革のブーツの手入れのおすすめクリーム 長く履くためにしておくべきこと

ファッション
この記事は約3分で読めます。
a0001_006351

革のブーツは手入れ次第で寿命が変わる

冬はやっぱり革ブーツがおしゃれで温かいですよね。

革はある程度履いていくと
足になじんでもっと履きやすくなってきます。

来年も再来年も革のブーツに
長く活躍してもらうためには
日頃のお手入れが欠かせません。

革のお手入れ手順

馬毛のブラシなど、革を傷つけないブラシで
ブーツの汚れを落としていきます。

縫い目とか、段差がある部分にホコリがたまりやすいので、
細かい部分もきちんとホコリを落としていきます。

スポンサーリンク

こういう部分にホコリがたまっていると
それだけでブーツのきれいさが半減してしまいます。

そしてこのような細かい部分こそ
ホコリがたまりやすい場所であるので、要注意です。

あんまり目につかないような気がする場所こそ
きちんと汚れを取りましょう。

クリーナーで汚れを落とす

ホコリなどの汚れが取れたら、
クリーナーを付けてブーツ全体の
お手入れをしていきます。

いろんなアイテムが出ているので、
好みでチョイスしていいと思います。

クリーナーで汚れをきっちり落とした後は
オイルを補給していきましょう。

革のブーツのお手入れに人気なミンクオイル

オイルで人気なのはやっぱりミンクオイルですね。

革製品を好んで使うのであれば、
一つはいいオイルを持っておきたいですね。

オイルも一度に使うのは症状なので、結構長持ちします。
いい物を一つはもっておくようにしましょう。

革はオイルを補給してあげないと
艶が消えてしまいますし、
パサパサとした感じになってしまいます。

そうなる前にオイルを補給してあげた方がいいですね。

一度パサパサな状態までなってしまうと、
なかなかしっとりした艶のある状態まで持っていけませんからね。

オイルをつける時には少しずつ
塗りこむように少量ずつつけてください。

一か所にまとめてつけてしまうと
シミになってしまうことがあります。

スポンサーリンク

革のブーツのニオイ対策

オイルを補給できたら消臭スプレーとかで
ブーツ内部の消臭をしておくといいですね。

ブーツは長時間履いていると、
中は足から出る汗で結構ジメジメしている状態が続きます。

雑菌が繁殖してしまうとブーツの
においの原因にもなってしまいます。

使った後は殺菌効果のある消臭スプレー
とかをしておくといいですね。

革のブーツの水濡れには気を付けて

最後に革のブーツは水にすごく弱いです。
雨が降った日とかに履いてしまうと、
ブーツについた雨の水分がシミを作ってしまったりします。

これをできるだけ防ぐためにできるだけ
雨の日のブーツの使用は避けたいところですが、
天気予報が外れて予定外の雨、なんてことも
あるかもしれませんので、最後に防水スプレーを
施しておくといいですね。

また、かなりブーツが濡れてしまったときは
乾くまでの間、ブーツが型崩れしないように
中に物を入れて形状を保つようにしてください。

革のブーツはお手入れが面倒ですが、
きちんとお手入れをしてあげれば
長い間ブーツを楽しむことができます。

さらに革のブーツだと足になじんでどんどん履きやすくなって来たり、
長期間使っていることで味が出てきたりするのも魅力です。

ブーツのお手入れが完了したら、型崩れしないように
ブーツスタンドなどをつかって立てて保管しておきましょう。
スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました