猫好き栄養士の気まぐれNEWS

猫バカな管理人が季節のイベント情報、食べ物のこと、家事のことを気まぐれに語ります。

*

おにぎり特集 気になるカロリーや人気のレシピ情報も

      2017/02/23

おにぎり
陽気がよくなってくると
お弁当を持ってどこかへ出かけたくなりますね。

そんな時におすすめなのは
やっぱり手作りのおにぎりです。
スポンサーリンク

どんな具が人気があるのか、
長持ちさせるためにどうしたらいいのか、
気になるカロリーについて、などなどまとめてみました。

おにぎりの気になるカロリーは?

おにぎりはコンビニでも売っているので
ランチなどで手軽に食べることができますね。

手軽に食べられる分普段おにぎりを良く食べる方は
これ一個でどのくらいのカロリーがあるんだろうか?
と疑問に思う事もありますよね。

おにぎりのカロリーは中に入れる具によって
大きく異なってきますので、いろんなパターンで
調べてみました。



おにぎりとおむすびの違い

おにぎりはおむすびとも言いますが、
それぞれ語源が違っていた事をご存知でしたか?

諸説はいろいろとあるようですが
形から由来しているという説、
関東と関西とで違うという説などがあります。

どのように違うのかをまとめてみました。


おにぎりでランチ代を賢く節約

会社や学校へ行くとき、お昼代を毎回出していると
けっこうな出費になります。

おにぎりを作って冷凍しておく事で
朝の貴重な時間をあまり割かずにお弁当を
持っていく事ができますよ。

一回のお昼代が500円として、ひと月20日としたら
毎月1万円前後がお昼代に消えている計算になりますね。

おにぎりの冷凍を上手に利用して
節約を目指してみませんか。


おにぎりを素手で握ってはいけない理由

おにぎりを作る時、すぐに食べるのであれば
素手で握っても大丈夫ですが、お昼などに食べるようとして
朝におにぎりを握るのであればラップやビニール手袋を
利用しましょう。

おにぎりはアツアツのご飯で握るとおいしくできますが
ラップを使うと塩をつけるタイミングで迷いますね。

いつがいいのかなどまとめています。


梅干しのおにぎりは冷凍にも◎

梅干しのおにぎりは疲れている時に
あの酸っぱさがたまりませんね。

梅干しの抗菌効果も期待できるので、
梅雨や夏場の食品が傷みやすい時期にも
おすすめの具です。

冷凍にも向いていますので、
時間のあるときにたくさん作って冷凍しておいても◎


子供のおにぎりの工夫

子供のお弁当におにぎりを入れるのであれば
見た目のかわいさはもちろんの事、
食べやすさにも配慮してあげたいですね。

子供に人気の具についてもまとめています。



おにぎりに塩つける理由

おにぎりは外側に塩をつけるのが一般的ですが、
コンビニのおにぎりの味を出したいなら
ご飯を炊く時に一緒に塩を入れるのポイントだそうです。

また、おにぎりに塩をつける理由についても調べてみました。


スポンサーリンク


おかず入りおにぎりで時間がなくてもしっかりご飯

忙しい方向けに、
おにぎりの中におかずが入った物をご紹介。

仕事が忙しくて昼ご飯を食べている暇がない時も
おにぎりなら片手で簡単に食べることができます。

中におかずを入れておけば栄養バランスも
少しは整いますね。

また、食べ盛りの子どもの場合には卵でくるんで
オムライスおにぎりもおすすめ。


おにぎりの海苔が噛み切れない・・・

おにぎりの海苔を巻いている時、
しっとりした海苔だと噛み切れない場合がありますね。

そうならないための対処についてまとめています。
おにぎりだけでなくのり弁にも応用可能。


たまには洋風おにぎりも

いつものおにぎりの具に飽きたら
洋風のおにぎりにしてもいいですね。

ハムやチーズを使ったおにぎりなら
チーズを少し焦がしておくと香ばしくて
とてもおいしい一品になりますよ。

ちょっと豪勢に生ハムを使ったおにぎりもご紹介。



おにぎりを腐りにくくするには

夏場は食品が傷みやすい時期で
おにぎりも例外ではありません。

お昼まで持たせるための工夫についてまとめています。



おにぎりに野菜をプラスして栄養バランスを整える

おにぎりは炭水化物がメインになり、
具もそんなに多く入れられないため
これだけだと栄養のバランスが崩れてしまいます。

野菜たっぷりのお味噌汁をプラスしたら
食物繊維がとれて栄養バランスが少し整います。

おにぎりと味噌汁でダイエットにも良いとか。



おにぎりランチが好きな人は
どうしても野菜が不足しがち。

ならばおにぎりの具に野菜を上手に取り入れて
野菜不足を少しでも解消してみませんか。



明太子のおにぎりは生だと腐る?

明太子のおにぎりはおいしいですが、
生のままだと食中毒が心配です。

かといって焼いてしまうと本来のおいしさが減ってしまいますね。

生の明太子おにぎりを作る時の注意と
明太子おにぎりの栄養についてまとめています。



おにぎりを大量に作る場合の計算

おにぎりを大量に作る事になった場合
どのくらいのお米があれば足りるのか
心配になりますね。

どのように計算したらいいのかなどを
まとめています。


スポンサーリンク

  おすすめ記事

お月見
仲秋の名月のお月見を思う存分楽しむ方法 準備の仕方のポイント【特集】

秋の夜長は夜空を楽しんで 秋になると空がとってもきれいですよね。 空が高くなって …

黒豆をシワなくふっくら煮るポイント 釘や重曹を入れる理由とは?

黒豆はダイエットに良い食品 黒豆お正月のイメージですが、 様々な栄養が含まれてい …

おにぎり
コンビニのおにぎりのカロリーは具の種類によって異なる カロリーが低い具はこれだ

コンビニおにぎりのカロリー コンビニのおにぎりはいろんな 種類があって面白いです …

米
お米のおいしい炊き方 炊飯器の目盛を使って水をしっかり測るのがポイント

炊飯器でおいしく炊くコツ お米を炊飯器で炊くときにちょっとした 注意をするだけで …

キャベツ
おいしいキャベツの見分け方 冷蔵と冷凍の上手な保存方法

キャベツは最後までおいしく食べよう キャベツは丸ごと1個買ってくるとつい食べ切れ …

お正月
おせち特集 気になるカロリーや栄養・作るコツをご紹介します

おせちは日本の行事食で お正月には欠かせない食べ物ですね。 私はおせちが大好きな …

潮干狩り
潮干狩り特集 あさりをたくさん獲るコツ・砂抜き・保存

温かくなってくると 潮干狩りなどの海辺のレジャーに出かけたくなりますね。 スポン …

じゃがいも
じゃがいもをレンジで加熱する時、皮つきのままの方がメリットが大きい理由

じゃがいもをレンジで加熱するとき 春は新じゃがの季節ですね。 レンジでじゃがいも …

たけのこ
たけのこの水煮の冷蔵庫での保存はどのくらい? 長持ちさせるポイントは?

生のたけのこをゆでたら風味が違う たけのこはやっぱり自分でゆでたものの方が、 あ …

小松菜の栄養の効果 ビタミンを逃さない加熱方法

小松菜に含まれる栄養を効率良く摂るには 小松菜は一年中手に入る野菜ですが、 旬は …

 - おにぎり, 特集, 食べ物 おにぎり