シミやそばかすを消す方法 紫外線対策をしてこれ以上増やさないためにできる事

シミ そばかすスキンケア
この記事は約3分で読めます。
シミ そばかす

シミやそばかすをこれ以上増やさないために

シミやそばかすができているのを見つけてしまったときの
ショックは計り知れないですね。

一回できると消すことはなかなか難しいので
できないようにする工夫が大切です。


スポンサーリンク


紫外線対策はオールシーズン

シミやそばかすの対策は夏だけしたらいいやと思いがちですが、
意外と春でも紫外線の量は多く、対策をしておく事が必要なのです。
どのようにケアをしていったらいいかをリサーチしてみました。

シミやそばかすができる原因は?

まずシミやそばかすの原因は何なのでしょうか。
シミ、そばかすに関連のある言葉として、メラニン色素がありますね。
メラニン色素は、肌を黒くする色素で肌が紫外線に当たった時に
肌を守ろうとしてメラノサイトが作られたときにできる物質です。

本来であればメラニンは肌の角質の中にできてきますが、
肌のターンオーバーとともに皮膚と一緒にはがれて
元のきれいな肌になるはずなのですが、ターンオーバーが
乱れていたり遅くなったりすると肌にメラニン色素がたまった状態になってきます。

ここで、シミやそばかすができる、という訳です。

そのため、肌を紫外線から守って、メラノサイトを
作らせないようにすることがまず大事なことになります。

また、できてしまったシミやそばかすは完全に消す事はできませんが、
ターンオーバーを正常化させることができれば、
少しずつ古い皮膚と一緒にはがれて行ってくれますので、
だんだん気にならなくなってくると思います。

まず紫外線から肌を守る対策としては、直射日光に当たらないことです。
外に出るときには必ず日焼け止めをつけて肌を紫外線からガードするようにしましょう。

できれば日傘を使うなどして紫外線を防御できればなおいいですね。


スポンサーリンク


紫外線から肌を守る

紫外線対策は夏だけやればいいやと思いがちですが、
一年を通して紫外線は降り注いできていますので、
できれば一年を通してずっと紫外線対策をしておくのがベストです。

日傘は夏場だけ、日焼け止めは通年通して使っていくのがおすすめです。

シミ、そばかすができる原因として、肌を強くこすったりすることがあげられます。

肌に刺激を与える事は極力避けて

顔を洗う時やメイクを落とす時に力任せにゴシゴシと顔を洗ってしまうと
それが刺激となり色素沈着してしまう事もあります。

メイクを落とす時には、こすらずに肌の上で
指を滑らせるようなイメージで行いましょう。

洗顔の時には、石けんを十分に泡立ててから使うようにしましょう。
何かのCMみたいですが、泡で洗う事を意識して洗顔してみてください。

ニキビは跡ができやすいので注意

ニキビができた場合は触らずに自然に治るまで待ちましょう。
ニキビの跡がシミとして残ってしまう場合もあるので、
下手に触ったりしないように注意しましょう。

シミ、そばかすにいいとされている栄養はビタミンAやビタミンCです。
ビタミンCは化粧水などでも配合されていますから、
肌によさそうだという事は知っている方も多いかと思います。

肌の上からビタミンを塗るのも効果的ですが、
肌に必要な栄養をしっかり摂って体の中からと外からの
両方からケアをしていくようにしたいですね。

スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました