猫好き栄養士の気まぐれNEWS

猫バカな管理人が季節のイベント情報、食べ物のこと、家事のことを気まぐれに語ります。

*

煙の蚊取り線香の人やペットに対する安全性 火事になりにくいアイテムは?

      2016/06/16

蚊取り線香

蚊取り線香は必需品

蚊取り線香は夏には欠かせないアイテム。
にっくき蚊から守ってくれます。

最近は蚊取り線香にもいろんな
種類があって選ぶのに迷ってしまいますね。

蚊取り線香の安全性

そしていろいろと便利な物が出てくる反面、
安全性はどうなんだろう?って
疑問視する声も上がってきています。

あんなに蚊が落ちるのだから、
人やペットにも危険性があるのではないか、
という事ですね。

それと、昔ながらの火を使うタイプだと、
煙が体に悪くないかとか、火事になって
しまわないかなどの心配もありますね。

蚊取り線香の安全性と、
置き方についてご紹介します。

スポンサーリンク


蚊取り線香とペット

うちには猫がいますので、蚊取り線香を使う時、
人にとっての安全性はもちろんの事、
猫にとっても大丈夫なのかどうか、
とっても気になります。

本当は蚊取り線香を使わずに過ごすのが
一番良いのでしょうが、どこからともなく
蚊が侵入してくるので、使わざるを得ませんね。

犬猫のフィラリア症

蚊といえば、フィラリアを媒介すると
言われていて、犬の場合は蚊の
シーズンになるとフィラリア予防の
薬を飲みますよね。

猫のフィラリアが増えて来ている

猫の体内でフィラリアが成長
できないと言われているため、
猫は薬を飲みませんが、最近は
猫のフィラリアも増えてきているんだそうです。

蚊に刺されない工夫

やっぱり心配なので、蚊取り線香を
使って猫が蚊に刺されないように
してあげたいなって思っています。

犬の場合は蚊のシーズンは
蚊取り線香必須ですよね。

蚊取り線香の薬剤の安全性

蚊取り線香を使うとなると、
今度は安全性が気にになって来ます。

犬や猫は体が小さいので、
薬剤の影響が心配です。

合成ピレスロイド

リキッドタイプのものは
効き目は高いですが、合成の
が含まれています。

この方が製造するのに安価という事で
こちらの成分が主流になってきています。

合成のものが嫌だと言う方は、
ちょっと割高ですが、天然の
ピレスロイドを含んだ商品を選ばれると安心です。

かえる印の蚊取り線香

蚊取り線香の煙

蚊取り線香を部屋で燃やした時、
煙が結構でますよね。

この煙が体に悪いのではと
心配になりますね。

蚊取り線香の煙はそんなに大量
ではありませんので、体への
影響は少ないと思われます。

のどや鼻の調子が悪くなる事も

体質によってはのどや鼻の調子が
悪くなる場合がありますので、
ご自身の体と相談してみてください。

たばこの煙とは違うので、肺がんに
なりやすくなるとかという事は特にありません。

密閉度の高い部屋の場合は、
時々換気をして使うと安心です。

スポンサーリンク


蚊取り線香とアレルギー

蚊取り線香を使うと、アレルギー
が出てしまうという場合があります。

蚊取り線香の成分であるピレスロイドは
防虫菊という菊の成分になりますので、
菊科ブタクサのアレルギーを持っている方は
反応してしまうかもしれません。

ちょっとご自身のからだと
相談して使って見てください。

煙アレルギー

また、成分にではなく煙に対しての
アレルギーをお持ちのかたもいらっしゃるようです。

煙のタイプでダメな場合、天然のものは
出ていませんが、リキッドのものなどを
試してみるといいでしょう。

蚊取り線香と火事

火を使うタイプの蚊取り線香だと、
火事が心配になってきますね。

きちんとした置き方で置けば
蚊取り線香で火事になるリスクは
かなり減らす事ができます。

ま割に燃えやすい物を置かない事と、
蚊取り線香の上までガードしている
形状の蚊取り線香入れを準備しておくと安心です。

豚の形の蚊取り線香とかだと
豚の背中が上からの落下物から守ってくれます。

蚊取り線香は夏の風物詩とも
言えるアイテムですが、
火を使うのでちょっと心配な面もありますね。

天然の成分にこだわるのなら、
煙のタイプのものが良いですが、
そうでない場合はリキッドのものも
選択肢に入れる事ができます。

煙のタイプを使う時は、
置き場所に注意して火事には
十分注意してくださいね。

スポンサーリンク



蚊はこっそりとやって来て
気づかぬうちに血を吸っていくので
やっかいですね。

しかも刺された後しばらくは
かゆみとの格闘になります。

かきむしってしまっては
跡が残りますので、できるだけ
かき壊さない様にしたい物です。

蚊の特集をつくってみましたので、
みてみてくださいね。

  おすすめ記事

部屋
空気清浄機で花粉症対策 効果的な置き場所は意外にも玄関!

花粉を減らす空気清浄機の置き方 花粉症対策で空気清浄機を購入したら、 効率良く働 …

背中
背中のダイエットを短期間で成功させる方法 僧帽筋を鍛えて代謝UPを目指す

背中の贅肉がはみ出していませんか? 背中は自分では見ることができないですが、 下 …

ストレス
ストレスと便秘を一気に解消! いつでもこっそり実践できる簡単な解決法

便秘の原因は複雑 便秘で悩んでいる人は多く、女性だと5割、男性だと3割と言われて …

冬
冬でも蚊? 室温が高いと時期外れでも活動する蚊を徹底対策!

一年中活動する蚊 蚊は夏が一番勢いが良い時期ですが、 秋にもまだまだ現役ですね。 …

花粉症
花粉症対策のまとめ 症状を少しでも軽くする方法

花粉症の対策のまとめ 花粉症になってしまったら、少しでも症状を軽くしたいですよね …

オフィスでもできる冷え性対策 足を冷やさない靴下と体操

冷え対策で自分を守る 冷え症は他の人に理解されない分 とってもつらいですよね。 …

ヨーグルト
ヨーグルトで花粉症を軽減できる?効果を実感するためにはいつから食べる?

花粉の季節到来 花粉症の方にとってつらい 季節がやってきますね。 地域によっても …

蚊取り線香
部屋の蚊の退治方法 赤ちゃんやペットも安心な対策グッズの選び方

蚊の羽音は耳障り 夏の夜、ただでさえ寝苦しいのに 電気を消してしばらくすると ブ …

蚊
蚊に刺されやすい人の特徴 血液型や服装や体質などの原因

知らぬ間に蚊に刺される 蚊のシーズンになると外でも 家でも気づくとかゆくなってい …

ダム
取水制限と給水制限の違い 生活に影響するのはどっち?

雨が少ない年は 雨の降る量が少ないと、 ダムにためている水がどんどん 減って行く …

 - ヘルスケア, 安全性, 蚊取り線香