猫好き栄養士の気まぐれNEWS

猫バカな管理人が季節のイベント情報、食べ物のこと、家事のことを気まぐれに語ります。

*

短時間の睡眠でもすっきり起きられるコツ 睡眠不足の怖い影響はどんな症状? 睡眠特集

   

睡眠不足になると

睡眠不足

日本人は世界の平均から見ても、睡眠時間が短いといわれています。
忙しくてやることが追いつかないと、寝るのがどんどん遅くなってしまいます。

結果、しわ寄せが来るのが睡眠時間を削るしかなくなります。

睡眠不足を自覚している方は意外と多いので、快眠に関する事などは誰もが知りたい内容なのではないでしょうか。

実際、私もパフォーマンスに影響を与えずに睡眠時間を減らす方法があれば知りたいと思っていました。

睡眠不足の体や脳への影響や、対策などをまとめました。

気になる記事を読んでみてくださいね。

スポンサーリンク


影響

毎日の仕事や勉強が忙しかったり、やることが山積みになっていると、寝る時間を削ってやることを終わらせるしかなくなる事がありますね。

やることが終わらないから寝る時間を惜しんでやるのもいいですが、体のこともきちんと考えてあげましょう。
そして、睡眠不足の影響は心にもでてきます。

睡眠不足が続いていて、なんとなく気分が優れないという場合には寝ることで改善できるかもしれません。

睡眠不足の影響はこんな所にも出てくるんです。



対策

睡眠は体の疲れを癒やすためのもの、と考えてしまいがちですが、実は脳にとっても大事な時間です。

日中活動して出てきた脳の老廃物をキレイにお掃除する時間は睡眠時間なんです。
なので、寝ないでいると脳の老廃物がたまっていってしまうんです。

寝不足が脳へ与える影響と対策についてです。



睡眠の環境

寝ている時は目をつぶっているので、どんな環境で寝ても大丈夫。
こんな風に思っている方が意外に多いです。

でも、明るい部屋で寝れば目を閉じても明かりは感じますし、眠りの質を落としてしまいます。

日々の疲れをしっかりと癒やす睡眠を取るためにはまずは環境をしっかりと整えていきましょう。

チェックポイントをまとめました。



姿勢

寝る時の姿勢は睡眠の質を大きく左右します。
それぞれの姿勢のメリット、デメリットがありますので、自分に合った物をチョイスすると良いですね。

いびきで悩んでいる人は、仰向けで眠るとひどくなる傾向がありますので、横向きが適しています。

ご自身の悩みに合わせて寝る時の姿勢を決めてみてくださいね。



短時間睡眠

普段忙しくしていると、睡眠時間が減らせたならもっといろいろとできるのにな、と思いませんか。
私は毎日時間が足りない感じがしているので、睡眠時間を削れたら良いなって思っています。

でも、無理して睡眠時間を削ったとしても昼間に眠かったりだるかったりしたら何も意味がありませんね。

短時間睡眠で平気になるためには、睡眠の質を上げる事が大事です。

対策をお伝えします。



夜寝ている時に夢を見ている場合には、眠りが浅いといわれていますね。
いつも夢ばかり見ているという人はちょっと心配になってしまいますね。

でも、大丈夫。

寝ている間は誰でも夢を見ているのですが、起きた時に覚えているかどうかの違いなんです。

夢を見ないといっている人は夢を覚えていないだけの話なんです。

ご自身で眠りが浅い自覚があるなら対策が必要かもしれませんが、そうでない場合は心配不要なケースも。

寝ている時に見る夢についてです。



スキマ時間を活用

昼寝

夜の睡眠時間が足りない場合はどうしても昼間に眠気が襲ってきたりしますね。

これは体からの睡眠時間が足りないよ、というサインなのである意味仕方がない事です。

時間が許すならば少しの間休憩をして仮眠を取れれば夜の睡眠時間の不足を補う事ができます。

夜に響かないスキマ時間の有効活用をした昼寝法です。



ダイエット

ダイエットをしている方にとって、基礎代謝ってキーワードはとても大事だと思います。
何もしない状態でいても、基礎代謝がよければどんどんカロリーを消費してくれるからです。

睡眠不足が続くと異様な食欲に見舞われる事もあり、良いことが全くありません。

睡眠不足が基礎代謝に与える影響と、食欲が増す理由について知って対策しておきましょう。



質を高める

朝すっきり起きるためには睡眠に当てる時間を増やす事も大事ですが、質を高めることも大事です。
いくら寝ても寝たりない。。。というかたは睡眠の質が低いのかもしれません。

睡眠の質が高ければ、多少睡眠時間が短くても起きた時にすっきりした感じがある物です。

睡眠の質には、セロトニンというホルモンの分泌が深く関係しています。
セロトニンが分泌されやすくするための方法をご紹介しています。



スポンサーリンク


短時間睡眠のコツ

普段の生活の中で、睡眠時間が足りていない!とわかったとしても増やすのって難しいですよね。

用事があってたまたま帰りが遅くなったという事であれば次の日には解消できるかもしれませんが、そうでない場合は慢性的に睡眠不足になってしまいます。

睡眠不足が体に悪いとわかっていてもやることが多すぎて布団に入るのが遅くなるのなら、せめて睡眠の質を高めて短時間ですっきりと起きられる様にしたい物ですね。

短時間睡眠のコツをご紹介します。



時間帯

体のメンテナンスをする時間について、最高のタイミングがあるのをご存じですか。
朝方まで起きていたときに、その後何時間寝ても寝たりない状態になった経験をお持ちの方もいると思います。

