猫好き栄養士の気まぐれNEWS

猫バカな管理人が季節のイベント情報、食べ物のこと、家事のことを気まぐれに語ります。

*

花粉症に最強の効果を発揮するマスクの選び方と付け方

      2016/03/06

マスク

花粉症用のマスクの効果はどこでわかる

花粉をシャットアウトするためにマスクをしますよね。

マスクには花粉をシャットアウトすると
いった表示されていて、30ミクロンの大きさの
粒子を捕捉しますと書かれている物もありますね。
スポンサーリンク

花粉の粒子のサイズ

花粉の粒子はだいたい20~40ミクロンだと
言われていますので、30ミクロンの大きさが
捕捉できるのであれば多少は効果がありそうです。

しかし、花粉は最初は30ミクロンの大きさだったとしても
風で飛ばされて移動してくる間に粒子が
壊れてどんどん小さくなっていきます。

花粉の移動距離は数十Kmになるとも言われていますので、
その距離を考えたら遠くへ行けばいくほど
花粉が壊れた状態で到達しそうですね。

壊れた花粉はマスクをすり抜ける


花粉の粒子が小さくなった状態で
届いた場合には、マスクをしていても
すり抜けてくる花粉が出てきます。

これが花粉症の人がマスクをしているのに
つらそうな症状を呈している原因
ではないかと予測できますね。

マスクをしていてもすり抜けてしまった花粉は
呼吸とともに鼻や口の粘膜へとくっついて
アレルゲンとなり、症状を発生させているという訳です。

できるだけ花粉がマスクをすり抜けないように、
細かい粒子の物も捕捉できるタイプのマスクを選ぶと
それだけでも花粉症の症状の軽減につながりますね。

マスクを湿らせて花粉キャッチ


また、マスクを少し湿らせておくことで
マスクが花粉をとらえる効果をアップさせる
ことができます。

可能であればウェットタイプのマスクを
使うとさらにいいですね。

火事の時に、ハンカチを濡らして
口に当てますが、あれと同じことです。

楽天で濡れマスクを探してみる

特に花粉症の症状でのどの違和感がある方は
花粉の侵入を防ぐとともにのどの保湿も
出来てしまうので、一石二鳥です。

スポンサーリンク


後付タイプの濡れマスクもアリ


濡れマスクは今使っているマスクに
挟み込む形で使う物もありますので、
すでに花粉症対策としてマスクを
大量購入してしまった方は
後からつけられるタイプを使うといいでしょう。

花粉症の方は経験があるかと思いますが、
起き抜けのくしゃみの連発はつらいですよね。
頭はまだ寝ぼけているのにくしゃみや
目のかゆみが容赦なく襲ってきます。

寝るときにもマスクをして起き抜けのつらさを軽減


目のかゆみについては寝ている間の対策はできませんが、
くしゃみや鼻水と言った鼻の症状については
寝ている間から対策をすることが可能です。

寝ている間の花粉症対策としては、マスクをして寝る事です。

朝起きぬけの花粉症の症状は、寝ている間に下に落ちてきた
花粉を起きようとして布団から出たときに舞ってしまい、
それを吸い込んでしまうため、と言うことが大きいかと思います。

この下にたまった花粉を朝いちばんで吸い込まないようにするために
寝ている間もマスクを付けておくのがおすすめです。

くしゃみの連発だと腹筋が痛くなるし、
体は疲れるし、で大変なので、
できるだけ花粉症の時期を楽に過ごせる
ように工夫をしていきたいですね。

スポンサーリンク


花粉症の対策のまとめページを作りました。
食べ物、お茶、服装などいろんな対策があります。

こちらも参考にしてみてくださいね。

  おすすめ記事

ブタクサ
秋の花粉症の原因はブタクサ 症状は肌荒れや咳で喘息の人は要注意!

秋の花粉症のブタクサ 花粉症ではスギ、ヒノキが代表的な物ですが、 秋にも花粉症を …

いびき
いびき防止のために鼻の通りをよくするグッズ 口呼吸をやめるコツ

いびきを軽減するグッズ いびきを少しでも軽くして静かに寝れる様になる事で、家族の …

ストレッチ
睡眠の質も上げる寝る前ストレッチの効果的なやり方 むくみ対策もできてダイエット

睡眠の質を左右する練る前の時間 寝る前の時間は良い睡眠を取るための大事な時間です …

めまい
メニエール病の代表的な症状はめまい 原因の一つはストレス

メニエール病の原因はストレス? メニエール病の原因はまだ特定されていませんので、 …

a1180_016217-300x2021
スマホの疲れ目対策 ブルーライトカットや目薬などで対応を

スマホの疲れ目対策 電車の中などでスマホの画面をずっと見ている人、多いですよね。 …

ストレス
ストレスと便秘を一気に解消! いつでもこっそり実践できる簡単な解決法

便秘の原因は複雑 便秘で悩んでいる人は多く、女性だと5割、男性だと3割と言われて …

蚊
夜中の耳障りな蚊の羽音を撃退! 最速で追い払う方法

遭遇を避けたい蚊 蚊は暖かくなると活動して、 勝手に血を吸って後でかゆくなるので …

ダム
取水制限と給水制限の違い 生活に影響するのはどっち?

雨が少ない年は 雨の降る量が少ないと、 ダムにためている水がどんどん 減って行く …

年越しそば
年越しそば特集 ダイエット向けで栄養たっぷりなのは関東?関西?

年越しそばは縁起を担いで 毎年食べる方が多いですね。 私も毎年紅白を見ながら 食 …

水
間違いがちなお米の吸水方法 おいしくないのは炊くときの手順の問題かも

お米を洗ったらしっかり吸水 お米をおいしく炊く秘訣は 洗ったあとにしっかりお米に …

 - ヘルスケア, 花粉症・アレルギー 花粉症