猫好き栄養士の気まぐれNEWS

猫バカな管理人が季節のイベント情報、食べ物のこと、家事のことを気まぐれに語ります。

*

秋の花粉症の原因はブタクサ 症状は肌荒れや咳で喘息の人は要注意!

      2016/03/06

ブタクサ

秋の花粉症のブタクサ

花粉症ではスギ、ヒノキが代表的な物ですが、
秋にも花粉症を発症する人がいます。

秋の花粉症の原因となる植物は
ブタクサと言います。

この植物の生えている場所や
特徴などをまとめました。

スポンサーリンク

秋の花粉症の原因の一つ、ブタクサ

ブタクサの特徴

ブタクサはキク科の植物で、
背丈が高く黄色く小さい花を咲かせる植物です。

花が咲く時期は7月~10月ごろですので、
ブタクサの花粉症の人はこの時期に
症状に悩まされることが多いです。

皮膚のかゆみが症状の時も

また、皮膚がかゆくなるといった
花粉症の発症の仕方をする場合もあるようです。

毎年いつも同じ時期に同じ症状が
出ているのであれば、花粉症の症状なのかもしれません。

ブタクサの花粉の飛散距離は?


花粉の飛散距離がスギやヒノキほど
広くないため近所に生えていなければ
そんなに問題にならない場合が多いです。

しかし、いろんな場所に生えていますので、
外出される場合は花粉症対策をお忘れなく。

風邪と勘違いしやすい秋の花粉症


花粉症はスギ、ヒノキ、と言う
イメージがとても強いので、
秋に花粉症を発症した場合、
花粉症ではなく風邪だと思ってしまいがち。

市販の薬で対応してしまう、
なんて間違いも発生しやすいようです。

複数の花粉に反応する人も

人によってはスギ、ヒノキ、ブタクサ・・・と
数種類の植物に対してアレルギーを
持っているなんて事もあります。

アレルギー体質の方は自己判断せずに
アレルギー診断をしてもらう事で間違いを防げますね。

アレルギー検査を受けてみる

特にアレルギー体質の方は自覚しているより
多くの物に反応している場合も多いため、
アレルギー検査を受けてみるのがいいと思います。

ただ、アレルギー検査で陽性と出たとしても
アレルギーが発症するとは限らないので、
原因になりうる物質を知っておく、と
言うことにとどめておく必要がありますが。

ブタクサの花粉症が喘息に?


ブタクサの花粉症は特に喘息の持病を
おもちの方は特に要注意です。

ブタクサは別名で喘息草とも呼ばれていて、
喘息の発作が出やすくなる場合があるようです。

ブタクサの花粉が飛んでいる時期に
花粉を吸いこんでしまうと息や胸が苦しくなったり、
咳こんでしまったり、胸がぜいぜいなってしまったりしたときには
喘息の発作が起きてしまう危険性があるようです。

ブタクサが喘息を引き起こしやすい要因


ブタクサが喘息の原因となりうる
原因として考えられるのは、
花粉の大きさがスギの約半分の20㎛以下と
言う特徴が挙げられます。

花粉が気管支に到達しやすい

花粉の大きさが小さいために
鼻のフィルターをすり抜けやすく、
気管支まで到達しやすいのでは
ないかと言われています。

花粉症で喘息、特に呼吸困難などを
引き起こしてしまう可能性があるのであれば、
きちんと対策をしておかないと怖いですね。

スポンサーリンク


ブタクサの花粉症の対策


ブタクサの花粉症の場合でも
他の花粉症と対策については大体同じです。

外に出るときにはマスクや眼鏡を
かけて花粉の侵入を防ぎます。

外出した際には服にも花粉が付着しますので、
自宅に入る前に花粉をしっかり落とすことも大切です。

服の素材に気を付けて花粉を持ちこまないように


服の素材によっては花粉をより
吸いつけてしまう物もあるので、
花粉が飛散している時期はそのような
素材を避ける事も大切です。

静電気を発生しやすい素材は静電気で
花粉をくっつけやすくなってしまいますので、
避けるべきです。

綿とかポリエステルの素材がおすすめです。

特につるつるしている物であれば
たとえ服に花粉が付いたとしても払い落とすのが
容易なのでおすすめです。

詳しくは下記の記事でまとめています。
よろしければ参考にしてくださいね。



スポンサーリンク


花粉症の対策のまとめページを作りました。
食べ物、お茶、服装などいろんな対策があります。

こちらも参考にしてみてくださいね。

  おすすめ記事

空き缶
蚊を減らす発生源の対策 産卵と寿命などの生体を理解してリスク減

夏の厄介者の蚊 蚊は夏になるとどこにでも 出没するやっかいな存在です。 病原菌を …

ウォーキングの効果を高める時間帯 消費カロリーはどのくらい?

運動不足解消にはウォーキングから ウォーキングは普段運動をしていない人が 久々に …

冬は夏より代謝がアップ ダイエットを成功させるためにはむくみケアを

冬には代謝がアップ 冬太りという言葉があるくらいですから、 冬は太る季節と思われ …

蚊
デング熱やフィラリアを媒介する蚊の活動時期と気温 いつまで気をつける?

蚊のシーズン 暖かくなってくると蚊が 出てくるシーズンになります。 病気を媒介す …

睡眠不足
短時間の睡眠でもすっきり起きられるコツ 睡眠不足の怖い影響はどんな症状? 睡眠特集

睡眠不足になると 日本人は世界の平均から見ても、睡眠時間が短いといわれています。 …

マスク
花粉症に最強の効果を発揮するマスクの選び方と付け方

花粉症用のマスクの効果はどこでわかる 花粉をシャットアウトするためにマスクをしま …

ストレス解消
歯ぎしりの原因のストレスは大きく分けて二つ 効率的に防止する対策とは

歯ぎしりは気づきにくい 歯ぎしりは寝ている間にしてしまうものなので、自分では気づ …

足
しもやけの原因は? 冷え症の人はビタミンEで血行促進を目指してしもやけ予防

しもやけになりやすい冬 しもやけは冬になるとなりやすくて困りますね。 しもやけが …

爪
病気を教える爪のサイン ネイルが原因になることも

爪は健康のバロメーターとも言われています。 爪が教えてくれる病気のサインを見逃さ …

歯磨き
重曹歯磨きのメリットとデメリット 虫歯や歯槽膿漏の対策に◎ 注意点は?

重曹で歯磨き? 重曹は掃除や洗濯などに大活躍の 万能アイテムですね。 実は歯磨き …

 - ヘルスケア, 花粉症・アレルギー ブタクサ, 花粉症