実は私も、お正月に初日の出を見たくて朝まで起きていて、朝日を見てすぐに寝て、気づいたら夕方だった事があります。

いい睡眠を取るためのベストな時間帯があるんです。



体調不良

吐き気
睡眠不足が続くと疲れを取る時間が足りないので、体調不良になることがあります。
体が休んでよ!とサインを送っている訳ですね。

体調不良から来る不調は様々ですが、今回は吐き気の対策についてまとめてみました。



頭痛
睡眠不足でよくあるのが頭痛。
ズキズキと傷んだり、重苦しく傷む場合もありますね。

頭痛がすると、人の話し声が頭に響いたりするので離しをするのも面倒になったり、何をするのも億劫になってしまいます。

そんなやっかいな頭痛ですが、睡眠不足だけが原因ではないケースもあります。
まずはちょっと対処をしてみて軽減できるかチェックしてみてくださいね。



ダイエット

ダイエットの大敵は睡眠不足です。

睡眠不足になると食欲が通常よりも増えてしまうため、通常より多くのカロリーを摂取してしまいます。
そして油っぽい物がほしくなる傾向がありますので、今までの努力を水の泡にしてしまうリスク大です。

きちんと睡眠が取れているだけでダイエットにも効果的な理由などを解説しています。



睡眠障害

不眠症

疲れているのに布団に入っても眠れない・・・そんな悩みを持っている方も多いと思います。

私は割とすぐに眠れてしまう方なので、寝るまでに時間がかかる事はあんまりありませんが、たまにあるとすごくストレスを感じます。

これが毎日だとしたら、かなりつらいですよね。

眠りたいのに眠れない原因は、様々ですが、生活習慣から来ている可能性もあります。

普段の生活で不眠症を助長する様な事をしてしまっていないかをチェックしてみてください。



眠れない夜の対策

疲れているはずなのに布団に入ると眠れない事もたまにはありますよね。
私は基本的に布団に入るとすぐに眠れてしまう方なので、睡眠に関する悩みは少ない方だと思います。

それでもたまに目がさえてしまう時があります。

そんなときの私なりの対策法をご紹介します。



栄養ドリンク

疲れがたまっている時にすっきりした気分にさせてくれる栄養ドリンク。
大きく分けて二種類あり、寝る前に飲むタイプと昼間に飲むタイプがあります。

昼間に飲むタイプを襲い時間に飲んでしまうと夜眠れなくなってしまいます。

二つの種類の栄養ドリンクの使い分けについてお伝えします。



睡眠薬

慢性的に睡眠時間が足りない状態が続くと、睡眠障害に発展して行ってしまう場合があります。

こうなってくると、布団に入っても目がさえて眠れなかったり、寝てもすぐに目が覚めてしまったりします。

鬱の患者さんにも睡眠障害の悩みを抱えている人が多いらしいですね。
私も何日か寝不足が続くとちょっと鬱っぽくなっている自分に気づく事があります。

そのくらい睡眠は大切な物なんですね。
ちょっと変な実感の仕方ですが・・・。

どうしても眠れない時には睡眠薬を使ってしっかり睡眠を取る事も大事になってきます。

睡眠薬の選び方などについてご紹介します。



睡眠不足が続くと何もする気が起きなくなります。
一日や二日なら気力で乗り切れる物の、睡眠不足が慢性的になるとその状態が普通になっていってしまいます。

体や脳や気持ちに影響がなければそれでも良いですが、少しずつ影響がでてくる事もあります。

睡眠不足を補うための方法などを参考に、快適で質の良い睡眠を手に入れてみてくださいね。


スポンサーリンク

style="display:block"
data-ad-client="ca-pub-7332008026934789"
data-ad-slot="4667667282"
data-ad-format="autorelaxed">

  同じカテゴリの記事

玄関
夜の光に集まる虫の対策 玄関や網戸に群がる虫を激減させる方法

夏は虫がたくさん 夏は蚊に限らず虫が活発に 活動している時期ですね。 夜になると …

太る
便秘になると太る理由と解消して痩せ体質になれる方法

ダイエットの大敵 便秘 ダイエット中の方にとって、便秘は大敵ですよね。 本来なら …

花粉症
静電気で花粉がくっつく!付着させないための服の素材や髪のケアの方法は?

外出時の服にはたくさんの花粉が不着している 花粉症の方は服にも注意を払いたいです …

頭痛
危険な朝の寝起きの頭痛の見分け方と原因 痛む場所やタイミングで見分けるコツ

一日は朝の気分次第 朝気分よく起きられた日は何事もスムーズに事が運ぶ気がしますね …

冬
冬でも蚊? 室温が高いと時期外れでも活動する蚊を徹底対策!

一年中活動する蚊 蚊は夏が一番勢いが良い時期ですが、 秋にもまだまだ現役ですね。 …

蚊
蚊に刺されやすい人の特徴 血液型や服装や体質などの原因

知らぬ間に蚊に刺される 蚊のシーズンになると外でも 家でも気づくとかゆくなってい …

目
レーシックの後遺症の確率は5割超? ドライアイや視力低下が発症することも

レーシックで本当に視力が上がる? レーシックは安全であるイメージですが 意外にも …

歯ブラシ
歯茎にできる口内炎の意外な原因 歯茎が腫れて治らない・・・なんてことになる前に

歯茎にできる口内炎はとにかく痛い 口内炎は頬の内側にできることが多いですが、 歯 …

睡眠
ストレスと睡眠不足を一気に解消する鍵はセロトニン メラトニンで睡眠の質を高めるには

睡眠不足とストレス 睡眠時間が不足しているな、と感じると決まってストレスを感じま …

歯磨き
胃が荒れるのが原因の口臭の対策 胃に負担をかけない食事の仕方

口臭の原因を知っていますか? 口臭は自分ではなかなか気づけないもの。 身近な人で …

 - ヘルスケア, 睡眠 特集, 睡眠