胃が荒れるのが原因の口臭の対策 胃に負担をかけない食事の仕方

歯磨きヘルスケア
この記事は約4分で読めます。
歯磨き

口臭の原因を知っていますか?

口臭は自分ではなかなか気づけないもの。

身近な人でないと直接言ってくれませんので
そういう人がいないと
気付くチャンスも少ないですよね。

口臭の原因として
口の中の環境が問題の場合もありますが、
胃が原因で口臭が起きているケースもあります。

胃が原因の場合はいくら歯磨きをしても
改善してこないのが大きな特徴です。

スポンサーリンク

一般的な口臭対策

口臭が気になってくると
歯周病を疑って歯磨きを念入りにしたりとか、
ガムをかんでみたりとか、
口臭ケアのタブレットを飲んでみたりとかしますよね。

胃が原因の場合は上記の対策で
口臭を軽くするのは難しいので、
胃を元気にしていく事を心がけていきましょう。

口臭対策の胃のケア

胃のケアにはどんな方法があるのでしょうか。

まず第一はストレスをためない事。
ストレスがたまると
胃が荒れて口臭の原因になったり、
胃潰瘍の原因になったりします。

ストレスを発散できる何かを持っておくといいですね。

もし何もない場合、ひたすら寝てみる、
というのはどうでしょう?

ストレスがたまると不眠になるという方には
向きませんが、睡眠は
最強のストレス解消法とも言われています。

たまには休日などにしっかり寝てみる、
というのもいいかもしれませんね。

休日に寝だめをするのは
生活リズムを崩すので良くないと
一般的には言われていますが、
管理人は用事がなければ
休みの日はゆっくり朝寝坊するのが趣味です。

ストレスで胃が悪くなるワケ

なぜストレスで胃が悪くなるのかと言いますと、
ストレスを受けると交感神経が優位になり、
血流が悪くなってしまいます。

そうすると胃を守る成分である
粘液が分泌されにくくなり、
胃液で胃が溶かされてしまう、
という事になってしまうのです。

胃液は理科の実験とかで使った
塩酸と同じくらいの強酸性の液体です。

胃壁はタンパク質でできていますから、
胃を守る粘液の分泌が減ってしまうと
酸によって胃が溶かされてしまうのです。

よくストレスで胃に穴が開くとか言いますけど、
こんなことが体の中で起こっているのですね。

スポンサーリンク


胃に負担をかけない食事の仕方

食事の時にしっかり噛んで食べていますか?
早食いだと胃に負担がかかります。

胃は食べ物をすりつぶして
腸で吸収しやすいようにしてくれる臓器ですが、
きちんと噛まない状態で食べ物が入ると、
胃がたくさん働かなくてはいけなくなり、胃に負担がかかります。

結果、胃が悪くなって
口臭の原因になってしまうという連鎖です。

ですので、食事の時には
しっかり噛んで食べるようにしてください。

空腹時間が長いと胃が荒れる事も

食事の回数は一日何回ですか?

食事と食事の回数が開いていると
空腹の時間が続く事になります。

空腹も口臭の原因に

空腹は口臭の原因になりますし、
長時間の空腹によって胃が荒れる
原因にもなりうるので、食事は
一日3回摂るようにしたいですね。

忙しくて朝食を抜く方もいると思いますが、
その場合には何か軽い物でもいいので、
胃に入れるようにしたいですね。

寝る直前の食事は避けて

また、夕食を摂る時間が遅く、
就寝前になってしまうのも良くありません。

理想的なのは寝る前の3時間前までには
食事を終えておきたいですね。

通常、眠っている間は
胃腸もお休みをしていますが
寝る前に食べてしまうと
通常休むべきタイミングで休むことができなくなります。

そのため胃腸が疲れてしまうという事に
なってしまうのです。

寝る前に重たい物を食べると
本来寝ている間に休憩するべきところを
フル回転で仕事をして
やっと終わったと思ったらすぐに朝食の時間・・・
と言ったサイクルになってしまいます。

食事と睡眠の関係

就寝時に胃に食べ物があると、
眠りにつきにくくなってしまいますので、
睡眠の質が落ちてしまいます。

就寝時は胃の活動も低くなりますので、
胃に長い間食べ物がとどまった
状態になってしまいます。

胃が休まらないということ、
消化不良になりやすいということから、
寝る前の食事は避けた方がいいですね。

もしどうしても寝る前しか
食べられないという生活なのであれば、
夕食は消化のいい物を
少量摂るようにしたらいいですね。

消化のいい物であれば、
胃に負担がかかりにくいのでお勧めです。

夕食を分けて食べて負担を軽く

仕事が忙しいなどで
夕食が遅くなるのが見込まれる場合には
分けて食べる事で寝る前にたくさん食べる事を
防ぐことができます。

例えば、夕方におにぎりなどの
簡単な物を食べておき、
自宅に帰ってからお味噌汁や
軽いおかずを摂る、と言った形です。

いい睡眠を取って
翌日のパワーをしっかり得るためにも
寝る前の食事はできるだけ避けて行きましょう。

スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました