猫好き栄養士の気まぐれNEWS

猫バカな管理人が季節のイベント情報、食べ物のこと、家事のことを気まぐれに語ります。

*

歯茎にできる口内炎の意外な原因 歯茎が腫れて治らない・・・なんてことになる前に

      2015/05/25

歯ブラシ

歯茎にできる口内炎はとにかく痛い

口内炎は頬の内側にできることが多いですが、
歯茎にできる事もありますね。

スポンサーリンク


しかも、歯茎にできた口内炎はなかなか治らず、
痛さがつらいですね。
歯茎にできている場合は場所によっては
口内炎の患部が唇と接触して常に痛みを感じる状態に
なってしまうこともあるので、その時は特に大変です。

歯茎にできる口内炎の種類


口内炎が歯茎にできる物はアフタ性口内炎と呼ばれる
口内炎の種類になります。
口内炎の部分は白く、真ん中の部分が窪んでいるのが大きな特徴です。
歯茎にできた口内炎はだんだんと小さくなって徐々に治っていきますが、
他のところにできた口内炎より治るまで時間がかかりますね。

歯茎にできる口内炎の原因


歯茎に口内炎ができる原因としては、何かで歯茎を傷つけてしまった場合、
ストレスで免疫がダウンしてしまっている場合、
栄養バランスの偏りによってできてしまう場合などがあります。

歯茎を傷つけてしまう場合としてはスポーツ中に
口を強くぶつけてしまって歯茎に傷ができてしまって
そこに口内炎ができてしまったり、歯磨きをしている時に
歯ブラシでこすってしまって傷になる場合が考えられますね。

スポーツとかでぶつけてしまうというのは事故ですので、
あんまり防ぎようがありませんが歯磨きをするときに
歯茎を傷つけて口内炎になる場合は歯ブラシの固さを
柔らかめの物を使うなどの調整をして防ぐことができそうですね。

スポンサーリンク


歯ブラシの固さを見直してみる


今まで固い歯ブラシを使って来た人が
柔らかい歯ブラシを使うときちんと磨けていないような
気がしてしまいますが、それは普段強く歯を磨き過ぎているのかもしれません。

固い歯ブラシで強い力で歯を磨くと、
磨くたびに歯が削られてしまったり、
歯茎がこすれてしまって歯茎が後退する原因になってしまうこともあり得ます。

歯磨きで歯が削れる?


歯や歯茎が歯ブラシによって削られてしまうと、
知覚過敏になってしまって熱い物や冷たい物を
食べたり飲んだりしたりしたときに歯に痛みが走ってしまいますし、
歯茎を強くこすり過ぎた場合に歯茎が後退してしまう事もあります。

適正な歯ブラシ圧は100~200g程度とのことですが、
意外とこれより強く歯を磨いてしまっている物です。
キッチンスケールなどがあるご家庭では
実際に歯ブラシを使ってどのくらい力がかかっているのかを測ってみるといいですね。

おそらく、適正な圧力よりも圧力がかかっている状態で歯磨きをしていると思います。

最初は面倒かもしれませんが、ちょっとずつでも
適正な圧力で歯磨きできるようになると理想的ですね。

せっかく歯のケアをしようとして歯磨きをしているのに、
逆に口の中の環境を悪くしているのであれば悲しいですよね。

適正な圧力で歯を磨くことができれば歯磨きで
歯茎を傷つけて口内炎に・・・なんて事も少なくてすみそうですね。

スポンサーリンク
style="display:inline-block;width:600px;height:400px"
data-ad-client="ca-pub-7332008026934789"
data-ad-slot="7309355681">



style="display:block"
data-ad-client="ca-pub-7332008026934789"
data-ad-slot="4667667282"
data-ad-format="autorelaxed">

  同じカテゴリの記事

水
間違いがちなお米の吸水方法 おいしくないのは炊くときの手順の問題かも

お米を洗ったらしっかり吸水 お米をおいしく炊く秘訣は 洗ったあとにしっかりお米に …

足
しもやけの原因は? 冷え症の人はビタミンEで血行促進を目指してしもやけ予防

しもやけになりやすい冬 しもやけは冬になるとなりやすくて困りますね。 しもやけが …

バレンタイン
社会人だってバレンタイン 会社意中の彼にこっそり!チョコレートの渡し方

社会人のバレンタイン 意中の彼がいる場合、 社会人だってバレンタインは一大イベン …

年越しそば
年越しそば特集 ダイエット向けで栄養たっぷりなのは関東?関西?

年越しそばは縁起を担いで 毎年食べる方が多いですね。 私も毎年紅白を見ながら 食 …

脳
鬱やアルツハイマーの原因にも! 睡眠不足が心や脳に与える影響と対策

睡眠時間が短い日本人 日本人は外国の人に比べて睡眠時間が短いと言われています。 …

リラックス
自律神経の乱れが便秘や太りやすい原因に ストレスを解消して整える方法

自律神経が乱れると 自律神経は生きていく上で絶対に必要な呼吸や脈・体温などを調整 …

寝言
寝言に返事をするのがいけない本当の理由 眠りと脳の覚醒への多大な影響とは

寝言を言ってしまう 夜寝ている時に急に寝言を言い出す人っていますよね。 実は私も …

a1180_016217-300x2021
スマホの疲れ目対策 ブルーライトカットや目薬などで対応を

スマホの疲れ目対策 電車の中などでスマホの画面をずっと見ている人、多いですよね。 …

冬
冬でも蚊? 室温が高いと時期外れでも活動する蚊を徹底対策!

一年中活動する蚊 蚊は夏が一番勢いが良い時期ですが、 秋にもまだまだ現役ですね。 …

睡眠前のリラックス
睡眠不足を補う休憩法 スキマ時間を利用して脳や体を休めてリセットする方法

睡眠不足 自覚している? 睡眠不足を自覚している人は多いですよね。 忙しいときほ …

 - ヘルスケア, 口内炎 口内炎