめくれてしまったりしている
ニュースを毎年目にする事と思います。

屋根は毎日太陽にさらされて、
時には雨や雪から守ってくれているので、
どうしても劣化してきたりするものです。

瓦が飛んで被害に

瓦などは飛んでしまったら近所の方に
迷惑がかかってしまいますので、
事前にしっかり対策をしておきたいところです。

屋根は斜めになっていたりするケースが
多いので、素人が点検をすると危険なので、
屋根の点検をしてくれる業者の人に
頼んで見てもらうのがおすすめです。

業者によっては無料で点検してくれる
ところもあるようなので、そういうサービス
の利用を検討するのもいいですね。

屋根のメンテナンスをしておかないと、
雨漏りの原因にもなりますので、
台風が来る前に済ませておくようにしましょう。

壊れたら火災保険が使える事も

万一屋根が台風で破損してしまった
場合、火災保険で直せる場合が多い様です。

火災保険に加入しているなら、
保険屋さんに相談してみると
保険が使えるかもしれません。

雨樋

雨樋はゴミが詰まっていると
雨水がスムーズに流れないので、
台風が来る前に取り除いておきましょう。

それと、固定が緩んでいたりすると
台風の影響で外れてしまう事も
ありますので、緩んでいる部分が
ないかも併せてチェックしておきましょう。

台風の進路になりやすい地域は
特に念入りに屋根や窓の対策をして
おかないといけません。

台風が発生したら、ニュースなどで
進路予想を確認して事前準備して
慌てない様にしておきたいですね。

スポンサーリンク


タイトルとURLをコピーしました