口内炎になる原因は? どんな栄養、ビタミンを摂るといい?

口内炎ヘルスケア
この記事は約3分で読めます。
口内炎

口内炎になる原因は?

口内炎になると物を食べるときにしみたりしますので、
ひどい時は食事をとるのが苦痛になってしまうほどですよね。

口内炎になってしまう原因は何か、
どんな栄養やビタミンを摂るのがいいかについてまとめました。

スポンサーリンク



口内炎の原因は大きく分けて二つあります。
一つ目は食事中などに口の中をかんでしまいその傷が原因となって口内炎になるケース。
二つ目は特に何をしたワケではないがある日突然口内炎ができているケース。

口の中を噛んでしまって口内炎ができるケース

一つ目の物に関しては一度噛んでしまった部分と言うのは腫れが出てしまいますので、
次も噛んでしまいやすくなりますので、特に注意が必要です。
何回も噛んでしまっていてはなかなか治りませんよね。

対策としては噛んでしまった方とは反対側で噛むようにするのが一番簡単ではないでしょうか。
また、口の中を噛んでしまう原因としてむくみがあげられます。
口の中や舌がむくんでいると噛んでしまいやすくなりますので、
むくみがある場合はそちらの対策もした方がいいかもしれませんね。

栄養バランスの崩れが口内炎の原因?

二つ目の何をしたワケではないが口内炎ができるケースについては
原因の特定は難しいのではないかと思われます。
良く言われているのは栄養バランスが崩れて口内炎ができるとか言われていますね。

栄養のバランスが崩れて口内炎ができているのであれば、
口の中は粘膜でできていますので、粘膜を強化する働きのあるビタミンを積極的に摂るのがいいと思います。

スポンサーリンク


口内炎にはビタミンBを積極的に摂ろう

口内炎では特にビタミンBが関係していると言われていますよね。
ビタミンBは豚肉などに多く含まれている水溶性のビタミンです。
昔の人の脚気の原因はビタミンB不足が原因でした。

また、ビタミンBは糖質を代謝するときに使われるビタミンでもありますので、
甘い物を摂り過ぎたときにも不足しがちなビタミンです。

ビタミンBは貯めておくことができない

水溶性のビタミンですので、体の中に貯蔵しておくことができないので、
毎日の食事からきちんと摂る事が大切です。そして、ビタミンBは水に流れてしまいますので、
効率的に摂取するためにはゆでる調理法は避けた方がいいですね。
もしゆでるのであればゆで汁までいただけるように味噌汁などの汁物に仕立てるなどの調理方がおすすめです。

たとえば冷しゃぶを豚肉で作る場合には、ゆで汁を捨てずに
そこに野菜とコンソメを加えてスープにしてしまうのがいいですね。

ビタミンAかカロテンで粘膜の強化を狙う

他にはビタミンAも粘膜を強化してくれるビタミンですので積極的に摂っていきたいですね。
ビタミンAはビタミンAとして存在している物と、カロテンの形で存在している物があります。どちらも脂溶性のビタミンですので、油と一緒に摂ると吸収率がUPします。

スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました