しいたけの冷蔵・冷凍の保存期間 干し椎茸を作る方法も

野菜
この記事は約3分で読めます。
a0002_010700

傷みやすいしいたけの保存法

しいたけは春と秋に旬が来ますね。
香りがよくいろんな料理に使えるので、
とっても重宝しますね。

特に煮物などに入れると
しいたけからダシが出て
そのほかの素材の味も
グンと引き出してくれますね。

しいたけは水分量が多いため
傷みやすいのが難点でした。

すぐに使い切らない場合の
保存のポイントを書いてみます。

スポンサーリンク

おいしい「しいたけ」の見分け方

しいたけを買うときにおいしいしいたけを
見分けるポイントは何でしょうか?

新鮮なしいたけの見分け方

まずは見た目でチェック。
・カサの裏の部分が白いもの
・肉厚な物

薄くて数量がたくさん入っている物と、
肉厚で数量が少ない物があった場合、
つい、たくさん入っている物を
買いたくなってしまいますが、
しいたけの場合は数より肉厚さで選びましょう。

しいたけの保存期間

しいたけが特売の時はつい
沢山買ってしまいますね。

野菜室で保存して3~4日くらいが
限度ですので、使いきれない時は
そのほかの保存法を考えましょう。

おいしい「しいたけ」レシピ

しいたけは和でも洋でもあうので、お鍋に入れたりとか、
パスタに入れたりとかいろんな使い道がありますね。

しいたけを焼いて焼肉のたれとかで
食べるのもすごくおいしいです。

お弁当とかを作る人はお弁当の中に
しいたけを使った一品を入れると
消費しやすくなりますね。

しいたけの肉詰めとか、
しいたけのソテーとかもおいしいですね。

スポンサーリンク


しいたけの冷凍保存

もしそれでも使い切れないくらいの
しいたけがある場合は、冷凍してしまう方法があります。

食感や風味は多少落ちてしまいますので、
しいたけの味を活かすような料理だと
ちょっと厳しいかもしれませんが、
みじん切りにして入れるような物で
あれば問題なく使うことができます。

たとえば、みじん切りにしたしいたけを
豆腐ハンバーグの具として使うとか、
鶏つくねなどに入れるとか、
そういう使い方なら、食感が多少落ちるのが
響かないので使いやすいです。

自家製干ししいたけで長期保存

冷凍をして保存をする以外で、
しいたけを美味しく保存する方法として
干ししいたけを作ってしまう、という方法があります。

干ししいたけは水分が少ない状態になっていますので、
保存性がすごくUPしますし、
煮物とかに入れたときにいいダシになってくれます。

干ししいたけの作り方

干ししいたけを作るときには
しいたけは絶対に洗ってはいけません。

キッチンペーパーなどで
軽く汚れを落としたうえで乾燥させます。

使う時に切ってある方が良ければ、
あらかじめ切っておいてから
干ししいたけを作っても問題ありません。

干ししいたけを干す時ですが、
ざるなどに入れて乾燥させる、
と言った作り方が紹介されている事が多いです。

これだと場所を取るので家で作る時には
未使用の生ごみネットにしいたけを入れて
洗濯バサミで止めて干しています。

これなら、場所を取らないですし、
ネットなので四方八方から風が抜けるので
早く乾燥させることができます。

しいたけをどうしても使いきれない時には
干ししいたけに挑戦してみてくださいね。

スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました