猫好き栄養士の気まぐれNEWS

猫バカな管理人が季節のイベント情報、食べ物のこと、家事のことを気まぐれに語ります。

*

オフィスでもできる冷え性対策 足を冷やさない靴下と体操

      2015/12/27

f0af1f37279334d94c4bd833645a70eb_s

冷え対策で自分を守る

冷え症は他の人に理解されない分
とってもつらいですよね。

自分は寒いのに、すごく暑がりの人が
近くにいたりするとエアコンの温度変更も
ままならない事も・・・。

冷え症は冬だけが辛いイメージですが、
夏でも冷房で冷えてしまう事もありますね。

出来れば冷え症を軽減できればいいですが
体質なのですぐには難しいです。

自分でできる冷え対策をして
寒さを軽減していきましょう。

スポンサーリンク

冷え症対策のポイント

冷え症の対策としてまず考えられるのは、
服を重ねてあっためる事。

あんまり重ねると着ぶくれしてしまいますから
機能性インナーを活用して体温をできるだけ
逃さないように工夫をしていきましょう。

腹巻

特に体幹部分のお腹周りを
しっかり温めて行きましょう。

おしゃれでかわいい腹巻も出ていますから
そういうアイテムを利用していきましょう。

腹巻で体幹部分を温めると
代謝がよくなるので、ダイエットにもいいとか。

靴下

足の冷えにはやっぱり靴下です。

また、意外な盲点としては足が冷える時に
足の指の間の汗で冷えるということがあるらしいのです。

五本指の靴下を着用する事で
冷え症が軽減するかもしれません。

その場合、素材にこだわって
シルクの靴下とかを履くとさらに足が温まります。

足指を動かして血行促進

冷え症だけど靴下を履けないという場合には
足の指を動かして血行を促進して冷えを軽減する方法もあります。

足指は体の末端に位置していますので、
この足指を動かす事で足全体の血行が良くなり、
冷え症の情報が軽減する、といった仕組みです。

これならオフィスでもこっそり
実行できますので、おすすめです。

ブーツとかを履いていると
できませんがそうでなければ気が付いたときに
実行するだけでもずいぶん違うと思います。

むくみにも効果的ですので、
午後になると足がむくんでしまう方にも
おすすめです。

足のストレッチで血行を促してあげるためには、
足の指でじゃんけんをするように
開いたり閉じたりするだけでOKです。

普段意識をしていませんが、
足でじゃんけんをするのって意外と難しいです。

きちんとできなくても落ち込まず練習を積んでください。

そのうちできるようになると思いますし、
足の指を動かす事が重要ですので、
じゃんけん以外の動きでもいいので
動かしてみてください。

スポンサーリンク


足湯で温めて血行を促す

足湯をして温めてあげる方法もあります。

足湯用のグッズも売られていますが、
バケツなどでも代用可能です。

気持ちいいと感じる温度のお湯を
バケツに張って足を入れてしばらくそのままでいましょう。

途中でお湯が冷めてきたら
足し湯をして気持ちいい温度を保つように
するのがポイントです。

足湯のお湯に好みのアロマオイルを
垂らしてみたりとかすると、
足湯で同時にリラックスも出来るのでいいですね。

自律神経で冷え症を軽く

お風呂で冷え症を軽減する方法もあります。
つめたい水と温かいお湯を交互に
足にかけて自律神経を正常にして血行を促進するのです。

お湯と冷水を交互に

冬だと湯船につかる事が多いと思いますので、
しっかり温まった後、足に冷たい水をかけて
冷やした後で温かいお湯をかけて、を繰り返し行うだけです。

足でできない場合には
手でやってもOKです。

足も手も体の末端に位置していますので、
効果は同じです。

血行が促進されますので、冷え症から
くるむくみなどにも効果的です。

最後にお風呂上りに冷たい水をかけて
お風呂からあがるととさらに効果的です。

ちょっと考えただけだと逆効果なような
気もしてしまいますが、お風呂上りに冷たい水を
かけておくことで血管をギュッと引き締めて熱を逃さない効果が期待できます。

そのため、しっかり温まって上がるより
体が冷えにくいとのことです。

持病のある方は実践いただけない場合もあるようなので、
自分の健康状態に合わせて実行してみてくださいね。

冷え症の方の場合、むくみなどもセットで
お悩みの場合が多いです。

とにかく体を締め付けすぎない事、
温めて冷えないように工夫することが
何より大事です。

スポンサーリンク

style="display:block"
data-ad-client="ca-pub-7332008026934789"
data-ad-slot="4667667282"
data-ad-format="autorelaxed">

  同じカテゴリの記事

お茶
お茶で花粉症対策 べにふうき、甜茶、ポリフェノールの効果

花粉症の対策にお茶? 花粉症対策にお茶を活用すると つらい症状の軽減ができる場合 …

睡眠
しっかり寝ても眠い時の睡眠の質の高め方 疲れをしっかり取って便秘解消

現代人は睡眠不足 学校や仕事で忙しくしていると、つい睡眠時間を削ってしまいますよ …

寝起き
寝起きが悪い原因 朝のだるさを改善するために簡単だけどやっておきたい事

寝起きが悪い人 寝起きが悪い人は朝起きるだけでも一仕事って感じですよね。 私も朝 …

夜中
つらい眠れない夜に嘘みたいに眠くなる方法 布団の中でも使える最強アイテムとは?

眠れない夜 明日の朝は早いのに、どうしてか布団に入っても眠れない時ってありますよ …

いびき
女性のいびきの原因と治し方 ホルモンのおかげで割合は少ないが悩みは深刻

女性のいびきの悩み 自分では気づいていないですが、疲れている時などにいびきをかい …

a1180_016217-300x2021
スマホの疲れ目対策 ブルーライトカットや目薬などで対応を

スマホの疲れ目対策 電車の中などでスマホの画面をずっと見ている人、多いですよね。 …

寝られない
不眠症は睡眠障害 薬に頼らず飲み物・食べ物と生活習慣を見直して症状を軽減

不眠の悩みを持つ人 日本では、4割~5割ほどの人が不眠だと言われています。 日中 …

睡眠
寝るだけダイエットの成功の鍵 効果的な睡眠の取り方と成功させる仕組み

挫折しやすいダイエット ダイエットをしようと決意しても、運動や食事制限のつらさが …

冬は夏より代謝がアップ ダイエットを成功させるためにはむくみケアを

冬には代謝がアップ 冬太りという言葉があるくらいですから、 冬は太る季節と思われ …

目
レーシックの後遺症の確率は5割超? ドライアイや視力低下が発症することも

レーシックで本当に視力が上がる? レーシックは安全であるイメージですが 意外にも …

 - ヘルスケア 冷え症