ストレスと便秘を一気に解消! いつでもこっそり実践できる簡単な解決法

ストレスヘルスケア
この記事は約4分で読めます。
ストレス

便秘の原因は複雑

便秘で悩んでいる人は多く、女性だと5割、男性だと3割と言われています。
野菜を食べないから、食事が偏っているから、などいろんな原因が言われていますね。

下剤などの薬に頼れば一時的には楽似なるかもしれませんが、腸が自力で動く事をしなくなってしまうので、ずっと薬に頼らなくてはいけなくなってしまいます。

毎日きちんと自力で出せる様に調整していく事が必要になってきます。

食事や運動をしても効果なし?

そこで、食事や運動に着手する事になりますが、思うような結果が得られないケースも多いのではないでしょうか。




そんな時はストレスが便秘の原因になっていないかどうかをチェックしてほしいです。

便秘とストレスの関係についてご紹介します。


スポンサーリンク


ストレスが原因の便秘

便秘になってしまう原因としてストレスがあるのをご存じですか?
このストレスフルな時代ですから、ストレスがないという人は少ないと思います。

腸は脳との関係が深く、第二の脳とも言われています。
大事な試験が近くなると緊張しておなかが痛くなったり、下痢をしてしまったり、逆に便秘になったりする事がありますよね。

ストレスで腸が動きにくくなる

これが腸へのストレスの影響です。
腸の動きには自律神経が大きく関係しているので、ストレスの影響で動き過ぎたり動かなくなってしまったりもするんです。

試験などであれば一時的な物なので、過ぎ去ってしまえば上記の症状も治まってくると考えられます。

学校や職場などで大きなストレスを抱えている場合には、ストレスにさらされ続ける状態が続きます。
腸の動きに大きな影響を与えてしまうんです。

スポンサーリンク


ストレスを上手に発散

このようなストレスは上手に発散して溜め込まない様にする事が大事です。

そうはいってもストレスを解消する方法って人それぞれなので、なかなか難しい所です。

ストレスの原因を突き止める

まずは何がストレスになっているのかをじっくり考えて見ましょう

学校だったら・・・友人関係・勉強が難しい・進路のこと・・・etc
職場だったら・・・人間関係・仕事内容・休みがない・お金のこと・・・etc

もちろんストレスの原因は一つだけではなく複数あるかもしれません。
まずは何がストレスなのか突き止めてみましょう。

それは今おきている問題?

原因がわかったら、どうしてそれがストレスなのかを考えてみましょう。
もしかしたら起こってもいないことを考えてストレスを感じているだけかもしれません。

本当に今起こっている事に対してのストレスって意外と少ないものです。
これから先のことを心配したり、過去にあったことを思い出してストレスになっていたりする事も多いです。

そんな時は今現在の事だけに集中する事でストレスを減らしていける物です。

人は一度に二つのことを考える事ができません。
ストレスがむくむくと育ってきている気がしたら、今している事に目を向けてみましょう。

お茶

お茶を飲んだ時の香りやのどを通る感触。
風が吹いている時の香りや温度。
立っている時の足の裏の感触。

ストレスを感じている事から別のことに意識を向ける事でストレスの渦の中から抜け出す事ができる様になります。

ストレスを感じたと思ったら、意識をほかのことに切り替えて見てください。

冷静になってストレスに対処

そして、一度冷静になった状態で問題を解決するにはどうしたら良いか?と考えた方がストレスを軽減できますよ。

原因がわからないとストレスの中でぐるぐると思考してしまうのですが、一度断ち切るとその思考をストップできる事があります。

ちょこっと意識しておくだけでも違うので、試してみてくださいね。

スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました