つらい肩こりを最短で軽くする方法 ストレッチ効果を上げるための秘策

ストレッチヘルスケア
この記事は約4分で読めます。
ストレッチ

つらい肩こりを早く楽に

肩こりになってしまったときには、
ちょっとでも早くコリをほぐして
不快な症状を楽にしていきたいですよね。

管理人もたまにひどい肩こりに
襲われることがありますので、
その時にしている対策を
ご紹介していきたいと思います。

スポンサーリンク

肩こりになったらストレッチでほぐす

肩こりになったときに
やっておきたいことNo.1はストレッチです。

コリが起こる原因は血行不良なので、
ストレッチをして凝り固まった
筋肉をほぐして血流をよくして
あげることが大切です。

体全体または肩を温めておく

ストレッチの効果を早く
出すためには体が温まった状態で
ストレッチをするのが効果的です。

できればゆっくりと湯船につかって
体を温めてたり、それが無理なら
カイロなどで肩こりの部分を
温めた状態でやるようにすると
楽になるまでのスピードが
断然早くなるように感じます。

アイピローを使って肩を温めても

管理人の場合は、
レンジで温めるアイピローがあるので、
それを温めて肩に乗っけて肩を温めるようにしています。

イメージとしては、肩に小鳥を
乗せているときみたいな感じです。

軽い肩こりならこれだけで
症状が緩和して楽になってくることもあります。

首のケアも忘れずに

それと、肩がこっていると思っていても、
実は首がこっている場合もありますので、
同時に首も温めておくといいでしょう。

ある程度温められたら
肩こりをほぐしていきましょう。

スポンサーリンク


簡単肩こりほぐし術

管理人がよくやるのは、
コリが激しい場所を一か所見つけて、
指で押さえておきます。
そのままの状態でこっている部分が
動くように肩を動かしていきます。

指で押さえて肩を動かす

そうすると、指で押さえた部分に
コリの塊があるはずなので、動かしたときに
ゴリゴリと指でコリの部分を刺激できます。

いた気持ちいいくらいの強さで押さえておくと、
動かすたびに肩がマッサージされますので、
少し続けていくと肩こりが軽減される
のではないかと思います。

本当は肩こりがひどいときには
人に肩をもんでもらうのが一番なのですが、
それが無理な場合はこうやって
セルフマッサージをしてほぐしています。

ほぐした後でストレッチを

この方法でほぐした後は、
ストレッチで肩の筋肉を伸ばしていきます。

肩こりの場合は猫背になっている
場合が多いです。

背中から肩にかけて伸ばしていきましょう。

左右の手を組んで上にあげる

左右の手を組んだ状態で
手の平を上に向けてグーッと
伸ばしてしばらくそのままの姿勢をキープ。

肩だけでなく、背中も伸びるので、
肩と背中が気持ちいい感じになると思います。

あくまでも気持ちいいところで
止めるようにして何回繰り返していきましょう。

左右に倒してしっかりほぐす

この時、腕をゆっくり左(もしくは右)へ
倒していくと、上にあげただけの時よりも
別の部分まで伸ばせるのでおすすめです。

肩が終わったら首についても左右に
傾けてストレッチをしておくとさらに
スッキリ感が増していいですよ。

肩こりはひどくなると頭痛や吐き気が
襲ってくる場合がありますので、
あんまりひどくなってしまう前に
少し疲れたと思った段階でストレッチをするとか、
マッサージを受けるとかの対処をしておきたいですね。

ストレッチとはちょっと外れてしまいますが、
管理人がひどい肩こりになった時に使っている
アイテムをご紹介しておきますね。

ユリ油は香港の万能薬

香港で一家に一本はあるとされているユリ油です。
これが肩こりにはとってもよく効きます。

小さい小瓶に入ったハッカのような
ニオイのする油なのですが、
これを付けて寝ると次の日には
肩がすっきりして不快な症状が消えていることが多いです。

ちょっとニオイがキツイので
出かける前とかだと適しませんが、
肩こり以外にも使えるものなので、
一本もっておくといいかもしれません。

スポンサーリンク

タイトルとURLをコピーしました