台風が発生するのは何月?関東へ直撃する時期の目安の予想法

台風災害
この記事は約3分で読めます。
台風

台風情報をこまめにチェック

台風は時に大きな被害をもたらすので、
多発する時期になったら天気予報を
しっかりチェックして備えて
おかなくてはいけませんね。

特に台風で被害が出やすい
地域は要注意です。

普段何気なく、台風のニュースを
聞いていたりしますが、実際にいつの時期に
多発しているのか正確には知らない
ケースも多いと思います。

実際、私も台風がいつの時期に
多いのか、あんまり意識したことが
ありませんでした。

台風が来そうな時期があらかじめ
わかっていれば早く手を打つことができますね。

台風の時期についてご紹介します。

スポンサーリンク


台風が多い月

台風が多い季節は秋!という
イメージがありませんか?

しかし実際に調べてみると年に
よるとは思いますが、ピークは8月と9月でした。

次いで、7月と10月が同じくらいの件数です。

9月と10月が一番多いのかなと
思っていたので、ちょっと意外でした。

台風は秋!と思い込んでいると
準備が遅れます。

夏の終わりには台風の発生が
あるかもしれないと思って備えておきましょう。

お盆休みに直撃する?

ただ、7月から台風が多い年は
例外かもしれませんがそれ以外の
時期は8月の下旬から台風が
増えてくるので、お盆の時期は
さほどリスクが高くなさそうです。

スポンサーリンク


台風が夏の終わりに多い理由

台風が夏の終わりに多い理由が、
台風の発生のしくみにあります。

海水が太陽の熱で温められて、
水蒸気になります。

そして、水蒸気が空に上っていくと、
冷やされて雲になっていきます。

雲が積み重なって積乱雲に

これを繰り返していくと次第に
雲が大きくなって雷雲の
積乱雲になります。

もっと繰り返していくと、
反時計回りに回りの雲を
巻き込んでいく台風の形になっていきます。

台風ができるためには、海水の温度が
高い必要があるため、夏の終わりで
海水温度が上昇した頃に増えて来ます。

海水が26℃以上になると

目安として海水温度が26℃以上に
なってくると台風の発生リスクが高まります。

台風が来る時期

台風が発生したとしたら、
何日くらいで自分のいるところまで
来るのかって大事ですよね。

予測ができれば計画が立て
やすくなるという物です。

でも台風がどのくらいの速度で
やってくるかについては、
そのときの気圧配置などによって
左右されます。

発生前からシミュレーション
することができません。

早い台風 遅い台風
ニュースなどで台風の速度について
報道していますが、すごくゆっくりした
速度で進んで来る物と、あっと言う間に
抜けていく台風とがあるのはこのためです。

台風の進路に前線などがあれば
先に進めずにゆっくりになったり
停滞してしまったりしますが、
そうでない場合には早く抜けてくれます。

速度のシミュレーション

台風が発生したら、その時の気圧配置などを
参考に予想進路や速度がシミュレーション
できるようになり、報道されます。

お出かけを予定されている時は、台風の予備軍が
いるかどうかも含めてチェックしておくと
参考になりますよ。

台風の発生する場所は様々ですが、
多くは赤道近くの熱帯地方で発生しています。

日本にやってくるかどうかはわかりませんが、
このあたりの地域の天気も気にしておくことで
台風に関する情報を得やすくなるかもしれませんね。

日本に影響のありそうな台風の情報は
ニュースでも報道されますので、
ニュースのチェックもお忘れなく。

台風はほんの一時だけ上陸して
過ぎ去っていきますが、通る場所によっては
大きな被害をもたらします。

できるだけ被害を最小限に
とどめられる様に最新情報に
注意を払っていきましょう。

スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました