テフロン・鉄・セラミック・ステンレスなどフライパンの選び方とおいしいレシピのまとめ

フライパングッズ
この記事は約9分で読めます。
フライパン
万能アイテムのフライパン
フライパンって一つあればいろんなことに
活用できる万能アイテムですよね。

さっと炒め物を作ることもできるし、
煮ることも、揚げることもできます。

そんなフライパンを上手に活用することで
お料理の腕を上げた様に見せたりすることだって
可能です。

フライパンの選び方からレシピまで
まとめて行きます。

是非フライパンで時短でおいしい料理を
作ってみてくださいね。

スポンサーリンク


フライパンの種類と選び方

セラミック

くっつきにくいフライパンとして
最近話題を集めていますね。

CMなどでやっているので
手にしたことがある方も
いるのではないでしょうか。

セラミックのフライパンは
テフロンの物と違いちょっとコツがいります。

このコツを知らないで使いにくい!と
ストレスを抱えている人も多い様ですね。

簡単なコツ、ご紹介します。


ステンレス

ステンレスのフライパンは
コーティングされていないので、
長く使うことができるのがメリットの一つです。

コーティングされているフライパンと比較すると
くっつきやすいですが、油がなじむと
とっても使いやすいフライパンになります。

どちらかというと鉄のフライパンと同じで
育てるタイプのフライパンです。


テフロン

テフロン加工のフライパンは
コーティングされているので
くっつきにくいので人気です。

価格が安いのも人気の理由の一つですね。

ただ、コーティングがはがれてくると
くっつきやすいフライパンになるので、
定期的に買い換えが必要です。

長持ちさせるコツをまとめてみました。


鉄のフライパンは高温で熱しても
全然問題ないので、揚げ物を作るのに
最適です。

しかも、シーズニングの後のフライパンで
揚げ物をしたら油なじみもよくなります。


シーズニング

鉄のフライパンを買ったら
まず最初にやることがシーズニングです。

さびない様にコーティングしている物を
熱で焼き切る感じです。

なれないうちはちょっと大変ですが
きちんとやっておくことで
使い安いフライパンになってくれます。


焦げ付きの落とし方

鉄のフライパンはほかの物と比較して
焦げ付きやすいデメリットがあります。

油がなじむまではテフロンの方が
楽かも・・・と戻りたくなるかもしれません。

鉄のフライパンは焦げを落とす時に
荒療治しても大丈夫なんです。


IH

IHは火を使わずに調理するので
火災になりにくいイメージがあります。

確かに引火したりといったことを
考えると安全そうな気がします。

IHで揚げ物をする時には
コンロのセンサーで管理するので、
コントロールするのが間に合わないことが
ある様です。


収納

フライパンは調理する物によって
使いやすいサイズが異なるので、
数種類あった方が便利です。

だけど、大きい物なので、
収納のスペースが多いのも
悩みの種ですね。

上手なフライパンの収納法、
調べてみました。


スポンサーリンク


フライパンを使ったレシピ

リゾット

リゾットはお米をアルデンテに仕上げて
洋風のおじやのように作ります。

炊いたお米で作ってもいいのですが、
生のお米から作った方がちょうどいい食感に
仕上げることができます。

リゾットはなんだか難しそう、と
思う方もいるかもしれませんが、
基本のレシピさえわかっていれば
さほど難しくはありません。


さんま

さんまは秋の味覚の代表選手。

新鮮なさんまを塩焼きにして
大根おろしと一緒にいただくのは
最高に贅沢な気持ち煮なります。

さんまの塩焼きはおいしいですが、
作った後のグリルの掃除を考えると
ちょっと敬遠してしまう、なんて方も
多いのではないでしょうか。

実はフライパンでもおいしくさんまを
焼くことができます。

塩焼き以外にも旬のさんまを
味わうためのレシピを
集めてみました。


焼き魚

干物を焼いたり、
鰺などを焼いたりするのも
もちろんフライパンでできます。

焼いていると水分がどんどん抜けて行くので
