バレンタインの友チョコのラッピングは100均で おしゃれでかわいい!

バレンタインイベント
この記事は約3分で読めます。
バレンタイン

最近流行の友チョコ

バレンタインと言えば、最近は友チョコも流行っていますね。
女の子同士で友達にチョコを作って交換するのが友チョコです。
本命にあげるよりこっちの方が多いかも・・・と言った印象です。
スポンサーリンク

友チョコはどうしても数が多くなりがちなので、
ラッピングの費用なども頭が痛いですね。
100均を利用してかわいいけど費用はあまりかけない
リーズナブルなラッピングをして友チョコをプレゼントしたいですね。


友チョコのラッピングは100均を上手に活用

最近では100均でも驚くほどかわいいラッピングが増えてきていますね。
これらをうまく使ったら素敵な友チョコのプレゼントができますね。

何を誰に何個あげるのかによってどのようなラッピングにするのかが異なりますので、
まずはこの辺をしっかり計画していきたいですね。お子さんが小さい場合は
誰にどのような物をあげるのか、を事前に聞いておいて準備を進めたいですね。


作ったチョコをかわいいアルミホイルでくるむ

まず一番多そうなチョコを溶かして型に入れてプレゼントする場合ですが、
かわいいアルミホイルが売っていますので、それでひとつずつ包んだらかわいいですね。
チョコにちょうどいいサイズでない場合はちょっと手間ですが、
はさみなどでカットして使うときれいにできますね。

チョコを包む用のサイズの物も売っていますので、
数がそんなに多くない場合はそちらを使うのもいいかもしれません。
形状によってはトレーシングペーパーのような物で包んで
ラッピングするのもおしゃれかもしれませんね。


クッキーの場合もアルミホイルが大活躍

次に多そうなクッキーを焼いてプレゼントする場合。
これはできれば一枚ずつラッピングしておきたいですね。

クッキーだけをプレゼントするのであれば袋に直接そのまま入れるのもアリですが、
そうではない場合他のお菓子がクッキーの油などで汚れてしまいますので、
この辺を配慮したいですね。


スポンサーリンク


トレーシングペーパーを利用する手も

こちらもかわいいアルミホイルで一枚ずつ包んでもいいですし、
トレーシングペーパーのような物でくるんでもいいですね。
トレーシングペーパーをクッキーのサイズに合わせてミシンで縫って
袋状にするテクも存在しているようです。

この時、糸の色を工夫したら、かなりおしゃれな入れ物が作れますね。
クッキーを袋に入れた後でシールで止めておけば立派なラッピングの完成ですね。

大きいサイズのカップケーキの場合は?

カップケーキを焼いてプレゼントする場合も、
トレーシングペーパーのテクが使えそうです。

サイズに合わせて袋を作るといいですね。

それとペーパーナプキンでくるくると包んで
上の方をヒモで結んで渡すのこともできますね。

最後にかわいい袋に一人分ずつ入れて渡したらいいのではないでしょうか。
もしくはおしゃれな紐でくるっと巻いてみるのもおしゃれですね。

バレンタインの友チョコは数が多くなる分ラッピングの費用もかさみます。
100均などを利用してできるだけリーズナブルにかわいく
ラッピングしていきたいですね。

スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました