いびき防止のために鼻の通りをよくするグッズ 口呼吸をやめるコツ

いびきヘルスケア
この記事は約3分で読めます。
いびき

いびきを軽減するグッズ

いびきを少しでも軽くして静かに寝れる様になる事で、家族の安眠も維持できるだけではなく自分の睡眠の質まで向上できるので是非取り組みたい課題ですね。

一緒に寝る家族がいない場合には自分がどのくらいのいびきをかいているのかがわからないので、まずは自分のいびきがどのくらいなのかを把握するのが大事です。

スマホを持っている方が多いと思いますので、スマホのアプリを入れて自分のいびきを録音したりするとわかりやすいので、おすすめです。

iphoneでもアンドロイドでもいびき対策のアプリが多数リリースされていますので、是非チェックしてみてくださいね。
いびきを防止するグッズについてご紹介します。

スポンサーリンク


いびきの原因

いびきの原因はなんと言っても口呼吸にあります。
寝ている間に口呼吸になる事で舌が落ち込んで気道を圧迫するしてしまいます。

それでも呼吸はしますので、狭くなった気道を空気が通る時に音がなってしまう訳なんです。
笛とかも狭い所に空気が通る事で音がなりますよね。

ちょっと乱暴なたとえですが、いびきはこんなメカニズムです。



いびきを止めるには

image_1

いびきを止めるには、まず口呼吸を直す事が大切です。

起きている時に口呼吸をしてしまっている人が寝ている間だけ鼻呼吸をしようとしても無理がありますので、普段から鼻呼吸でいられる様に練習をしておきましょう。

そのためには、口を閉めて生活する癖を付ける必要がありますが、口を閉めておくためには口元の筋肉が必要です。

つい口を開けてしまったなと思ったら、口を閉じてどの筋肉を使っているのかを意識しておくとだんだん口呼吸をしなくてすむようになります。

それと、花粉症のアレルギーや風邪などで鼻づまりの症状があると口呼吸をするのが難しくなってきますので、そういった物はできるだけ早く治しておくようにしましょう。

スポンサーリンク


鼻の通りをよくするグッズ

いびきを軽くするためには鼻の通りをよくする事で口呼吸からの脱却を見込めます。
薬を使って鼻水を止めるのも悪くはないですが薬の副作用が心配ですし、眠気が出たりする事もありますので、できるだけ薬に頼らずに行きたいですね。

そんなときにおすすめなグッズはブリーズライトです。
鼻腔を広げて空気の通り道を確保してくれる優れ物です。

装着していてもさほど違和感を感じないのにきちんと装着すれば効果が期待できる所が良いですね。

価格もさほど高くないので、毎日使ったとしてもお金がかからないのもメリットの一つです。

[itemlink post_id=”6013″]
いびきが軽減できれば、ぐっすり寝れて、「あー、すっきり寝た!」と感じる事も。

お茶でいびき対策

お茶でいびき対策ができる物もあります。
ちょっと甘い不思議な感じのお茶ですが、効果を実感できた人の声では朝のすっきり感が違うという事です。

味の好みが分かれるようなので、どうしても飲めない方もいるかもしれませんが、いい睡眠のための薬だと思って飲めば飲めない事もないと思います。

毎日続ける事で癖になる味ですので、いびきで困っている方はまずは続けて見てください。


ストレス社会といわれている現代では睡眠の質がとっても重要です。
同時にストレスのせいで安眠ができず疲れがとれないというループにはまっている人もいます。

このようなループから抜け出すためには睡眠の質を高めるための努力が必要です。

睡眠の質が上がればいつもと同じ時間で寝てもすっきり感が違いますので、是非自分に合った方法を見つけてみてくださいね。
タイトルとURLをコピーしました