習い事の先生へのお中元は必要? 贈るなら何がいい?

お中元お中元・お歳暮
この記事は約4分で読めます。
お中元

習い事の先生へのお中元・お歳暮

習い事をしていると、
お世話になっている先生に
お中元・お歳暮を贈るかどうか迷いますよね。

特に習い始めたばかりの場合には、
前例がないのでどのようにしたらいいのかに
ついて余計に考えこんでしまいますね。

スポンサーリンク


習い事の先生へ贈るかどうかはケースバイケース

習いごとの先生へのお中元・お歳暮に
ついてはどれが正解ということはなく、
先生の考え方や教室の規模によっても変わってきます。

大人数でやるような習い事の場合には
お中元・お歳暮を贈らないケースが多いようですが、
少人数の場合は贈ることもありますね。

お中元を贈らなくても問題なし

管理人は子供のころに少人数で教えてくれる
書道教室に通っていたこともありますが、
お中元・お歳暮のようなものはい一切贈りませんでした。

同じ教室に通っていた子に
聞いてみたわけではないですが、
たぶん送っていた子はいないのではないかと思います。

教室以外でやり取りをするとしたら
年賀状くらいなもので、
それ以外は特に何かを贈ったり
ということはありませんでした。

余裕がないなら無理しなくてもOK

他に習い事をしている人でも、
お中元・お歳暮を贈らないという方も
多数いらっしゃるので、余裕がないのであれば
贈り物をしなくても大丈夫かと思います。

無理をしたら後で大変になることも

お中元やお歳暮は一度送り出すと
教室に通っている間は贈り続け
なくてはいけなくなってしまいます。

無理してしまうと後が大変になってしまうので、
あくまで余裕があれば、でいいと管理には思います。

持ち寄りでプレゼントを買うのも◎

金銭的な負担を軽くするという意味で何人かで
お金を持ち寄って贈り物をするというのもよさそうですね。

これであれば一人で贈る場合には
贈ることができなかったような品物を
選ぶことができますね。

スポンサーリンク


お中元などを好まない先生もいる

習い事の場合、先生の考え方によっては
お中元・お歳暮の類は受け取らないという方もいるようです。

聞けるなら先に通っている人に聞いてみる

聞ける人がいるのであれば、
先に習い事をしていた人にお中元やお歳暮を
贈っているかどうかをそれとなく聞いてみるのが確実です。

もしかしたらお中元やお歳暮は
贈っていないという事実判明するかもしれません。

その場合、今までの風習に従うのが吉ですから、
特に何も考えることはないですね。

お中元を先生に贈るときの注意点
では、先生へお中元・お歳暮を贈るときの注意点です。

金額はあまり高くないものがベストです。
一般的にお中元の価格帯と言われている
2000円~3000円くらいのものの中から選ぶようにするといいです。

意外と喜ばれる商品券

生徒さんがそれなりの人数いて、
皆さんがそれぞれにお中元・お歳暮を贈るのであれば
商品券などを贈るようにすると他の人と
品物がかぶってしまうこともないですね。

商品券は先生が自分で好きなものを
選んでもらうことができるので、
どの品物を贈ろうかと頭を悩ませる
必要がなくなる点でもおすすめです。

お中元やお歳暮はお世話になっている人へ
の贈り物なので、どのくらいお世話になっている人に
贈ったらいいか、悩んでしまいますよね。

管理人の場合は、お世話になっているか
どうかというよりその人に贈りたいかどうかを
基準に考えています。

そうすると自然にお中元・お歳暮を贈った時に
相手の笑顔が見える品を選ぶようになるのではないかと思います。

スポンサーリンク


お中元は毎年何となく贈ったり贈られたり
していますが、正式なルールを意外と
知らなかったりしますよね。

暗黙のルールとなっている部分も含めて
知っていたほうがいいことをまとめました。

お中元の特集ページも参考にしてみてくださいね。

タイトルとURLをコピーしました