猫好き栄養士の気まぐれNEWS

猫バカな管理人が季節のイベント情報、食べ物のこと、家事のことを気まぐれに語ります。

*

フライパンで揚げ物をおいしく安全にするコツ 少量の油で節約&片づけ楽々!

      2016/10/19

揚げ物

フライパンで揚げ物をするコツ

揚げ物が億劫に感じてしまう理由の一つとして
後片付けが面倒・・・ということがありますね。

天ぷら鍋を使ったとしたら
大量の油の処理が待っています(T-T)

フライパンで揚げ物をすれば
少量の油だけですむので、後片付けが楽々です。

引火してしまう危険があるので
フライパンでの揚げ物が怖い、と
言う方もいると思いますが
気をつけるべきポイントを守れば
大丈夫。

フライパンで揚げ物をするコツを
ご紹介します。

スポンサーリンク

フライパンで揚げ物をするメリット

フライパンで揚げ物をするメリットは
使う油の量が少なくて済むことです。

揚げ物鍋で上げるとものすごく
大量の油が必要です。

残った油は濾してオイルポットに
ためておきますが、
あんまり古い油を使うのも
嫌ですよね。

揚げ物のメニューによっては
油にニオイが移りますし、
油の酸化も気になります。

使用期限は使う人それぞれですが、
都度油を捨てているという人も。

油にこだわりがある家庭では
いい油を使っている場合もあり、
残った油をそのたびに捨てていたら
大変なことになってしまいますね。

フライパンで揚げ物を作る時の
おすすめレシピはこちら。



フライパンで揚げ物をする時のコツ

材料を入れるときは時間をずらして

フライパンで揚げ物をする時は、
油を多めに入れて揚げ焼きにするイメージですが、
油の量が少ないため、一気に材料を入れると
油の温度が急激に下がってしまいますので、
材料を入れる時はゆっくりと入れるように
心がけてくださいね。

火加減は弱めに

それと加熱するときの
火加減にも気を付けてください。

フライパンで揚げ物をする時には
少ない油であげられる分、
加熱時間が長いと油の温度がどんどん上がって
最悪の場合発火してしまいます。

最初は強火でもいいですが、
油の温度が上がった後は中火や弱火にして
揚げ物をするようにしてください。

たぶん、フライパンで揚げ物を長い時間していて
火加減が強すぎる場合は油の温度が上がって
煙が出てきたりしますので、そうなった時、
できればそうなる前に火加減の調節をしてみてください。

最近のガスコンロはSiセンサーがついているので、
ある程度の温度になったらコンロが自動的に
弱火にしてくれる機能があります。

そのようなセンサーがついている方で
揚げ物をすると、より安全に調理ができますよ。


スポンサーリンク


菜箸の温度計を使うと安心

心配な場合は菜箸に温度計がついている物が
ありますので、油の温度が上がりすぎないように
していくのも一つの手かと思います。

テフロンの場合は揚げ物は避けて

お使いのフライパンがテフロンの場合は
揚げ物は避けた方がいいかもしれません。

テフロンのフライパンは
フッ素樹脂加工されている物なのですが、
テフロンは高熱で熱せられるとテフロンが
徐々に劣化してはがれたり気化したりして
フライパンの寿命を短くしてしまうことが考えられるためです。

テフロンが気化すると有害と言う説も

テフロンが気化したガスが
有毒だということもあるようなので、
テフロンのフライパンを長時間加熱するのは危険ですね。

フライパンで揚げ物をしたいのであれば
テフロン加工されていない
鉄のフライパンを使うのがよさそうです。

鉄のフライパンはお手入れが面倒といわれていますが
コツをつかめば簡単です。

お手入れ方法など、記載しています。





素材を薄く切って火の通りを早く

フライパンで揚げ物をする時間を
できるだけ短くするために
素材の切り方なども工夫して薄く切るとか、
気持ち小さめに切るとかをしておくと
油の熱し過ぎを防げるのでおすすめです。

おいしく作るためのポイントは
火加減です。

コンロが自動的に温度管理をしてくれるものも
ありますので、温度設定をして使うのもいいですね。

最近のコンロはホントに頭がいいので、
いろんな料理を自動的に作れたり
するものもたくさんあります。

揚げ物もコンロを上手に使って
おいしく作っておいしく食べましょう。

ただし、カロリーが高くなりますので、
食べ過ぎには注意!!です。

スポンサーリンク


フライパンは誰でも手軽に使えて
便利な調理アイテムですよね。

手間はかけたくないけど
おいしい物を食べたいって時は
フライパン一つでできる料理がおすすめ。

フライパン一つで
いろんなことができてしまうので、
簡単なのに手の込んだような
料理だって作れちゃいます。

フライパンを使った簡単レシピや
お手入れ方法についてまとめページを
作りました。

こちらも合わせて見てくださいね。

style="display:inline-block;width:600px;height:400px"
data-ad-client="ca-pub-7332008026934789"
data-ad-slot="7309355681">



style="display:block"
data-ad-client="ca-pub-7332008026934789"
data-ad-slot="4667667282"
data-ad-format="autorelaxed">

  同じカテゴリの記事

水道
水道代の節約術 トイレの水と元栓の調節で大幅ダウン

水道代を節約 水道代はそんなにムダ使いを しているつもりがないのに、 なぜか高か …

たたむ
シャツのたたみ方のコツ 長袖編 収納する時の事を考えてたたみ方を考えよう

長袖シャツのたたみ方に裏ワザはない 長袖のシャツは半袖の物よりちょっとたたみづら …

a0790_001075-300x1981
防寒対策で一番力を入れたいのは窓 ビニールカーテンを使ってスキマ風対策

防寒対策で最重要なのは窓のカーテン 防寒対策として一番力を入れたいのはカーテンで …

パスタ
フライパン一つで蒸しパスタ 時短で節約なのに生パスタの味わい♪

パスタの茹で方の常識が覆る パスタをゆでる時にはたっぷりの お湯を沸かして塩を入 …

とんかつ
揚げないとんかつのフライパンでの作り方 衣がはがれずサクサクに揚がる温度とコツ

プロの味を自宅で 揚げたてのとんかつって 最高においしいですよね。 たまにとんか …

洗濯
ワイシャツの襟、袖汚れの簡単な落し方 おすすめな洗剤・石鹸は?

きちんと洗濯しているのにワイシャツが汚れて見える ワイシャツをきちんと洗濯してい …

天ぷら
フライパンで天ぷらをおいしく作るコツ 下ごしらえや揚げる順番や時間

天ぷらのコツ 天ぷらはサクサクの衣が命! ということで、前回はおいしい天ぷらの …

セーター
毛玉ができやすいセーターの素材と洗濯の仕方 できてしまった毛玉をキレイに取る方法

お気に入りのニットほどすぐ毛玉が・・・ 冬の寒い時期にはセーターが大活躍ですね。 …

卵焼き
少人数でも作れるだし巻き卵におすすめのフライパンとレシピ 冷凍&解凍方法も

みんな大好き卵焼き 卵焼きはみんなに愛されている 定番のおかずですね。 だし巻き …

フライパン
シーズニングは鉄のフライパンの使い始めのお手入れ 失敗なしの簡単な方法

鉄のフライパンは扱いにくい? 鉄でできたフライパンは手入れをきちんとしたら ずっ …

 - グッズ, 家事 調理器具