睡眠の質も上げる寝る前ストレッチの効果的なやり方 むくみ対策もできてダイエット

ストレッチヘルスケア
この記事は約3分で読めます。
ストレッチ

睡眠の質を左右する練る前の時間

寝る前の時間は良い睡眠を取るための大事な時間です。
何をして過ごすかによって睡眠の質が高まったり低くなったりします。

そのため、寝る前の時間てかなり大事な物なのですが、意外とスマホやパソコンをする時間に当ててしまっている人が多いみたいですね。

寝る前にスマホやパソコンを見ると目がさえてしまって本当はよくないのですが、ついやりがちになってしまうのが困った所。

寝る前にちょこっとの時間を割くだけで睡眠の質を高めたり、ダイエットになったりします。

寝る前のストレッチのメリットややり方についてご紹介します。

スポンサーリンク


寝る前のストレッチのメリット

オフィスワークをしていると、どうしても同じ姿勢で過ごしたりしがちです。
肩や首、腰などが懲りやすい部分ですね。

同じ姿勢で居続ける事で筋肉が固くなり、疲労物質がたまって痛みを生じやすくなりますので、コリをほぐして血流をよくする事が大事になってきます。

そこでおすすめなのがストレッチです。

コリをほぐして疲れを取る

寝る前のストレッチをする事で筋肉を伸ばす事ができるので、コリがほぐれて寝ている間に分泌される成長ホルモンが届きやすくなります。

毎日継続してストレッチを続けると、入眠儀式になりますので、その動作をすると眠くなるといった感じで寝る前の準備を整えるのにも役立ちます。

寝る前の決まった動作をすると条件反射で眠くなる様な感じです。

ストレッチをしたら寝る時間という感じで体が反射的に感じてくれる様になればしめた物です。

寝る前のストレッチのポイント

ポイント

伸ばしている部分を意識する

ストレッチを行う上での注意点もいくつかあります。
まず深呼吸して筋肉をしっかり伸ばす様に良い式する事。
どの部分の筋肉を伸ばしているのかしっかり意識する事できちんと狙った部分の筋肉を伸ばすことができます。

激しい動作のものを避ける事。 激しい動きのものは眠気を取り除いてしまいますので、ゆったりとした動作でできる物を選ぶ様にしてください。

痛気持ちいい感じに伸ばすこと。 ストレッチをする時は痛気持ちいい感じを意識して伸ばすのがおすすめです。
普段使わない筋肉やこっている部分だと特にリフレッシュした気分が強まります。

スポンサーリンク


無理せず継続できる時間で考える事 寝る前のストレッチは継続してこそ意味がある物です。
最初はどうしてもあれもこれも盛り込みたくなりますが、あんまりいろいろとやるのは逆効果です。

続けて行って寝る前のストレッチの効果を実感できたら試して見というのも良いかもしれませんね。

最初はいろいろやることより継続できる簡単な物をチョイスするようにしてみてください。

毎日ストレッチを実施する事でコリが軽くなり、むくみ対策にもなります。
結果としてダイエットにもつながりますね。

おすすめの寝る前ストレッチ

とにかく簡単煮続けられる物という事でおすすめなのが、布団の上でもできるストレッチです。

大きく伸び ストレッチ

手足を上下に大きく引っ張る様に伸びをします。
そのまま少しの間キープして脱力します。

たったこれだけですが、全身を伸ばせるので、気持ちいいです。

太もも伸ばしストレッチ

仰向けに寝て、片足だけ膝の部分から足を曲げて太ももの前側の筋肉を伸ばします。
痛くない場合はおしりの下に足を入れてもいいですし、キツい時は足をおしりの横に置いても可です。

ご自身の気持ちいい所でキープするようにやってみてください。
こちらのストレッチは太ももの前側の固さに起因する腰痛を予防する事ができますので、腰痛持ちの方は是非やってみてほしいです。

寝る前のストレッチは簡単なのに睡眠の質を高めたりいろんな効果が期待できます。
毎日の習慣として取り入れて質の良い睡眠を手に入れてみてくださいね。

スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました