猫好き栄養士の気まぐれNEWS

猫バカな管理人が季節のイベント情報、食べ物のこと、家事のことを気まぐれに語ります。

*

バスソルトでむくみ解消 一回あたりの適量と正しい使い方

      2015/05/10

バスソルト

バスソルトで肌すべすべ

疲れて家に帰ってきて、
温かいお風呂に浸かると
ホッとして疲れが取れていく感じがしますよね。

管理人はお風呂が好きなので、
けっこう長風呂してしまいます。

バスソルトを入れると
塩のミネラル分のおかげで
体の芯から温まれるので、
次の日スッキリと起きられるのと、
肌がしっとりすべすべになるので大好きです。

管理人はゆっくりお風呂に浸かることができる
休日の前にバスソルトを入れて
のんびりお風呂に浸かる事にしています。

スポンサーリンク

バスソルトにはどんな物を使う?

バスソルトに使う塩は天然塩なら何でもOKです。
塩に含まれるミネラル分が体を
温めたりしてくれる効果を発揮しますので、
ミネラルを精製してしまっている
食卓塩はバスソルトには向きません。

一般的には岩塩を使われる方が多いですね。

あとはクナイプなどの市販の物を使うのと
香りがプラスされているので好きな香りの物を
選んだらリラックス効果も期待できます。

ダイエットを目指したい方は
発汗効果をプラスしている物を選ぶと
たくさん汗をかけますね。

その場合はお風呂の入るちょっと前に
コップ一杯程度のお水を飲んでおくと
汗を出しやすくなります。

バスソルトを使う時、一回あたりの量は
だいだい50gです。

肌が弱い方は刺激になってしまう事もありますので、
まずは少ない量でやってみて徐々に増やしていく事を
おすすめします。

お好みでバスソルトの量を増やしても大丈夫ですが
あんまり増やすと肌がピリピリしてしまいますので、
ほどほどに。

浴槽がホーローやステンレス、
大理石などの場合には材質によっては
バスソルトを使うと浴槽を痛めてしまう
可能性がありますので、バスソルトの使用は厳禁です。

また、ふつうの浴槽であっても
バスソルトを大量に入れると浴槽や
風呂釜に影響が出るかもしれませんので
ご自宅のお風呂は大丈夫かどうかをまず
チェックしてみてくださいね。

スポンサーリンク


バスソルトの効果

バスソルトを使ったお風呂は
お湯に塩分をはじめとするミネラル分が
たくさん含まれています。

そのミネラルが肌から
吸収されてお肌がしっとりします。

ミネラルが毛穴を開かせてくれるので、
毛穴の汚れがスッキリ落ちるので、毛穴の黒ずみ対策にもいいです。

バスソルトの種類

バスソルトにも種類があって色が白い物、
ピンクの物、黒っぽい物など様々なものがあります。

バスソルトの色によって含まれている
成分が異なりますので、効能で選んでもいいですね。

黒っぽいバスソルトは、
硫黄の成分が含まれていて、
温泉にいったときに香ってくる
硫黄の臭いがします。

管理人の個人的な感想ですが
黒っぽいバスソルトの方が
しっかりと身体が温まるような
気がします。」
(温泉のようなにおいがするので
そんな気がするだけかもしれませんが。。。)

バスソルトにアロマオイルで香りをプラス

黒っぽいバスソルトには向きませんが、
匂いがあまりしないタイプの岩塩だったら
アロマオイルをプラスして
自分の好きな香りでリラックスするのもいいですね。

お風呂は夜に入ることが多いと思いますので
ラベンダーとかの安眠を誘うような
アロマをプラスしてリラックスを。

残り湯で洗濯

バスソルトを使った後の
お湯を洗濯などに使う場合には、
洗濯層をいためる可能性もありますので、
大丈夫かどうか確認してみてください。

そんなに濃い濃度でなければ問題ないかとも思いますが・・・。
市販のバスソルトの場合、洗濯に使えるか
どうかの記載がある物もありますので、
注意書きをよく読んでみてくださいね。

スポンサーリンク
style="display:inline-block;width:600px;height:400px"
data-ad-client="ca-pub-7332008026934789"
data-ad-slot="7309355681">



style="display:block"
data-ad-client="ca-pub-7332008026934789"
data-ad-slot="4667667282"
data-ad-format="autorelaxed">

  同じカテゴリの記事

空き缶
蚊を減らす発生源の対策 産卵と寿命などの生体を理解してリスク減

夏の厄介者の蚊 蚊は夏になるとどこにでも 出没するやっかいな存在です。 病原菌を …

血糖値
栄養豊富なお米でダイエット 血糖値を上げにくくするための食べ方

お米は栄養バランスがいい お米はあの米粒の中に たくさんの栄養が含まれた バラン …

いびき
いびき防止のために鼻の通りをよくするグッズ 口呼吸をやめるコツ

いびきを軽減するグッズ いびきを少しでも軽くして静かに寝れる様になる事で、家族の …

ヨーグルト
ヨーグルトで花粉症を軽減できる?効果を実感するためにはいつから食べる?

花粉の季節到来 花粉症の方にとってつらい 季節がやってきますね。 地域によっても …

歯磨き
重曹歯磨きのメリットとデメリット 虫歯や歯槽膿漏の対策に◎ 注意点は?

重曹で歯磨き? 重曹は掃除や洗濯などに大活躍の 万能アイテムですね。 実は歯磨き …

部屋
花粉症向け空気清浄機の選び方 効果を持続させるお手入れのコツ

花粉症の症状で睡眠不足に 花粉が飛散している時期は 花粉症の人にとってはすごくつ …

ダム
取水制限と給水制限の違い 生活に影響するのはどっち?

雨が少ない年は 雨の降る量が少ないと、 ダムにためている水がどんどん 減って行く …

酒
酒粕パックでシミ、くすみ、シワの対策ができる 美白も期待できる酒粕パックの作り方

酒かすパックで肌が絶好調 酒粕でパックをするとお肌の調子がすこぶる良くなりもちも …

服
着るだけの防虫対策 アウトドアで蚊をしっかりシャットアウトのスコーロン

蚊はどこにでも出没 夏になると出てくる蚊には 頭を悩ませますね。 ただでさえイラ …

寝起き
寝起きが悪い原因 朝のだるさを改善するために簡単だけどやっておきたい事

寝起きが悪い人 寝起きが悪い人は朝起きるだけでも一仕事って感じですよね。 私も朝 …

 - ヘルスケア お風呂, ダイエット, むくみ,