猫好き栄養士の気まぐれNEWS

猫バカな管理人が季節のイベント情報、食べ物のこと、家事のことを気まぐれに語ります。

*

みかんの栄養とカロリー 白い筋も食べて美肌をゲット

      2015/12/27

みかん

みかんの栄養素

みかんがスーパーなどに並び始めると
いよいよ冬がやってきたな、と感じますね。

みかんは肌にとっても
冬の体にとっても役立つ
ビタミンが豊富に含まれています。

どのような成分が肌や体に良いのか、
カロリーはどのくらいなのか、調べてみました。

スポンサーリンク

みかんのカロリー

みかん100gあたりのカロリーは、
約45Kcal。

中くらいのサイズのみかんで
皮まで含めて約100gです。

皮は食べませんからその分を差し引くと
身の部分だと35Kcal程度になります。
(※みかんによって誤差が出ますので
おおよそになります。)

食べ過ぎは禁物ですが、
水分が多いため思ったほどカロリーは
高くありません。

お肌に良いとされるビタミンCも豊富ですから
毎日ちょっとずつ食べるようにしたいですね。

みかんの栄養

そんなみかんに含まれる栄養は
美肌にも効果的なのです。

美肌の栄養素と言えば
一番に思いつくのはビタミンCですね。

みかんにももちろん含まれています。

一個食べたとして一日に必要な
ビタミンCの約半分を摂取することができます。

ビタミンCでシミ予防

ビタミンCはシミを予防したりできてしまった
シミを薄くしたりと言ったところで活躍します。

また、みかんの季節の冬は風邪の季節でもありますので、
自分自身の免疫を高めるためにも
たくさんのビタミンCを摂るように心がけましょう。

スポンサーリンク

ビタミンCの性質

ビタミンCは水に溶ける性質を持つ
ビタミンです。

一日にたくさん摂っても
貯めておくことができません。

毎日キチンと継続して摂ることが大事です。

ビタミンCがより多く必要な人

特にストレスを抱えている人、
たばこを吸う人は余計にビタミンCを
消費してしまいます。

通常の人よりも多くビタミンCを
摂るようにしてくださいね。

みかんの白い筋にも栄養がいっぱい

みかんの栄養はこれだけではありません。
みかんの皮をむいたときに現れる白い筋はどうしていますか。

口に残るのがいやで捨ててしまう方も
多いかと思いますが、白い筋にも
みかんの栄養が含まれていますので、
捨てずにみかんと一緒に食べてください。

便秘を改善する効果

白い筋は食物繊維が豊富ですので、
便通を整えてくれる効果が期待できます。

便秘の状態が続くと、ニキビができたり
肌荒れする経験をお持ちの方も多いと思います。

いらない物をきっちり出していくためにも
食物繊維をたくさん撮りたいですね。

みかんの白い筋の栄養はそれだけではありません。

血行促進効果

ポリフェノールの一種で
ビタミンP(ヘスペリジン)という
物質も含まれていて、毛細血管を
強くしたり血流を促進したりする働きがあります。

毛細血管が強化されると
肌のすみずみまで栄養を届けることが
できるようになります。

ビタミンCの吸収をサポート

それとみかんに含まれるビタミンCの
吸収をサポートしてくれますので、
白い筋を捨てずに食べた方が得策です。

ですから、美肌への効果が期待できますね。

また、肌の老廃物をスムーズに流すことができれば
肌の新陳代謝が促進されて新しく
肌が生まれ変わるのを助けてくれます。

つまり、ターンオーバーが正常化したら、
常にキレイな肌ができてきますので、
シミやシワなどの肌トラブルにも期待ができます。

みかんの皮でみかん風呂

おいしくみかんをいただいた後に残る皮も
使ってさらに美肌を目指しましょう。

みかんの皮を干してカリカリの状態にしておくと、
陳皮というものが出来上がります。
これをネットなどに入れてお風呂に入れると、
皮に含まれている成分のリモネンが
体を心から温めて、血行を促進してくれます。

また、香りがとてもいいので、
リラックス効果が期待でき、
心まで穏やかにしてくれます。

みかんの栄養をしっかり摂って
美肌と健康を手に入れましょう。

みかんのお取り寄せ

管理人の家では、いつも冬になると
大量のみかんを消費します。

食べやすいので、気づいたら
たくさん食べてしまっていた、
と言う感じです。

たくさん食べたいので、
管理人の家ではネットで
みかんのお取り寄せをする事にしています。

重たい物を持ってこなくて済むので、
とっても重宝しています。

少ししか食べないのであれば、
消費するのが体験ですが、
たくさん食べるご家庭なら
検討してみるといいかもしれません。

ちなみに管理人の場合は
楽天で買うことが多いです。

スポンサーリンク
style="display:inline-block;width:600px;height:400px"
data-ad-client="ca-pub-7332008026934789"
data-ad-slot="7309355681">



style="display:block"
data-ad-client="ca-pub-7332008026934789"
data-ad-slot="4667667282"
data-ad-format="autorelaxed">

  同じカテゴリの記事

スイーツ
残りご飯でアレンジ【スイーツ編】余ったお米がデザートに大変身

余ったご飯はどうしてる? いつもと同じ量を炊いたのに、 なんだか余ってしまったな …

おにぎり
コンビニのおにぎりのカロリーは具の種類によって異なる カロリーが低い具はこれだ

コンビニおにぎりのカロリー コンビニのおにぎりはいろんな 種類があって面白いです …

ゼリー
梅酒で作るゼリーの簡単な作り方 材料のゼラチン、寒天、アガーの違いは何?

梅酒をゼリーで楽しむ 梅酒は飲むだけではなく、 ゼリーなどのスイーツにもなります …

母の日 お菓子
手作りのお菓子なら自分流の味付けができる 母の日におすすめのレシピ集

母の日に手作りのお菓子をプレゼント 母の日のプレゼントにお菓子を 手作りして渡す …

小松菜の栄養の効果 ビタミンを逃さない加熱方法

小松菜に含まれる栄養を効率良く摂るには 小松菜は一年中手に入る野菜ですが、 旬は …

いちごジャム
いちごジャムをレンジで作る レモン汁がない時の代替え品はコレ

いちごジャムをレンジで簡単に いちごジャムってお鍋でコトコト煮込まないといけない …

おにぎり
野菜不足を解決するためのおにぎりの具の選び方とレシピ

おにぎりランチは野菜が不足しがち おにぎりは片手で食べられるので、 忙しい時のお …

年越しそばの人気のレシピは鶏?きつね? 関東と関西のつゆの違いは?

年越しそばの種類 年越しそばは、かけそば、ざるそば、 盛りそば、のどれでもOKな …

黒豆
黒豆は栄養豊富な食べ物 タンパク質豊富で鉄分も含み、むくみ解消にもいい

黒豆の栄養 黒豆は大豆の一種なので、良質なたんぱく質など、 アントシアニン以外の …

黒豆をシワなくふっくら煮るポイント 釘や重曹を入れる理由とは?

黒豆はダイエットに良い食品 黒豆お正月のイメージですが、 様々な栄養が含まれてい …

 - 料理, 栄養 みかん, 果物, 栄養, 美白