猫好き栄養士の気まぐれNEWS

猫バカな管理人が季節のイベント情報、食べ物のこと、家事のことを気まぐれに語ります。

*

寝起きのイライラを改善する方法 八つ当たりして後悔する前に試しておきたい事

      2016/11/17

イライラ

寝起きのイライラ

寝起きが悪い人の中にはイライラして人に八つ当たりしてしまう人がいます。

気持ちよく寝ているのに起こされたら機嫌が悪くなるのもわからなくはないですが、「起こしてね」って頼んでおいて起こしたら逆切れ・・・。

人によっては寝起きの悪さから来るイライラに自分で気づいていて、どうにかできない物かと悩んでいる人もいます。

イライラに気づくと、自分自身が嫌な人になったみたいで自己嫌悪に陥ってしまうため、できるだけ早急に解決しておきたいですね。

寝起きのイライラの原因と対処についてご紹介します。

スポンサーリンク


寝起きの悪さの原因

朝起きられないのは、起きても楽しみにしていることを準備していないからかもしれません。

仕事や学校の日は起きられないけど、遊びに行く用事がある時にはすぱっと起きられるという事であれば、気持ちの問題の可能性大です。

普段の日でも朝起きて自分が楽しくなる様な物を準備しておくことで気分よく起きられる様になるかもしれません。

睡眠不足

人によって個人差があるものの、睡眠時間は6~8時間くらいは必要だと言われています。

忙しい日が続いていると、睡眠時間が少なくなり、疲れが蓄積してくる事もありますね。

休日に寝だめをしているから大丈夫。という方もいるかもしれませんが、寝だめって実はあんまり意味がないんです。

睡眠は脳にとってお掃除の時間。
そのため毎日きちんと取る事が脳のメンテナンスに必須の条件です。



睡眠が足りないと脳の老廃物の回収が追いつかないので、脳にダメージを与えてしまうんです。

睡眠不足が続いている時には、寝起きが悪くなるのは当たり前のことなので、寝だめで補うのではなく、少しでも早く布団に入れる様に努力していきましょう。

少しでも早く布団に入る努力を

10分でも15分でも早く布団に入れればそれだけ多くの睡眠時間の確保ができます。
忙しい時ほどスキマ時間を上手に使って時間のやりくりをしていきましょう。

睡眠時間が増やせないなら、睡眠の質を上げて行く方法をとるしかないので、体の一日のリズムを大事に過ごして行きましょう。

スポンサーリンク


イライラ解消法

癒やし

ストレスがたまっているとイライラが起きやすくなります。
そして、ストレスがたまっていると呼吸が浅くなります。

呼吸を整える事でリラックス効果を感じる事ができますので、早く浅い呼吸を深くゆっくりとした呼吸に意識して変える事でイライラを解消する事ができます。

深呼吸でリラックス

背筋を伸ばしておなかのあたりを意識しながらゆっくり息を吐きます。
吐ききって肺の中が空っぽになった感じがしたら、力を緩めると自然に息が吸い込まれて行きます。

これを繰り返し行って新鮮な空気を体の中に取り入れてみましょう。

できれば、部屋の空気を換気して朝の新鮮な空気で深呼吸できればさらに効果的です。

布団の中で伸びをしてみる

それと、布団の中で大きく伸びをすると体がリフレッシュされた様になり、朝の憂鬱な気分に変化が出ますので、布団の中で良いので、思いっきり伸びをしてみましょう。

できることなら、朝はすっきりと気持ちよく起きたいですから、朝が来るのが楽しみになる仕掛けを自分で作るのも手です。

ストレス解消法を持つ

そして、イライラが起きるのは普段のストレスから来ている可能性大ですから、ストレス解消法を持つ事がイライラの軽減につながるかもしれません。

何が原因でこうなっているのか、自分でもよくわからないかもしれません。
それでも起きたこととそのときのからだの様子や気分などを注意深く観察して行くとぼんやりと原因らしきものが見えてくる事がありますので、どういう気分の時にどんな反応が出やすいのかに目を向けておく事もおすすめです。

スポンサーリンク

  おすすめ記事

睡眠不足
ダイエットの敵・睡眠不足 基礎代謝の低下と異様な食欲を引き起こす原因

日本人の睡眠時間は短い 日本人は睡眠時間が外国と比べて平均的に短いので、睡眠不足 …

口内炎
口内炎になる原因は? どんな栄養、ビタミンを摂るといい?

口内炎になる原因は? 口内炎になると物を食べるときにしみたりしますので、 ひどい …

血糖値
栄養豊富なお米でダイエット 血糖値を上げにくくするための食べ方

お米は栄養バランスがいい お米はあの米粒の中に たくさんの栄養が含まれた バラン …

冬は夏より代謝がアップ ダイエットを成功させるためにはむくみケアを

冬には代謝がアップ 冬太りという言葉があるくらいですから、 冬は太る季節と思われ …

熟睡
短時間で熟睡する 寝る前の習慣と寝室の環境を見直して質の良い睡眠を得る方法

睡眠不足でお疲れモード 日本人は世界の中で比較して睡眠時間が短いといわれています …

蚊取り線香
蚊を落とす蚊取り線香の有効成分 効果の持続時間はどのくらい?

夏は蚊の季節。 外では虫よけスプレーなどで しっかり対策をしていても、 家の中で …

仲良く
間違った枕選びがいびきや睡眠の質をひどくする? 正しく選ぶためのチェックポイント

いびきは周りに迷惑をかける いびきは寝ている間のことなので、自分で確認のしようが …

歩き方
腰に負担をかけずに腰痛になりにくい歩き方のポイント 普段やっているNG行為とは?

腰痛になるかも・・・の恐怖 普段から腰痛になりやすい人は、運動をすると悪化しそう …

花粉症 のど
喉の痛みや咳の原因は花粉症のための口呼吸 潤いを与えるうがいの仕方

花粉症の症状は鼻や目だけではない 花粉症の症状は鼻水、くしゃみ、 目のかゆみと言 …

猫
人間用とペット用の蚊取り線香 安全性や持続時間はどう違う?

夏の虫よけ 夏になると蚊が出てくるので、 犬や猫などもペットを飼われている方 は …

 - ヘルスケア, 睡眠 イライラ, 原因, 寝起き