猫好き栄養士の気まぐれNEWS

猫バカな管理人が季節のイベント情報、食べ物のこと、家事のことを気まぐれに語ります。

*

七草がゆの材料の意味と栄養 食べる日はいつ?

      2015/12/27

正月

七草粥とは

七草粥は、お正月のおせちに飽きたな、
という1/7の朝に食べるものです。

中国から伝わったもので、
本来であれば旧暦の正月である
2月に食べるものなのですが
今はお正月のおせちで疲れた
胃腸を休めるという事もあり、
1/7に食べるという習慣が定着しています。

スポンサーリンク

七草粥はただ胃腸を休めるだけではなく、
一年間の無病息災を願って食べるものです。

そして、七草粥の七草は、
どれも生薬として使われているもので、
秋や冬の乾燥した空気で肺に負担が
かかりやすいのですが、それに対応した
生薬になっているというから驚きです。

七草粥に入れる野菜

七草粥に使う食材は下記の7種類です。
1.せり
2.なずな
3.はこべら
4.ごぎょう
5.はこべら
6.ほとけのざ
7.すずな
8.すずしろ

スポンサーリンク

七草粥の栄養

それぞれの栄養成分についてみてみると・・・
せり・・・ビタミン、ミネラルが豊富。
緑の部分にはβカロテンも多く含まれています。

冬は風邪をひきやすいので、
ビタミンをたっぷりとってのどや
鼻の粘膜を強化したいですね。

せりは日本のハーブとも
言われその独特な香りにはリラックス効果があるとか。
同じセリ科の三つ葉の香りもいいですよね。

カリウムでむくみ解消にも

栄養としてはカリウムや葉酸を多く含みます。

カリウムは余計な水分を体外に
排出するのを助けてくれるので、むくみ解消に効果大。

葉酸はビタミンBの仲間で妊婦さんは
多めにとった方がいいとされているビタミンです。

水溶性のビタミンなので、
水に溶けやすいです。煮たりしたら、
汁までいただきましょう。

なずな

なずな・・・別名ぺんぺん草とも呼ばれる。子どもの頃、
その辺に生えているのを抜いて来て、ぺんぺん草で遊んだ懐かしい記憶があります。

はこべら

はこべら・・・こちらも利尿作用があります。
むくみ解消に効果大。
お正月はついつい飲み過ぎて
しまったりしますので、
余分な水分を排出してくれる心強い味方。

ごぎょう

ごぎょう・・・別名、母子草。
鎮咳作用があり、のどのケアによさそう。

冬場は空気が乾燥して
のどを痛めやすいですしね。

ほとけのざ

ほとけのざ・・・胃や腸の健康に一役かいます。

特にお正月は休みに入って
暴飲暴食しがちですので、
オーバーフロー気味な胃腸のケアをしてあげましょう。

すずな

すずな・・・株の昔の呼び名です。
葉の部分と根の部分とで含まれる栄養素が異なります。

葉の部分はビタミンが豊富で、
根にはアミラーゼ(でんぷん分解酵素)
が含まれています。
お正月はおもちをたくさん食べる時期
でもありますので、消化を助けてくれます。

すずしろ

すずしろ・・・大根の事です。
葉の部分はすずな(株)
と同じくビタミンが豊富です。

根の部分は消化酵素である、
ジアスターゼが含まれていますが、
七草粥にして加熱してしまうと
酵素が働かなくなってしまうので、
ジアスターゼを摂取したい時は
生のダイコンおろしで採りましょう。

七草粥はこれらをおかゆに加えて食べるのですが、
菜っ葉の味が苦手という方もいるかもしれませんね。

七草に含まれるビタミンの中には
水に溶ける性質を持つ水溶性の物も多くありますので、
できるだけゆでこぼしたりしない方がいいでしょう。

どうしても気になる場合にはだしを濃いめにしてみるとか、
中華風とかの味付けにしてみるとかがおすすめです。

七草粥を食べて一年の無病息災を祈りましょう。

スポンサーリンク

style="display:block"
data-ad-client="ca-pub-7332008026934789"
data-ad-slot="4667667282"
data-ad-format="autorelaxed">

  同じカテゴリの記事

しいたけの冷蔵・冷凍の保存期間 干し椎茸を作る方法も

傷みやすいしいたけの保存法 しいたけは春と秋に旬が来ますね。 香りがよくいろんな …

にんにくを生で冷蔵庫で長く保存する 冷凍する場合はこうしてみて

にんにくの芽が出てしまう? にんにくは、おいておくとすぐに 芽が出てしまって使お …

おにぎり
梅おにぎりは冷凍保存OK 上手な解凍方法とプチアレンジレシピ

梅干しのおにぎりがおすすめな理由 おにぎりの具で一番好きな物は何ですか? ツナマ …

黒豆
黒豆は栄養豊富な食べ物 タンパク質豊富で鉄分も含み、むくみ解消にもいい

黒豆の栄養 黒豆は大豆の一種なので、良質なたんぱく質など、 アントシアニン以外の …

かぼちゃ
かぼちゃの種にすごい栄養! 簡単なおつまみの作り方と食べ方

かぼちゃの種は捨てないで かぼちゃは煮物にしたり、フライにしたり、 いろんな料理 …

甘酒
手作り甘酒を上手に保存して節約! 冷蔵・冷凍の保存期間とおすすめの容器

余った甘酒の保存法 甘酒を手作りした時、 ぴったり飲む分だけ作れれば 一番いいで …

たけのこ
たけのこのあく抜きにかかる時間 使う道具によって大きく差が出る!

たけのこのあく抜きにかかる時間 たけのこのあく抜きにはどのくらいの 時間を掛けた …

むくみ 足
むくみを解消するのにおすすめの食べ物 ポイントはカリウムの含有量

むくみの原因 むくみは放っておくとそのまま定着してしまうので、早急に解消したいで …

おにぎり おむすび
おにぎりとおむすびの違いは起源 それぞれの意味の違いは?

おにぎりとおむすびの違い おにぎりとおむすびの違いは何でしょうか? 起源や意味合 …

じゃがいも
じゃがいもをレンジで加熱する時、皮つきのままの方がメリットが大きい理由

じゃがいもをレンジで加熱するとき 春は新じゃがの季節ですね。 レンジでじゃがいも …

 - お正月, 食べ物 イベント, 栄養, 正月