ふっくら仕上げるのにはちょっとしたコツがあります。


とうもろこし

生のとうもろこしを茹でるためには
お鍋煮たっぷりお湯を沸かして茹でるのが一般的です。

とうもろこしは夏の味覚なので、
たっぷりのお湯を沸かすのは
暑くて大変なのでできれば避けたいところ。

そんなときに活躍してくれるのが
フライパン。

ささっと茹でて、うまみを逃さない茹で方、ありますよ。


グラタン

グラタンはホワイトソース作りが
最大の難関。

小麦粉のダマが残ってしまったりして
つい出来合のホワイトソースに
頼ってしまいたくなります。

じつはちょっとしたコツをつかめば
ホワイトソースはそんなに難しくありません。

失敗しにくいレシピでおいしいグラタンを
作ってくださいね。


だし巻き卵

だし巻き卵は毎日お弁当に入れる、
必須アイテム。

ただ、おいしく作るには
コツがいります。

特に少ない人数分で作ると
きれいな形にまとまらないことも
ありますね。

キレイ煮だし巻き卵を作るには
どうしたらいいか、まとめてみました。


パスタ

パスタを作る時は大きなお鍋に
たっぷりのお湯を沸かして・・・

普段はこんな風に作っているかと
思います。

作る人数が多い時はフライパンでは無理ですが
少人数の時にはフライパンで作ることもできます。

お湯の量が少なくてすみますので、
時短になります。

そして、もちもちの生パスタの様に
仕上げることができるので、
いつものパスタでお店の味♪


揚げ物

フライパンで揚げ物をすると
火災の危険があって怖い、と
感じている方、多いですよね。

確かに少量の油でやりますので、
あっという間に高温に達してしまう
デメリットはあります。

火災を避けるためには
こんなところに気をつけて、
をまとめました。


お弁当の揚げ物

毎日お弁当を作るのであれば
飽きが来ない様にレパートリーを
増やしておきたいところ。

揚げ物はおいしいですが、
冷めるとおいしくなくなったり
することもありますよね。

冷めてもおいしいレシピ集めました。


フライパンで揚げ物

フライパンで揚げ物をすると
メリットがたくさんあるんです。

まず、油の量が少なくてすみます。
ですので後片付けが楽ちんです。

底が広いので、一度煮たくさんできるのも
メリットですね。

フライパンで揚げ物をする時の
コツと注意をまとめました。


とんかつ

サクッと揚がった揚げたてのとんかつには
幸せを感じるほどのおいしさがありますね。

外出食べれば結構いいお値段がしますので、
できれば自分でおいしく作りたいところ。

とんかつのお悩みといえば、
衣がはがれやすいことではないでしょうか。

そんなお悩みを解決する方法、
ご紹介します。


天ぷらの衣

天ぷらは揚げたてはおいしいですが
時間がたってもおいしい状態を
キープするのが難しいですね。

冷めてもおいしい天ぷらを作るコツは
衣にありました。


天ぷらの下準備など
天ぷらは素材によって揚げる順番を
変えるべきです。

なぜなら、水分が出てきやすいものは
たべる直前に揚げないとおいしくないからです。

複数の素材を揚げるなら、
順番に気をつけるだけでも
いつもよりおいしく仕上げることが
できますよ。


唐揚げ

鶏の唐揚げは好きな食べ物ランキングに
必ずといっていいほど入っていますね。

お弁当にもおつまみにもあうので、
やっぱりマスターしたいですよね。

おいしく揚げるにはコツがあるので、
一つずつマスターしていきましょう。



フライパンはいろんなレシピで
活躍してくれる万能アイテムです。

素材もいろいろあって、
自分の目的にあった物を
チョイスするとさらに便利度が
広がります。

上手にお手入れして
長持ちさせる様にするといいでしょう。

個人的には鉄のフライパンや
ステンレスのフライパンなどは
使い捨てしなくてすむので
結果として経済的だと思っています。

テフロンの買い換えに???と
感じている方はチャレンジしてみてくださいね。

スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました