セラミックのフライパンの安全性と欠点 焦げ付き防止のコツと長持ちさせるお手入れ法

フライパングッズ
この記事は約5分で読めます。
フライパン

話題のセラミックフライパン

最近はセラミックコーティングの
フライパンが人気ですね。

セラミックは意外にも歴史が古く、
熱しても有毒なガスがでないという
安全性も人気の理由の一つです。

白い物が多いので、
見た目が美しい、というのも
ありますね。

見た目がキレイなフライパン

キッチンでは、使う道具によって
かなり気分が変わってきますから、
キレイなフライパンを使う事で
上機嫌でお料理できる事にもつながりますね。

そんな良いところたっぷりの
セラミックのフライパンについて
ご紹介します。

スポンサーリンク


セラミックとは

セラミックは陶磁器の事で、
非常に固い性質を持っています。

そのため、コーティングされている
テフロンのフライパンと比較すると、
コーティングが剥がれにくいです。

耐熱温度は450度とも言われているの
ですが、強火は厳禁です。

コーティングの劣化を早めてしまいます。

中火以下で使用

テフロンもセラミックも基本的には
中火以下で使うのがベスト、とされています。

揚げ物とか、高温で作る料理の時には
適していないフライパンですので、
用途別に使い分けるのが得策です。

揚げ物は鉄かステンレス、アルミなどの
コーティングのないフライパンを使う様に
しておく事をおすすめします。

揚げ物用として使いやすいのは
ステンレスかアルミのフライパンです。

鉄のフライパンも使いやすいですが、
お手入れがちょっと面倒なのが残念なところです。

セラミックのフライパンの安全性

セラミックは陶磁器をコーティングした
様な物なので、高温下においても
有毒ガスが発生する事はありません。

ただ、劣化を早めるのでやめた方が良いです。

テフロンだと高温になると有毒ガスが
発生すると言われていますので、
その点セラミックは安心ですね。

スポンサーリンク


セラミックフライパンの欠点

セラミックのフライパンの欠点は
油を引かなくてはいけないところです。

テフロンのフライパンを使っている方は
油を使わなくても調理できるので、
使っても少量の油しか使わないケースがあります。

セラミックのフライパンは油を必要と
しますので、少なすぎるとくっつく原因になります。

テフロンになれると使いにくいかも

テフロンを使っていた方が、セラミックの
フライパンに変えたらくっついてしまって
使いにくい、という話を良く聞きます。

おそらく最初に油を引かないか、
少なすぎるか、どちらかの原因で
くっついてしまっているんだと思います

テフロンのフライパンを今まで使っていた方は
油の量をちょっと多めに、を心がけて見てください。

これだけでも焦げ付きをだいぶ減らせるはずです。

セラミックフライパンの焦げ付き対策

セラミックのフライパンは油をしいて使う
と書きましたが、余熱は時間を短くしてください。

あんまり長く余熱してしまうと
温度が高くなりすぎて焦げ付きの原因になります。

焦げ付きが発生するとそこから
くっつきやすくなって悪循環が
発生します。

できるだけフライパンが高温にならずに
調理できる方法を考えなくてはいけません。

高温調理には向かない

どちらかというと、野菜炒めとかの
短時間で高温の調理より、
ゆっくり加熱していく料理の法が
セラミックのフライパンは得意ですね。

高温で細かいことを気にせずに調理したい時は
やっぱり鉄かステンレスがおすすめ。



焦げ付いた時ですが、
金属のたわしを使うと
コーティングがはがれてしまうので、
おすすめできません。

セラミックのフライパンもテフロンと同じ
コーティングしてある物なので、
やさしく柔らかいスポンジなどで
洗うのが正解です。


テフロンより割高

それと、セラミックのフライパンは
テフロンのフライパンと比較すると
ちょっと割高になっていますので、
ここもデメリットと呼べそうですね。

そして、セラミックのフライパンも
ずっと効果が続くわけではないので、
買い換えする時がやってきます。

早い人だと半年程度で使いにくさを
感じることもあるようなので、
テフロンより寿命が短いと思った方が
いいかもしれません。

セラミックのフライパンはちょっと
いいお値段がするものも多く存在していますので、
大事に使って長持ちさせて行きましょう。

セラミックのフライパンなら、
コツをつかめば餃子とかのくっつきやすい
料理にもチャレンジできそうですね。

スポンサーリンク


フライパンは誰でも手軽に使えて
便利な調理アイテムですよね。

手間はかけたくないけど
おいしい物を食べたいって時は
フライパン一つでできる料理がおすすめ。

フライパン一つで
いろんなことができてしまうので、
簡単なのに手の込んだような
料理だって作れちゃいます。

フライパンを使った簡単レシピや
お手入れ方法についてまとめページを
作りました。

こちらも合わせて見てくださいね。

タイトルとURLをコピーしました